インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事の編集に追われ、一日遅れになってしまいましたが・・・

いやまったく、バルセロナがやってくれました。

バルセロナ 5-0 レアル・マドリード

・・・はい。
言うまでもなく、バルサとクレ、更には棚ボタ的に自分にとっても最高の結果になったという気がします。


と言うのも・・・
確かにモウのチームが敗れたことは残念ですし、結果そのものにはそれなりに落胆しているのですが、

これだけ一方的な結果になってくれると、この試合にまったく別の意味が

生まれてくるのです。
少なくとも、自分にとっては・・・w


モウはかつて、ここまで悲惨で惨めな負け方をしたことがありませんでした。

ベンフィカ、ウニオン・レイニア、ポルト、チェルシー、インテル・・・
確かに敗戦はありましたが、こんなどうしようもない結果になったのは初も初です。

自分は今から、モウがこの試合の始末をどうする気か?

どう選手たちを、チームを立て直すのかが、気になって気になって仕方がありません!!!



初めて訪れた危機的な敗戦の後始末を、果たしてこの男はどうやって付けるのか?
底の底まで落ち込んだであろう、粉々に砕け、たたき壊された選手たちの自信を、モチベーションをどう立て直すのか?

まっったくもって、今後のレアル・マドリーから目が離せない・・・!!


自分は自他共に認めるモウリニスタですが、それ以上にモウリーニョの研究こそがライフワークの人間です。

表面上からわかる情報に関しては、あらかた解析し終わってしまっていた後だっただけに・・・

久々に訪れた、この新たな局面。
未知の挑戦・・・

まったくもって最高のシチュエーションです!!

まぁ、付け加えておくなら・・・

こんな屈辱的な扱いを受けて、「あの」モウが殴り返さないわけはない。
そんな確証があるからこそ、こうして楽しめるのはありますw


逆襲の機会、その時が訪れるまで、モウはこれからまた――
エル・ブランコをますます自分色に染め上げていくことでしょう。

そのマネジメントの、ほんの片鱗だけでもいい。
今後のレアル・マドリードの試合運びや、メディアに漏れてくる情報から探り出したい。

これが自分の、今一番の関心ごとです。


まったく、ひどいファンだと自分でも自覚してはおりますが・・・
モウのような人物だからこそ、こんな変なのも付いてしまったりするのだとも思います(苦笑)

おかげで、次回の記事もあっという間に構想が終わりました。
後は明日から書きだすだけ・・・本当にモウとバルセロナには、フットボールをスカウティングする喜びを、これ以上ないほど教えてもらっています(笑)


次回のエル・クラシコまでに、いかにしてモウが戦闘準備を整えるのか?

次回のエル・クラシコで、モウはどんな周到な準備を、狡猾な罠を張り巡らせてくれるのか・・・!?


今からまったく、待ち遠しくて仕方がない限りです!!w

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ人気ブログランキングへ
   ↑  ↑ 
一人でも多くの方に読んでいただけるよう、各種ランキングに参加しています。
1クリック応援いただけると、とても嬉しいです

応援くださっている皆さま、本当に感謝してます。いつもありがとうございます

※フットボール関連の相互リンクは、常時歓迎♪受付中です。
拍手ボタンからでも、その旨お伝えいただければ、なるべく早めに対応ば致しますので。。。

【2010/12/01 23:47】 | モウリーニョなこと
トラックバック(0) |

No title
k738373
この結果を受けての白面さんの見解に興味がありましたが、あるべくしてあるモウリニスタだと改めて感心(傲慢な言い方ですみません)しました。
自分は熱心なモウリーニョファンではありませんが、少なからず彼に魅了されている人間の1人ではあります。

今後の、誰も知らない「ジョゼ・モウリーニョ」が展開していくことを期待しましょう。

No title
junchang
モウリーニョは非常に現代的なリアリストだと思っております。柔軟に戦術を替え、勝利を挙げてきました。
自分もただでは済まさないと思っています。
格で言えばグァルディオラよりも上でしょうから、かえってベルナベウでのクラシコが楽しみになりましたね!

