インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと言うかまあ・・・ここまでくると滑稽過ぎて笑えませんね。

スナイデルがトップ3から落選

の報を目にした時は、

「さもありなん。“流石”バロンドールだ」

と思ったものですが・・・
仮にこちらの報、ガゼッタの

デル・ボスケがバロンドール最優秀監督か....byトゥット・スポルト

が現実になったとすれば、完全にバロンドールはFIFAの手に堕ちたことの証明になるでしょう。

自分はバロンドールに関しては、以前から価値がない・・・とまでは言いませんが、
少なくとも世間一般、多くのフットボールファンが抱いているのとは、まったく異なるイメージで同賞を捉えていました。

意外に思われるかもしれませんが、毎年誰がこれを獲得するのかという点については、まったくもって興味なし。
ああ、今年はこの選手ね・・・まあそうなるだろうなぁ、程度の認識でしか見てきませんでした。

※詳しくは過去ログ、

・「バロンドールの線引きは誰が決める・・・?
、及び
・「Es una gran Diego Alberto Milito.
をご参照ください



何人かの方はご存知と思いますが、今年からバロンドールはFIFAの年間最優秀選手賞と統合され、FIFAバロンドールとして新たなスタートを切りました。

当然選考から投票まで、その運営はFIFAの管轄下で行われることになったわけですが・・・
ここまでの展開は、その色を存分に出しているというか、

"フットボーラーの評価は、これすべてチーム内におけるピースとしての機能性を重視する"

自分のような人間にとっては、ますますもって無価値な代物に成り下がったという印象です。


もはやバロンドールは、『世界最高の選手』に贈られる賞とは言えない。
最大の問題である選考基準の見直しを行わない限り、『最優秀FIFA広告賞』の域を出ることは決してないだろう。

ただ、一報でほとんどすべての選手たちにとって、同賞の受賞は最大級の栄誉であることに変わりはない現実。
そのことが、自分には・・・ひたすら辛い。



――予感はありました。

FIFAが主導権を握った以上、UEFA主催のCLより、FIFAが取り仕切るワールドカップの比重をこれまで以上に高くしてくると。

ミリートのエントリー漏れの一報が世界を駆け巡った際、

(スナイデルも危ないな、これは・・・逆に、これからの展開でFIFAの意向がわかるわけか)

とは思っていたのですが、まさかここまで露骨なW杯偏重をしてくるとは。


率直に言って、自分はデル・ボスケには

守備を中心にチームバランスはままよいものの、

期待された姿をまったく"魅"せることができないまま、

結果的に運に恵まれ優勝しただけ


という印象しか抱いていません。

名将ではあります。
ですが、それだけという監督です。


それを、そんな彼を、

イタリア国内を含む3冠を達成し、

しかも最強と言われたバルセロナやチェルシーを、

更には決勝でバイエルンと3大リーグの王者をすべて退けてCLを制した、

モウよりも受賞に相応しい監督と仰る・・・?w



いやぁ・・・流石に驚きました。
そうまでして自分たちが仕切る大会の権威を、威光を示したいのか?
と、逆にここまでくると感心する次第です。



う~ん・・・久々の更新が、なんか妙に毒づいた内容になってしまいましたが(汗)
少なくとも見事なまでに利権集団で地を行くFIFAに関しては、自分が正しいと感じた批判について一切(!)口を紡ぐ必要性を感じないので、

たまには・・・こういうのもよしとしますw


以上、どうにも寂しくなって綴ってしまった小ネタでした。

わずかに2日しか空いていないのに、ひどく久々の更新に感じるのは・・・
今までが今までだったせいなのでしょうか?w

にほんブログ村 サッカーブログへ人気ブログランキングへ
   ↑  ↑ 
いつも応援、本当にありがとうございます。

自分が更新を続けていけるのも、皆さんの応援があって初めてできることなのだと、
長く続ければ続けていくほど感じるようになりました。

ご支援いただいた分は、全力で日々を生き抜き、よい記事を書けるよう精進することでお返しいたしますので

※フットボール関連の相互リンクは、常時歓迎♪受付中です。
拍手ボタンからでも、その旨お伝えいただければ、なるべく早めに対応ば致します。

【2010/12/09 23:49】 | 他国リーグや各種協会・組織なこと
トラックバック(0) |


モモヒキはいた電子レンジ
いつも楽しく拝見させて頂いております。&初めてコメントさせて頂きます。
バルセロニスタの者です。


確かに管理人さんの仰る通り、モノ凄い違和感を感じる選出ですよね。

とりわけイニエスタ選手が最後の3人に選ばれているという事実が何とも・・・苦笑

もちろん彼は素晴らしいフットボーラーだとは思いますが・・・

こと昨シーズンに限れば、【小さな怪我を繰り返し、計50試合あったバルセロナでのリーグ戦&チャンピオンズリーグにて先発出場が29試合。ゴール数は1。(もちろんゴール数が全てでは無いと思いますが)総プレータイムは同クラブのセイドゥ・ケイタ選手より遥かに劣る】と。

