インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(3)二の手、三の手の欠如:痛恨事となった選手起用術

“指揮官の過失”という点では、おそらくツトさん最大の失態と言える問題がこれでしょう。

用兵術や先のモチベーティングとも、多分に相関関係にあるテーマなのですが・・・
結論から言ってツトさんは、

控え選手の扱いがあまりにも稚拙

に過ぎました。
同時にそれは、

プランB、プランCを遂行できる集団にマネジメントできなかった

ことも意味するのです。
この問題については、今晩と明日以降の二部構成で解説していくことにしていくことにしましょう。

①:「良質な選手が揃っていても、使われなければすべて余剰人員となる」

まず大前提として、川崎フロンターレに属する選手は基本的に皆
プロフェッショナル
です。

自分が控えに回っている時期、
主力が結果を出している間はチャンスが巡ってこない
ことぐらいわかっています。

それをぐっと堪え、エネルギーを溜め込み、出番が来るまで日々牙を研ぎ澄ます。
これぞまさに、プロフェッショナルのあるべき姿勢と言うものです。

昨シーズンまでのフロンターレでは、要所で選手の入れ替え、控え選手の登用がしっかりと行われていました。

これは、結果に結び付くことも、また結び付かないこともありましたが・・・
少なくともパフォーマンスに関しては、要所で素晴らしいものを見せてくれる選手がいた。そしてそれが今シーズン、おおいに活用されていたことは間違いありません。

自分はそうしたシーンを目にするたび、

「ああ、川崎のスカウトマンの実力はやっぱり確かだ。コーチもよく仕事をしてくれている」

なんて具合に唸らされてきたものです。
例えその時出番がなくとも、

絶対チャンスを逃すもんか。耐えろ、耐えろ・・・好機は必ず来る!

と、常に高い意識を持って練習に取り組むこと。

これはフットボーラーである以前に、サラリーを受け取り仕事に従事する、社会人として当然の振る舞いでもありましょう。


――ただし。

先にも申し上げました通り、すべての選手にこうした振る舞いを要求・また実現させるためには、
指揮官が優れたマネジメント能力・モチベート力を有している人物でなければなりません。

試合に出られない痛みを十分に知り、またそうした選手へのケアを怠らない人物であることは絶対条件。
更には要所で控え選手たちにプレーの機会を与え、自らの実力をアピールする機会を持たせてやることで、彼らのモチベーションを維持するように務めることこそ、監督の役目ではありませんか!

努力を続けていれば、必ずいつかは出番が来る


信じ込ませて(重要なポイントです)”
、充実した日々を送らせることができるかどうか?

これはすべての指揮官にとって、チームマネジメントにおける永遠のテーマのひとつなのですが・・・


この点でツトさんは、特大の過失を犯しています。


・・・こうした控え選手に出番が回ってくるケースは、大きく3パターン存在します。

ひとつは
なんらかの理由で、主力選手が起用できない
場合。

次に
カップ戦の予選などで明らかに格下のチームを相手にするような、
若手を中心とした控え選手が実戦経験を積ませるのに最適

な試合の場合。

そして最後に、
主力が結果を残せておらず、チームに“ショック”を与え、代謝を活性化させる
必要がある場合です。

・・・何人かの方には自分が何を言わんとしているか、もうおわかりのことでしょう。
ツトさんは最後のケース、

チームにショックと活性化を促す

ことが、

どうしようもなく下手くそ

でした。
同時に、

選手の特性をパズルのように組み合わせ、素の素材を生かす

ような采配がほとんどできなかった点に、関さん(関塚現U21日本代表監督)との大きな差を感じずにはいられなかった・・・
これが自分がこの一年を通して、高畠フロンターレに抱いた率直な感想です。


最もそれが顕著に表れていたのは、谷口博之(以下タニ)の起用法なのですが・・・
残念ながら今日はここまでが、体力的にも時間的にも限界のようです

続きはまた後日。
明晩か明後日にも、この点についてあれやこれやと検証していくことにします。


谷口博之。
この川崎が誇る元オリンピック代表選手の取り扱いを誤ったことは、監督高畠勉にとって最大の痛恨事のひとつとなった。

何故、高畠は谷口を使いこなせなかったのか・・・?