No title
じゅんや
次回のクラシコで、10-0くらいの倍返しが見たいデスネw普通は無理でしょうけど、何かしら期待してしまいます。

コメントありがとうございます~
白面
>k738373さん

いやはや・・・自分にとっては最高の褒め言葉です。
ありがとうございます!w

自分は一試合、一試合の結果だけでいいだの悪いだのは感じ無いのです。問題はシーズンを通してのパフォーマンスなので、むしろ敗戦のリカバーがどれだけ巧みかなど、

「うまくいかなくなった時にそれをどう修正できるか」

で監督の手腕は決まると思っています。

その意味では、事実上最高なシチュエーションですね・・・w
次の試合を無理してでも観戦しようかと思っている今日この頃です!

>junchangさん

まったくですw
逆境でこそ燃え上がる人だけに、二度と同じ轍を踏むことにはならないと思います。

最初のポイントはこの緊急事態でのリカバリングと、今冬のメルカートで誰を獲得し、どう組み込むか・・・

性格の悪さも折り紙つきですし、すでに逆襲・復讐の算段を立てているに違いありませんw

これ、今季のリーガは本当に勝ち点100いくなぁ。。。(汗)
2チームだけ次元が違いすぎます;

>じゅんやさん

この惨状に選手が怒れるかどうかが、次回は一番のポイントになりそうです。
ここでネガティブな感情に支配されてしまうような選手は、次の試合には出さないとモウなら言うでしょう。

攻略手順そのものは理解できたのですが、今回はモウの望むタスクを遂行できるレベルに各人がありませんでした。
その分、次回はどこまで成熟しているのかをじっくり観察ができそうですw

楽しみですね!
岩氏(いわし)
自分、全然モウリニスタでも何でもないけど、客観的に見させてもらってます。
バルサのサッカーは今現状、究極のサッカーと言っていいですからね。
クライフを始め、クラブ一丸となって作り上げてきたサッカーですから、これを崩すチームが現れるのは今現在考えられません。

ただ、それによってペップの監督の質としては実は不透明なところがありますから、付け入るならそこでしょうね。モウリーニョの方が腕は上だと思います。

全く相反する思考と戦術のぶつかり合い、次のクラシコが楽しみですね!

ビバ!
lemistzuck
今回のクラシコではぶっちゃけ失望したけど、うちは次のベルナベウで歴史に残るくらいの試合をしてくれるって信じてます!

だって今シーズンのレアル、開幕ん時と比べたら選手たちすごく変わったもん。それってやっぱりモウリーニョの力やと思いますもん。


お返事その2
白面
>岩氏さん

いやいやw
バルセロナには、まだこの先がありますよ。

少なくとも自分以外に、他ならぬペップと、カンテラあがりの選手たちは同じことを考えていると思いますw
だからこそ、彼らはバルセロナなのですから。。。


他方、すべての戦術は、フットボールのスタイルには、
必ず何がしかのリスクとリターン、メリットとデメリットが存在すると思うのですね。

自分のチームのベストバランスはどこにあるのか?
各チームの監督たちはこの一事のために、今日も頭を捻っています。

攻守のバランスをどこに置くか?

それが10:10にはならない、常にトータルで10になる1:9以上の比率にはならない以上、必ず付け入る隙は生じると思うのですよw


だからこそ自分ならバルサのリスクを、デメリットを、つまり弱点を徹底して突くことを考えます。
モウリーニョも、間違いなく同じことを考えているでしょう。

今後3~4ヶ月間で、どれだけモウがバルサを裸にするのか・・・?

モウ最大の武器のひとつである「スカウティング」が、次回どういう形で機能するのか。
それを想像するだけでも、今からもう鳥肌ものなのです(笑)


>lemistzuckさん

まったく、仰る通りです。
自分も最初にスコアを見た時は(後半から見たのです)、流石に失望を隠せませんでした。

ただ、忘れてはならないのは、モウがチームを率いてから、まだ4ヶ月も経っていないということ。
今までがうまくいきすぎていた・・・
というより、ここまでのRマドリーはモウがうまいことメッキをかけて強く見せていただけだったと思うのです。


だからこそ、『本当にRマドリーが強くなるのはこれから』と、自分は確信しているのですね。

ペレス会長が2年間、何があっても耐えて待つことさえできれば、必ずモウは馬鹿でかいことを成し遂げてくれることでしょうw


No title
でろりん
モウリーニョがどう出るのかは本当に興味ありますよね。

ありえないぐらいの常勝監督ですから…

今回のクラシコは色々と衝撃的でしたね…。

それにしてもやはり玄人向けのブログは着眼点が面白いなぁと改めて思いました、俺は監督目線はあまり使わないので(笑)

今後もコアな記事を期待しておりまするよ!