どうしたら納得できましょうか?苦笑

ハッキリ言って同じくスペイン代表&バルセロナの選手から“あえて”選ぶならばピケ選手やプジョル選手やブスケツ選手の方がまだ納得できます


もういっその事、
【クラブバロンドール】と【ナショナルバロンドール)】
と二つ、賞をつくったらいいと思います。

あ、でもワールドカップのMVPの意味が無くなっちゃうか 笑


とにかく、とりわけインテリスタの方から見れば非常に腹立たしい選出でしたね。。心中お察しします。。
あ、でもチャビ選手がドヤ顔していても怒らないであげて下さいね 笑



長々と失礼致しました。
これからもお体に気を付けて、自分が楽しめる範囲で、ブログの方を更新して頂けると嬉しいです。(特に選手個人にスポットライトを当てた記事が大好きです!おかげで、ムンタリ選手が好きになりました!笑)

ふむふむ
岩氏(いわし)
確かにバロンドールの価値はめっぽう下がった感じ。
今や誰が見ても(素人目でも)あきらかな成績を残した選手に渡される感が強いですね。

メッシはまだ解ります。シャビも解ります。
イニエスタは素晴らしい選手だけど、バロンドール候補に入るか?と考えると少し疑問に残りますね。


デル・ボスケ・・・・はぁ?といった感じです自分は。
正直頭にすら入っていなかっただけに(笑)


最近、どの世界のサッカーでも【裏の力】が表に出て来すぎな感じがします。
リーマンから始まった世界不況の影響が、こういうところにまで影響を及ぼしているのかなぁ・・・と感じる事が最近多いです。


W杯開催国の話でも何故イングランドが下位票なの?って思っちゃいますし。


色々な面で、今のサッカー界はおかしくなってきていますねぇ。

No title
sini
予想されたこととはいえ、ひどい選考ですよね。

あからさまなW杯偏重にも意義ありですが、それ以上に自分が納得いかないのは、“プライオリティに統一性がまったく感じられない”“むしろ話題を一番かっさらった人に与えられているだけではないか”といった疑問が浮かんでしまう選考であることです。
まだ選考理由のプライオリティや基準が統一されていれば、理解できるんですけどね……。

所属クラブでの活躍を問うなら、ミリートもそうですしランパード、ジェコ、サネッティ、ルーニー、マルダなんかは十分な結果と内容を見せてくれたはずなんですよね。かといってW杯が理由で彼らが落ちたのならば、W杯でアルゼンチンの攻撃の中心に居ながら無得点だったメッシが最終まで残る理由がわからない。
もっと言えば、メッシの居るチームよりW杯でもCLでも先に進んだチームの主軸だったスナイデル、ロッベン、シュバインシュタイガ、ミュラーなどがメッシ以下の扱いなのは理屈で言ってもおかしいですよ。四人とも、タイプは違えどメッシやイニエスタ同様“魅せてくれる”選手なのですから。。。

なんとなく、今回の結果だけみると、W杯偏重に加えてあからさまな話題性重視、つまり話題になる人気クラブ(=特にバルセロナとか)優遇を感じてしまいます。フットボールの本質ではなく。

余談ですが僕の個人的な意見として、最終選考で三人選ぶのならスナイデル・ミュラー・サネッティです。
スナイデルは文句なし。ミュラーは無名に近い状態からバイエルンとドイツ(どちらもCL・W杯双方で最も魅力的なサッカーをしたチームだと思います)のエースにまで上がってきた努力と幸運を評価して。サネッティは大躍進を見せたインテルでの精神的な役割と、バイエルンやバルセロナですら崩せなかった堅実な守備の中心人物としての貢献を評価したのと、何よりも本来バロンドールのような賞は日頃から脚光を浴びやすい華のある選手よりも、チームのために身を粉にして地味な仕事も必死にこなすサネッティやマケレレのような選手に光をあててこそ意味がある、という現行バロンドールへのアンチテーゼを込めて。
最優秀監督については、アラゴネスやペップの恩恵に預かった点特大のデルボスケより、自らの手でチームに命を吹き込んだモウリーニョ、レーブ、レドナップのうち誰かに与えたいです。