次回以降、ひとつひとつ段階的にこの問題について言及していきたい。



※その続き→ こっち

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ人気ブログランキングへ
   ↑  ↑ 
川崎フロンターレはもちろん、その他の情報も選り取り見取りのフットボールリンク集です。

ランキングも兼ねておりますので、それぞれ1クリック応援いただけると自分のやる気スイッチになり、自然と更新も早まります(笑)

応援くださっている皆さま、本当に感謝です
いつもありがとうございます

※なお、フットボール関連の相互リンクは、常時歓迎♪受付中です。
拍手ボタンからでも、その旨お伝えいただければ、なるべく早めに対応ば致しますので。。。

【2010/12/19 23:17】 | 川崎フロンターレなこと
トラックバック(0) |

No title
junchang
ミランかぁ・・・・シルヴィオ君が帰ってきてくれればひょっとして^^
今のミランでは難しいでしょうね!勝利者のメンタリティが備わっているとは思えません^^(ミラニスタからすると反発くらいそうな発言!)
実際試合も見ることができていないので何ともなのですが、今は勝利のサイクルからかけ離れてしまっているので何十年かまたないと再び黄金期は来ないでしょう!(サイクル的に約20~30年周期ですからね^^)

川崎もそうですが、Jはこれからビッグクラブのカテゴリーに所属できるチームが決まるでしょうから、極端な路線変更を必要としないコンセプトをもって継続してチーム強化をしていって欲しいですね!

しかし白面さんの更新頻度には驚きます!
自分最近サボり気味なので、がんばらないとぉ~

>junchangさん
白面
いやいや、最近のミランはなかなかどうして。
実に効率的で、観ていて面白いよいフットボールを体現していると思います♪
アレッグッリは、実にいい仕事をしていると感じますね。

手前味噌な話で恐縮ですが、川崎のフロント能力は確かです。
よく勉強していますし、努力もしていると思います。ただし、如何せん経験や実績、また政治力にはいささか以上に欠けるかな・・・という印象ですね。

ここら辺は一朝一夕でいくものでもありませんので、慌てずじっくり見守っていきたいところと思っておりますw


正直、年末の原稿を考えると、こんなことをやっている場合ではないのですが・・・


ただ、このタイミングを逃せば、誰もツトさんのことをちゃんとした形で振り返ってくれないまま終わってしまう。
そんなことにはしたくない、なんとかツトさんが残したものを刻みつけておきたい・・・その一心で無茶することを決めた次第です。

これでも、随分と内容を端折り、もっと言及したい部分を泣く泣く削ってはいるのですが(苦笑)
この企画も、後2~3回でまとめる感じですね・・・

新刊は血を吐いてでも完成させなければなりませんので(笑)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
ミランかぁ・・・・シルヴィオ君が帰ってきてくれればひょっとして^^
今のミランでは難しいでしょうね!勝利者のメンタリティが備わっているとは思えません^^(ミラニスタからすると反発くらいそうな発言!)
実際試合も見ることができていないので何ともなのですが、今は勝利のサイクルからかけ離れてしまっているので何十年かまたないと再び黄金期は来ないでしょう!(サイクル的に約20~30年周期ですからね^^)

川崎もそうですが、Jはこれからビッグクラブのカテゴリーに所属できるチームが決まるでしょうから、極端な路線変更を必要としないコンセプトをもって継続してチーム強化をしていって欲しいですね!

しかし白面さんの更新頻度には驚きます!
自分最近サボり気味なので、がんばらないとぉ~
2010/12/20(Mon) 10:15 | URL  | junchang #-[ 編集]
>junchangさん
いやいや、最近のミランはなかなかどうして。
実に効率的で、観ていて面白いよいフットボールを体現していると思います♪
アレッグッリは、実にいい仕事をしていると感じますね。

手前味噌な話で恐縮ですが、川崎のフロント能力は確かです。
よく勉強していますし、努力もしていると思います。ただし、如何せん経験や実績、また政治力にはいささか以上に欠けるかな・・・という印象ですね。

ここら辺は一朝一夕でいくものでもありませんので、慌てずじっくり見守っていきたいところと思っておりますw


正直、年末の原稿を考えると、こんなことをやっている場合ではないのですが・・・


ただ、このタイミングを逃せば、誰もツトさんのことをちゃんとした形で振り返ってくれないまま終わってしまう。
そんなことにはしたくない、なんとかツトさんが残したものを刻みつけておきたい・・・その一心で無茶することを決めた次第です。

これでも、随分と内容を端折り、もっと言及したい部分を泣く泣く削ってはいるのですが(苦笑)
この企画も、後2~3回でまとめる感じですね・・・

新刊は血を吐いてでも完成させなければなりませんので(笑)
2010/12/20(Mon) 22:41 | URL  | 白面 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。