>でろりんさん
白面
いくつか予想パターンはたてましたが、そのうちどれに近いアプローチを取るのかは、今後の1~2試合を観てみないとわかりませんねw

それでも、良くも悪くもわくわくさせられる。
まったく困った人物です(苦笑)

勿体無いお言葉、どうもありがとうございます。
自分はマネジメントとスカウティングを信条に観戦するもので、明らかに一般の方とは試合から感じるものが異なっているのだと思います(汗)

自分としてはこれが面白そうと思っても、他の人にとっては

「はぁ・・・?」

な未知の世界だったりということも多いはずで;;

それだけに、専門的なことを出来る限り噛み砕いてお伝えしていくことも、テーマのひとつになっています。
でろりんさんのサイトからは、そういったものを毎日訪問して、途中メモ書きしながら勉強させてもらっていますw

今後ともどうかよろしくお願いします!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
この結果を受けての白面さんの見解に興味がありましたが、あるべくしてあるモウリニスタだと改めて感心(傲慢な言い方ですみません)しました。
自分は熱心なモウリーニョファンではありませんが、少なからず彼に魅了されている人間の1人ではあります。

今後の、誰も知らない「ジョゼ・モウリーニョ」が展開していくことを期待しましょう。
2010/12/02(Thu) 00:05 | URL  | k738373 #-[ 編集]
No title
モウリーニョは非常に現代的なリアリストだと思っております。柔軟に戦術を替え、勝利を挙げてきました。
自分もただでは済まさないと思っています。
格で言えばグァルディオラよりも上でしょうから、かえってベルナベウでのクラシコが楽しみになりましたね!
2010/12/02(Thu) 00:38 | URL  | junchang #-[ 編集]
No title
次回のクラシコで、10-0くらいの倍返しが見たいデスネw普通は無理でしょうけど、何かしら期待してしまいます。
2010/12/02(Thu) 06:38 | URL  | じゅんや #-[ 編集]
コメントありがとうございます~
>k738373さん

いやはや・・・自分にとっては最高の褒め言葉です。
ありがとうございます!w

自分は一試合、一試合の結果だけでいいだの悪いだのは感じ無いのです。問題はシーズンを通してのパフォーマンスなので、むしろ敗戦のリカバーがどれだけ巧みかなど、

「うまくいかなくなった時にそれをどう修正できるか」

で監督の手腕は決まると思っています。

その意味では、事実上最高なシチュエーションですね・・・w
次の試合を無理してでも観戦しようかと思っている今日この頃です!

>junchangさん

まったくですw
逆境でこそ燃え上がる人だけに、二度と同じ轍を踏むことにはならないと思います。

最初のポイントはこの緊急事態でのリカバリングと、今冬のメルカートで誰を獲得し、どう組み込むか・・・

性格の悪さも折り紙つきですし、すでに逆襲・復讐の算段を立てているに違いありませんw

これ、今季のリーガは本当に勝ち点100いくなぁ。。。(汗)
2チームだけ次元が違いすぎます;

>じゅんやさん

この惨状に選手が怒れるかどうかが、次回は一番のポイントになりそうです。
ここでネガティブな感情に支配されてしまうような選手は、次の試合には出さないとモウなら言うでしょう。

攻略手順そのものは理解できたのですが、今回はモウの望むタスクを遂行できるレベルに各人がありませんでした。
その分、次回はどこまで成熟しているのかをじっくり観察ができそうですw
2010/12/02(Thu) 07:02 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
楽しみですね!
自分、全然モウリニスタでも何でもないけど、客観的に見させてもらってます。
バルサのサッカーは今現状、究極のサッカーと言っていいですからね。
クライフを始め、クラブ一丸となって作り上げてきたサッカーですから、これを崩すチームが現れるのは今現在考えられません。