No title
名無し
初めまして、最近このサイトを見つけたのですが、記事を興味深く読ませていただいています。
ところでバロンドールの投票なのですが、デルボスケ監督がメッシ、cロナウド、シュバインシュタイガー選手に、カシージャス選手がcロナウド、メッシ、ロッベン選手に投票したという記事がありましたし、監督と選手票が影響したのではないかと思っていました。スペイン選手に投票できない二人がこうなのですから、どうしてもスナイデル選手は厳しかったのではないでしょうか。どちらにしても監督と選手は、自分が肌で感じて優れていると感じた選手に公平に投票したと信じたいです(身内びいきがもちろん多分に含まれたとは思いますが)。
ところで、誰がどのような投票を行ったのかは公表されるはずなので、それがわかったらそのことについて記事を書いていただけないでしょうか?前にリクエストは受け付けるというようなことをおっしゃられていたので、ずうずうしくもこんなことを書いてしまいました。気分を害されたら申し訳ありません。もちろん戦術などとはまったく関係のない話題ですし、だめだろうとは思ったのですが、その選手がなぜその選手を選んだのかについて、管理人様独特の視点からの考察を読めるのではないかと考えてしまったのです。
それでは、長々と失礼いたしました。
最後に、ミリート選手に関しての記事など、本当にその選手を愛しているんだなと感じました。これからも選手や監督への深い洞察と愛に満ちた記事を楽しみしております。がんばってください。

No title
junchang
こんにちは。
自分もノミネート選手のニュースすら知りませんでした^^(皆さんの記事で知りましたよ^^)
FIFAが合流して益々W杯重視の選考になってしまったのでしょうね!かといってメッシはW杯では活躍できませんでした^^リーグでのインパクトがそのまま残っているのでしょうか?インテル陣はやっていたサッカーが評価されなかったのでしょうかね?(記者さんの好き嫌いが入っているでしょうから当然でしょうか?)
W杯でスペインが優勝したからスペイン人が受賞するんだろうなぁと予想はしておりましたが、選考基準をもっと明確化したほうが良いですね!そうでなければ中盤よりも後ろの選手が受賞することが難しくてやる気なくなっちゃいますよね!

No title
Birkin
所詮バロンドールはフランスの雑誌の賞。所詮FIFAは不正だらけ。

もうどうでもいいですね...FIFAは不正なく、全国民にサッカーを楽しますことができるようにと設けられてる連盟だとばっかり思ってました。

予想以上の反響が・・・
白面
>皆さま

半ば息抜きに書いた、呟きのようなコラムなのに、まさかここまで反響をいただけるとは(汗)

数々のコメント、ありがとうございます。

はじめましての方、おこんばんは。
偏りに定評のある、管理人の白面と申します。


本来なら、このまますぐにでもご返信したいところなのですが、
明日も休出な上に体調が優れませんもので;;

しかも皆さん、実に鋭いご指摘・ご意見ばかり・・・
読んでいるだけで、頭がブンブン回転するのが実感できます(笑)

よろしければ返信も兼ねて、後日続編という形でまとめさせていただきたいのですが・・・
いかがでしょうか?

お手数ですがご都合の悪い方のみ、拍手等からご連絡いただきたく存じます。

やっぱり、今回の選考に違和感を覚える人は多かったんだなぁ・・・としみじみですw

あ。
lemistzuck
ちょっと忙しくてあんまりPC開けれてない間に、いい記事が。
そしてコメントする前にまとめられてしまったww

けど、けど、
うちもひと言だけわせて~!!


納得できんw

あ。その2.
lemistzuck
勘違いされそうな発言になってしまいました。

候補からスナイデルが落とされるのが、ってことです。
デルボスケが選ばれるのも。

文章力なくてすまそ。

No title
huge spurs fun
自分も少しがっかりしてます。そしてFIFAが主導権を握るようになったのを知って成程、納得がいきました。
やはりワールドカップの成績が重視され、それ以外の約11カ月くらいは評価されないようですね(笑)
あとFIFAはスペインサッカーやバルセロナのようないわゆる「華麗なサッカー」を推奨してるんでしょうね。W杯のスペインはそれほど良かったのか?って感じはしますが。
あれほどの偉業をやってのけたインテルからも何人かは最終選考に残って然るべきだと思います。

このあたり2018年の候補でFIFAと揉めてたBBCとかのメディアはどんな評価をしてるのか気になりますね(笑)


まとめてお返事!
白面
>モモヒキはいた電子レンジさん

改めまして、はじめまして。
ご訪問及び素敵なコメントをいただきまして、誠にありがとうございます。

インテリスタというよりは、バロンドールの効率の悪さというか、モウ曰くところの
「知的売春」
に近い選考が行われていることに憤りを感じた、という方が近いと思いますw

仮にインテルとミリート&スナイデルではなく、例えばインテルとは犬猿の仲であるユヴェントス&キエッロやクラシッチが同じような目に遭ったとしても、自分は間違いなく怒ります。

例え反インテル、半モウリーニョといった立場から発言している選手であっても、リスペクトに値する存在であれば自分はいつでもその選手の味方です。
シャビのような選手の場合は、特に腹がたつよりかわいいと感じることの方が多いですねw

>特に選手個人の
恐縮です。今後もお褒めに預かりました部分、
「一般の新聞・雑誌等メディアでは特集されるどころか、写真すらほとんど掲載されない」
ような選手には、引き続き機会があればスポットライトを当てていければと思う次第です。

>岩氏さん

『裏の力』のお話、非常に興味深く読ませていただきました。
まさしく仰る通り、世の不況の影響・世界経済の動向がダイレクトに反映されるのが今日のスポーツ。

その意味で、元々利権集団であったFIFAが今回はこれでもかと地を出してきた印象です(苦笑)
あそこはやっぱり一度痛い目にあわせたいなぁ・・・
W杯開催国の件でもそうですけど、流石に最近許容範囲の限界を超える醜態っぷりが目につきます。

>siniさん

いつもながら鋭い分析、多謝です。
最新記事のとおり、まさに最大の問題は『選考基準と方法の一貫性のなさ』と自分も思います。

まあ、個人的にはバロンドールはバロンドールで、今のままミーハー路線をひた走るというのであればそれはそれでいいと思っています。

一方でおっしゃる通り、真の実力者や功労者、ハリーのように弱小チームや中小チームでビッグクラブに対抗していけるようなタイプの指揮官を、もっと正当に評価するアワードも別にあればいいな、と切に感じる次第です。

実際、今のままの流れが続けば、必ず反対勢力は増強されていくもの。
今すぐには無理でも、今後何年か後に何かが起きる可能性はあるんじゃないかなぁ・・・と考えています。

特に昨今不当な評価を受けがちな上にフランスとの仲があまりよろしくない、イタリアやドイツ辺りからは・・・ねw

>名無しさん

改めましてはじめまして。
まとまった返信をするだけの時間がなかなか取れず、こんなに返信が遅くなってしまいましたことをお詫び致します。

>ところで、誰がどのような投票を行ったのかは公表されるはずなので、それがわかったらそのことについて記事を書いていただけないでしょうか?

非常に面白そうなご提言、どうもありがとうございます。
確かに今回の投票の傾向、特定個人について
「何故この選手を選んだのだろう?」
的なことを考察するのは、なかなかに興味深いところですねw

是非、前向きに検討させていただきます。

世間の風潮とは一線を画する、マニアックなネタばかりを取扱いがちなblogですが(汗)
身に余る評価をいただきまして、誠に光栄至極。
今後も自分のペースで、更新していければと思います。

>junchangさん

>インテル陣はやっていたサッカーが評価されなかったのでしょうかね?

続編の記事で、まさにその旨ドンピシャリという感じで取り上げさせていただきました。

自分もそのように思います。
いくらその時その時の流行はあれど、特定のスタイルばかりを礼賛する傾向はいただけませんね・・・少なくとも、自分にとっては気に入らないこと甚だしいですw

現地の、イタリアの反応は相当にネガティブなようですよ・・・?
一部のアンチインテリスタを除いて、スナイデルの落選は「イタリアフットボールの価値観そのものが否定された」に等しい事態ですから。

自分たちが考えている以上に、政治的な問題が色々絡み合った事態に発展していく可能性もありそうです。

>Birkinさん

いやぁ・・・
自分などはFIFAに限らず、協会と名のつく組織は不正と利権の総合デパートメントのようなものかと思っています(汗)