ただ、それによってペップの監督の質としては実は不透明なところがありますから、付け入るならそこでしょうね。モウリーニョの方が腕は上だと思います。

全く相反する思考と戦術のぶつかり合い、次のクラシコが楽しみですね!
2010/12/02(Thu) 08:50 | URL  | 岩氏(いわし) #-[ 編集]
ビバ!
今回のクラシコではぶっちゃけ失望したけど、うちは次のベルナベウで歴史に残るくらいの試合をしてくれるって信じてます!

だって今シーズンのレアル、開幕ん時と比べたら選手たちすごく変わったもん。それってやっぱりモウリーニョの力やと思いますもん。
2010/12/02(Thu) 20:17 | URL  | lemistzuck #-[ 編集]
お返事その2
>岩氏さん

いやいやw
バルセロナには、まだこの先がありますよ。

少なくとも自分以外に、他ならぬペップと、カンテラあがりの選手たちは同じことを考えていると思いますw
だからこそ、彼らはバルセロナなのですから。。。


他方、すべての戦術は、フットボールのスタイルには、
必ず何がしかのリスクとリターン、メリットとデメリットが存在すると思うのですね。

自分のチームのベストバランスはどこにあるのか?
各チームの監督たちはこの一事のために、今日も頭を捻っています。

攻守のバランスをどこに置くか?

それが10:10にはならない、常にトータルで10になる1:9以上の比率にはならない以上、必ず付け入る隙は生じると思うのですよw


だからこそ自分ならバルサのリスクを、デメリットを、つまり弱点を徹底して突くことを考えます。
モウリーニョも、間違いなく同じことを考えているでしょう。

今後3~4ヶ月間で、どれだけモウがバルサを裸にするのか・・・?

モウ最大の武器のひとつである「スカウティング」が、次回どういう形で機能するのか。
それを想像するだけでも、今からもう鳥肌ものなのです(笑)


>lemistzuckさん

まったく、仰る通りです。
自分も最初にスコアを見た時は(後半から見たのです)、流石に失望を隠せませんでした。

ただ、忘れてはならないのは、モウがチームを率いてから、まだ4ヶ月も経っていないということ。
今までがうまくいきすぎていた・・・
というより、ここまでのRマドリーはモウがうまいことメッキをかけて強く見せていただけだったと思うのです。


だからこそ、『本当にRマドリーが強くなるのはこれから』と、自分は確信しているのですね。

ペレス会長が2年間、何があっても耐えて待つことさえできれば、必ずモウは馬鹿でかいことを成し遂げてくれることでしょうw
2010/12/02(Thu) 20:31 | URL  | 白面 #-[ 編集]
No title
モウリーニョがどう出るのかは本当に興味ありますよね。

ありえないぐらいの常勝監督ですから…

今回のクラシコは色々と衝撃的でしたね…。

それにしてもやはり玄人向けのブログは着眼点が面白いなぁと改めて思いました、俺は監督目線はあまり使わないので(笑)

今後もコアな記事を期待しておりまするよ!
2010/12/03(Fri) 16:34 | URL  | でろりん #-[ 編集]
>でろりんさん
いくつか予想パターンはたてましたが、そのうちどれに近いアプローチを取るのかは、今後の1~2試合を観てみないとわかりませんねw

それでも、良くも悪くもわくわくさせられる。
まったく困った人物です(苦笑)

勿体無いお言葉、どうもありがとうございます。
自分はマネジメントとスカウティングを信条に観戦するもので、明らかに一般の方とは試合から感じるものが異なっているのだと思います(汗)

自分としてはこれが面白そうと思っても、他の人にとっては

「はぁ・・・?」

な未知の世界だったりということも多いはずで;;

それだけに、専門的なことを出来る限り噛み砕いてお伝えしていくことも、テーマのひとつになっています。
でろりんさんのサイトからは、そういったものを毎日訪問して、途中メモ書きしながら勉強させてもらっていますw

今後ともどうかよろしくお願いします!
2010/12/03(Fri) 22:08 | URL  | 白面 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。