例えば最近読んだ社長・溝端宏の天国と地獄」木村元彦 著なんかは、Jリーグと日本蹴球協会の暗部をこれでもかと認識させてくれる一冊でした。

まあ・・・結果的に多くのファンに楽しんでもらえるよう活動することはあっても、それも究極的には彼らが「利益」を生み出すことを義務付けられた集団であるため。
ファンが増えれば、当然利益も大きくなりますからね・・・

その点では、結果的に利権集団になってしまうことは仕方のないことではあると思います。
他方、それが行きすぎて本末転倒してしまっている、今回のようなケースは流石に看過できないという感じです。

>lemistzuckさん

ですよね~!?(爆)

いや、自分も本当「納得できん!」の一言に尽きますですよ。
自分自身の好みではなく、選手自身の立場に立って考えてみると尚更です。

ただ、それはそれでイニエスタやデル・ボスケにとっては、ある意味ではありがた迷惑のような状態になっている話でもあります。

そうした選手・監督らのことを考えると、本当にそこら辺は複雑で・・・
せめて彼らが人格者であること、落選した人たちの痛みを十分に感じ取ってくれる顔ぶれであったことが救いであると考える他ないのが現状です。

・・・悔しいんですけどね、本当に(苦笑)

>huge spurs funさん

実際、自分以外にも落胆している方、困惑している方がこれだけ多いことに少し驚いています。
しかも他でもない、バルセロニスタの皆さんまでどこかスッキリしないものを抱えていらっしゃる方が多いというのが、今回の選考のおかしさを如実に語っているかと。

>BBCとかのメディアはどんな評価をしてるのか気になりますね(笑)

いやまったく(笑)
時間に余裕さえあれば、是非とも調べてみたいところではございますが・・・残念ながら、今は緊急時にてそれが叶わず(´・ω:;.:...

せめて決定時、来年の1月10日でしたか?
その頃に余裕があれば、ひとつ見定めてやろうと思っておりますw


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させて頂いております。&初めてコメントさせて頂きます。
バルセロニスタの者です。


確かに管理人さんの仰る通り、モノ凄い違和感を感じる選出ですよね。

とりわけイニエスタ選手が最後の3人に選ばれているという事実が何とも・・・苦笑

もちろん彼は素晴らしいフットボーラーだとは思いますが・・・

こと昨シーズンに限れば、【小さな怪我を繰り返し、計50試合あったバルセロナでのリーグ戦&チャンピオンズリーグにて先発出場が29試合。ゴール数は1。(もちろんゴール数が全てでは無いと思いますが)総プレータイムは同クラブのセイドゥ・ケイタ選手より遥かに劣る】と。

どうしたら納得できましょうか?苦笑

ハッキリ言って同じくスペイン代表&バルセロナの選手から“あえて”選ぶならばピケ選手やプジョル選手やブスケツ選手の方がまだ納得できます


もういっその事、
【クラブバロンドール】と【ナショナルバロンドール)】
と二つ、賞をつくったらいいと思います。

あ、でもワールドカップのMVPの意味が無くなっちゃうか 笑


とにかく、とりわけインテリスタの方から見れば非常に腹立たしい選出でしたね。。心中お察しします。。
あ、でもチャビ選手がドヤ顔していても怒らないであげて下さいね 笑



長々と失礼致しました。
これからもお体に気を付けて、自分が楽しめる範囲で、ブログの方を更新して頂けると嬉しいです。(特に選手個人にスポットライトを当てた記事が大好きです!おかげで、ムンタリ選手が好きになりました!笑)
2010/12/10(Fri) 04:18 | URL  | モモヒキはいた電子レンジ #-[ 編集]
ふむふむ
確かにバロンドールの価値はめっぽう下がった感じ。
今や誰が見ても(素人目でも)あきらかな成績を残した選手に渡される感が強いですね。

メッシはまだ解ります。シャビも解ります。
イニエスタは素晴らしい選手だけど、バロンドール候補に入るか?と考えると少し疑問に残りますね。


デル・ボスケ・・・・はぁ?といった感じです自分は。
正直頭にすら入っていなかっただけに(笑)


最近、どの世界のサッカーでも【裏の力】が表に出て来すぎな感じがします。
リーマンから始まった世界不況の影響が、こういうところにまで影響を及ぼしているのかなぁ・・・と感じる事が最近多いです。


W杯開催国の話でも何故イングランドが下位票なの?って思っちゃいますし。


色々な面で、今のサッカー界はおかしくなってきていますねぇ。
2010/12/10(Fri) 11:25 | URL  | 岩氏(いわし) #-[ 編集]
No title
予想されたこととはいえ、ひどい選考ですよね。

あからさまなW杯偏重にも意義ありですが、それ以上に自分が納得いかないのは、“プライオリティに統一性がまったく感じられない”“むしろ話題を一番かっさらった人に与えられているだけではないか”といった疑問が浮かんでしまう選考であることです。
まだ選考理由のプライオリティや基準が統一されていれば、理解できるんですけどね……。

所属クラブでの活躍を問うなら、ミリートもそうですしランパード、ジェコ、サネッティ、ルーニー、マルダなんかは十分な結果と内容を見せてくれたはずなんですよね。かといってW杯が理由で彼らが落ちたのならば、W杯でアルゼンチンの攻撃の中心に居ながら無得点だったメッシが最終まで残る理由がわからない。
もっと言えば、メッシの居るチームよりW杯でもCLでも先に進んだチームの主軸だったスナイデル、ロッベン、シュバインシュタイガ、ミュラーなどがメッシ以下の扱いなのは理屈で言ってもおかしいですよ。四人とも、タイプは違えどメッシやイニエスタ同様“魅せてくれる”選手なのですから。。。

なんとなく、今回の結果だけみると、W杯偏重に加えてあからさまな話題性重視、つまり話題になる人気クラブ(=特にバルセロナとか)優遇を感じてしまいます。フットボールの本質ではなく。

余談ですが僕の個人的な意見として、最終選考で三人選ぶのならスナイデル・ミュラー・サネッティです。
スナイデルは文句なし。ミュラーは無名に近い状態からバイエルンとドイツ(どちらもCL・W杯双方で最も魅力的なサッカーをしたチームだと思います)のエースにまで上がってきた努力と幸運を評価して。サネッティは大躍進を見せたインテルでの精神的な役割と、バイエルンやバルセロナですら崩せなかった堅実な守備の中心人物としての貢献を評価したのと、何よりも本来バロンドールのような賞は日頃から脚光を浴びやすい華のある選手よりも、チームのために身を粉にして地味な仕事も必死にこなすサネッティやマケレレのような選手に光をあててこそ意味がある、という現行バロンドールへのアンチテーゼを込めて。
最優秀監督については、アラゴネスやペップの恩恵に預かった点特大のデルボスケより、自らの手でチームに命を吹き込んだモウリーニョ、レーブ、レドナップのうち誰かに与えたいです。

2010/12/10(Fri) 12:10 | URL  | sini #-[ 編集]
No title
初めまして、最近このサイトを見つけたのですが、記事を興味深く読ませていただいています。
ところでバロンドールの投票なのですが、デルボスケ監督がメッシ、cロナウド、シュバインシュタイガー選手に、カシージャス選手がcロナウド、メッシ、ロッベン選手に投票したという記事がありましたし、監督と選手票が影響したのではないかと思っていました。スペイン選手に投票できない二人がこうなのですから、どうしてもスナイデル選手は厳しかったのではないでしょうか。どちらにしても監督と選手は、自分が肌で感じて優れていると感じた選手に公平に投票したと信じたいです(身内びいきがもちろん多分に含まれたとは思いますが)。
ところで、誰がどのような投票を行ったのかは公表されるはずなので、それがわかったらそのことについて記事を書いていただけないでしょうか?前にリクエストは受け付けるというようなことをおっしゃられていたので、ずうずうしくもこんなことを書いてしまいました。気分を害されたら申し訳ありません。もちろん戦術などとはまったく関係のない話題ですし、だめだろうとは思ったのですが、その選手がなぜその選手を選んだのかについて、管理人様独特の視点からの考察を読めるのではないかと考えてしまったのです。
それでは、長々と失礼いたしました。
最後に、ミリート選手に関しての記事など、本当にその選手を愛しているんだなと感じました。これからも選手や監督への深い洞察と愛に満ちた記事を楽しみしております。がんばってください。
2010/12/10(Fri) 12:25 | URL  | 名無し #-[ 編集]
No title
こんにちは。
自分もノミネート選手のニュースすら知りませんでした^^(皆さんの記事で知りましたよ^^)
FIFAが合流して益々W杯重視の選考になってしまったのでしょうね!かといってメッシはW杯では活躍できませんでした^^リーグでのインパクトがそのまま残っているのでしょうか?インテル陣はやっていたサッカーが評価されなかったのでしょうかね?(記者さんの好き嫌いが入っているでしょうから当然でしょうか?)
W杯でスペインが優勝したからスペイン人が受賞するんだろうなぁと予想はしておりましたが、選考基準をもっと明確化したほうが良いですね!そうでなければ中盤よりも後ろの選手が受賞することが難しくてやる気なくなっちゃいますよね!
2010/12/10(Fri) 14:33 | URL  | junchang #-[ 編集]
No title
所詮バロンドールはフランスの雑誌の賞。所詮FIFAは不正だらけ。

もうどうでもいいですね...FIFAは不正なく、全国民にサッカーを楽しますことができるようにと設けられてる連盟だとばっかり思ってました。
2010/12/10(Fri) 18:34 | URL  | Birkin #-[ 編集]
予想以上の反響が・・・
>皆さま

半ば息抜きに書いた、呟きのようなコラムなのに、まさかここまで反響をいただけるとは(汗)

数々のコメント、ありがとうございます。

はじめましての方、おこんばんは。
偏りに定評のある、管理人の白面と申します。


本来なら、このまますぐにでもご返信したいところなのですが、
明日も休出な上に体調が優れませんもので;;

しかも皆さん、実に鋭いご指摘・ご意見ばかり・・・
読んでいるだけで、頭がブンブン回転するのが実感できます(笑)

よろしければ返信も兼ねて、後日続編という形でまとめさせていただきたいのですが・・・
いかがでしょうか?

お手数ですがご都合の悪い方のみ、拍手等からご連絡いただきたく存じます。

やっぱり、今回の選考に違和感を覚える人は多かったんだなぁ・・・としみじみですw
2010/12/10(Fri) 22:05 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
あ。
ちょっと忙しくてあんまりPC開けれてない間に、いい記事が。
そしてコメントする前にまとめられてしまったww

けど、けど、
うちもひと言だけわせて~!!


納得できんw
2010/12/11(Sat) 00:21 | URL  | lemistzuck #-[ 編集]
あ。その2.
勘違いされそうな発言になってしまいました。

候補からスナイデルが落とされるのが、ってことです。
デルボスケが選ばれるのも。

文章力なくてすまそ。
2010/12/11(Sat) 00:24 | URL  | lemistzuck #-[ 編集]
No title
自分も少しがっかりしてます。そしてFIFAが主導権を握るようになったのを知って成程、納得がいきました。
やはりワールドカップの成績が重視され、それ以外の約11カ月くらいは評価されないようですね(笑)
あとFIFAはスペインサッカーやバルセロナのようないわゆる「華麗なサッカー」を推奨してるんでしょうね。W杯のスペインはそれほど良かったのか?って感じはしますが。
あれほどの偉業をやってのけたインテルからも何人かは最終選考に残って然るべきだと思います。

このあたり2018年の候補でFIFAと揉めてたBBCとかのメディアはどんな評価をしてるのか気になりますね(笑)
2010/12/11(Sat) 16:06 | URL  | huge spurs fun #7xVKxE8g[ 編集]
まとめてお返事!
>モモヒキはいた電子レンジさん

改めまして、はじめまして。
ご訪問及び素敵なコメントをいただきまして、誠にありがとうございます。

インテリスタというよりは、バロンドールの効率の悪さというか、モウ曰くところの
「知的売春」
に近い選考が行われていることに憤りを感じた、という方が近いと思いますw

仮にインテルとミリート&スナイデルではなく、例えばインテルとは犬猿の仲であるユヴェントス&キエッロやクラシッチが同じような目に遭ったとしても、自分は間違いなく怒ります。

例え反インテル、半モウリーニョといった立場から発言している選手であっても、リスペクトに値する存在であれば自分はいつでもその選手の味方です。
シャビのような選手の場合は、特に腹がたつよりかわいいと感じることの方が多いですねw

>特に選手個人の
恐縮です。今後もお褒めに預かりました部分、
「一般の新聞・雑誌等メディアでは特集されるどころか、写真すらほとんど掲載されない」
ような選手には、引き続き機会があればスポットライトを当てていければと思う次第です。

>岩氏さん

『裏の力』のお話、非常に興味深く読ませていただきました。
まさしく仰る通り、世の不況の影響・世界経済の動向がダイレクトに反映されるのが今日のスポーツ。

その意味で、元々利権集団であったFIFAが今回はこれでもかと地を出してきた印象です(苦笑)
あそこはやっぱり一度痛い目にあわせたいなぁ・・・
W杯開催国の件でもそうですけど、流石に最近許容範囲の限界を超える醜態っぷりが目につきます。

>siniさん

いつもながら鋭い分析、多謝です。
最新記事のとおり、まさに最大の問題は『選考基準と方法の一貫性のなさ』と自分も思います。

まあ、個人的にはバロンドールはバロンドールで、今のままミーハー路線をひた走るというのであればそれはそれでいいと思っています。

一方でおっしゃる通り、真の実力者や功労者、ハリーのように弱小チームや中小チームでビッグクラブに対抗していけるようなタイプの指揮官を、もっと正当に評価するアワードも別にあればいいな、と切に感じる次第です。

実際、今のままの流れが続けば、必ず反対勢力は増強されていくもの。
今すぐには無理でも、今後何年か後に何かが起きる可能性はあるんじゃないかなぁ・・・と考えています。

特に昨今不当な評価を受けがちな上にフランスとの仲があまりよろしくない、イタリアやドイツ辺りからは・・・ねw

>名無しさん

改めましてはじめまして。
まとまった返信をするだけの時間がなかなか取れず、こんなに返信が遅くなってしまいましたことをお詫び致します。

>ところで、誰がどのような投票を行ったのかは公表されるはずなので、それがわかったらそのことについて記事を書いていただけないでしょうか?

非常に面白そうなご提言、どうもありがとうございます。
確かに今回の投票の傾向、特定個人について
「何故この選手を選んだのだろう?」
的なことを考察するのは、なかなかに興味深いところですねw

是非、前向きに検討させていただきます。

世間の風潮とは一線を画する、マニアックなネタばかりを取扱いがちなblogですが(汗)
身に余る評価をいただきまして、誠に光栄至極。
今後も自分のペースで、更新していければと思います。

>junchangさん

>インテル陣はやっていたサッカーが評価されなかったのでしょうかね?

続編の記事で、まさにその旨ドンピシャリという感じで取り上げさせていただきました。

自分もそのように思います。
いくらその時その時の流行はあれど、特定のスタイルばかりを礼賛する傾向はいただけませんね・・・少なくとも、自分にとっては気に入らないこと甚だしいですw

現地の、イタリアの反応は相当にネガティブなようですよ・・・?
一部のアンチインテリスタを除いて、スナイデルの落選は「イタリアフットボールの価値観そのものが否定された」に等しい事態ですから。

自分たちが考えている以上に、政治的な問題が色々絡み合った事態に発展していく可能性もありそうです。

>Birkinさん

いやぁ・・・
自分などはFIFAに限らず、協会と名のつく組織は不正と利権の総合デパートメントのようなものかと思っています(汗)

例えば最近読んだ社長・溝端宏の天国と地獄」木村元彦 著なんかは、Jリーグと日本蹴球協会の暗部をこれでもかと認識させてくれる一冊でした。

まあ・・・結果的に多くのファンに楽しんでもらえるよう活動することはあっても、それも究極的には彼らが「利益」を生み出すことを義務付けられた集団であるため。
ファンが増えれば、当然利益も大きくなりますからね・・・

その点では、結果的に利権集団になってしまうことは仕方のないことではあると思います。
他方、それが行きすぎて本末転倒してしまっている、今回のようなケースは流石に看過できないという感じです。

>lemistzuckさん

ですよね~!?(爆)

いや、自分も本当「納得できん!」の一言に尽きますですよ。
自分自身の好みではなく、選手自身の立場に立って考えてみると尚更です。

ただ、それはそれでイニエスタやデル・ボスケにとっては、ある意味ではありがた迷惑のような状態になっている話でもあります。

そうした選手・監督らのことを考えると、本当にそこら辺は複雑で・・・
せめて彼らが人格者であること、落選した人たちの痛みを十分に感じ取ってくれる顔ぶれであったことが救いであると考える他ないのが現状です。

・・・悔しいんですけどね、本当に(苦笑)

>huge spurs funさん

実際、自分以外にも落胆している方、困惑している方がこれだけ多いことに少し驚いています。
しかも他でもない、バルセロニスタの皆さんまでどこかスッキリしないものを抱えていらっしゃる方が多いというのが、今回の選考のおかしさを如実に語っているかと。

>BBCとかのメディアはどんな評価をしてるのか気になりますね(笑)

いやまったく(笑)
時間に余裕さえあれば、是非とも調べてみたいところではございますが・・・残念ながら、今は緊急時にてそれが叶わず(´・ω:;.:...

せめて決定時、来年の1月10日でしたか?
その頃に余裕があれば、ひとつ見定めてやろうと思っておりますw
2010/12/12(Sun) 21:47 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。