インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わった~~!!!!

とにかく終わりました。まだ製本が残っておりますが、色々この時点で気づいているミスもありますが、とにもかくにも“本”として体裁は保てるレベルまで出来上がりました!!

◎サークル『きつねの処』

12/30有明 東京ビッグサイト「コミックマーケット」

西地区 “ゆ”28b

『孤独のミステル』

~モウリーニョ&カルチョ考察本~
B5サイズ20P 単価 ¥100


になります。
最低限100円分の価値ぐらいは生じさせられるようにと、時間と魂、ぶっちゃけ少しばかり生命の危険も感じつつ(汗)、あれこれ注ぎこんで仕上げました。

処女作につき到らぬ所もたくさんございますが、当日有明に足を運ぶ予定のある方、是非遊びに来てください

冊数が20部超もございますので、そう簡単にはなくならないはずです(笑)
絵師共々、心からご来訪をお待ちしております


○レオナルド新体制の門出祝い?"聖"マルコの贈り物

そして勢いで小ネタをひとつ。

すでにここ数日間の報道でご存知の通り、インテルではベニテス前監督の解任&レオナルド新監督の就任が発表されました。
かつてのACミランのスーパースターの一人にして、昨シーズンそのチームを率いてインテルの前に立ち塞がった人物がまさかのインテル入りということで、それもう大々的に報道されております。

当然、各方面からコメントを求めようと、マスコミ各社が大ハッスル中なわけですが・・・
その中でも、取り分けこの2人のインタビューは目につきました。

ファン・バステン:「レオのインテル行きは裏切りと感じる」

※~一部抜粋~※

ミランのレジェンドの一人であるマルコ・ファン・バステン氏は、レオナルド監督がインテルを率いることになったことを、裏切りのように感じているという。

ブラジル人指揮官は、ラファエル・ベニテス前監督の後任に決定した。
これに対し、ファン・バステン氏は

インテルに対しては、何もない。
でもロッソネーリ(ミラン)のファミリーからネラッズーリ(インテル)へ行くのは、正しいことだとは思えない


と『スカイ』のインタビューに答えている。さらに「裏切りのような感じがする」としている。

レオナルドは悪い時期にミランを離れた。私はそうしなかった



・・・とのことです。

あの"聖"マルコが、果たして何を考えて発言したのかはわかりません。
実際に直接、彼の生きた時代にそのプレーと思考回路を追い、スカウティングしていたのであればともかく、
自分にとって彼はほとんど伝説に等しいような人物。そのプレーを見た回数も、両手で数えられれる程度でしかないような関係です(笑)

ですが、少なくともこの発言がレオナルド新監督にとって、
インテルでの仕事をやりやすくする以外の効果を持たない
ことだけは確かでしょう。

自分などはミランに悪感情を持たない、典型的ヌルサポなものですから実感しかねる部分がありますが・・・
インテルとミランは、基本的に不倶戴天の敵同士

そんなミランの黄金期を彩った、同クラブのレジェンドの一人と言えるあの"聖"マルコ・ファンバステンが不快感を露にし、

裏切りだ

とコメントすれば、思わず感情的になってこの決定に反発していたような多くのインテリスタにとっても、

レオナルドという人物が、いったい『何を』しでかしたのか?

その意味がダイレクトに伝わろうというもの・・・
結果的にですが、最高の餞になったことは確かです。

「その成功を心から祈る」
などとコメントされるより、100倍レオナルドにとってはありがたいことでしょう(笑)


オランダ代表時代の仕事ぶりを見る限り、おそらくストレートに不快感を表明しただけという可能性の方が高い。
そうだとしても、この発言はレオナルド監督にとっては一種の“援護射撃”に感じられたはずだ。

ネットを徘徊してみた限り、イタリア現地のインテリスタは我々日本人が考えている以上に今回の決定に抵抗感を示す者も多い。
それだけに今回の"聖"マルコ、かつて幾度となく煮え湯を飲まされてきた憎き相手の発言を受けて、レオナルドの見方を変える者も少なくないだろう。

彼は本当にミランの『敵』に回り、自分たちの側に着いて剣を取ったのだと。


●誠意に満ちた『スペシャル・ワン』からの激励

一方――こちらは対照的にモウリーニョから贈られたコメントは、
彼のレオナルドに対する誠意と敬意、そしてインテルへの愛情に満ち溢れた内容でした。

モウリーニョ:「レオを支えてやってくれ」

※~一部抜粋~※

インテリスタたちには、私に対してそうだったのと同じように、レオを受け入れ、支えるように求めたい

昨シーズン、レオは非常にポテンシャルのある指揮官であることを示した。
素晴らしいプロフェッショナルであって、ミラニスタではないんだ。

彼は長年ミランにいたが、これからインテルでもそうするだろう。同じ情熱を持ってね。

本当に彼の成功を願っている。

彼を支えてやってくれ


モウリーニョ監督はプレミアリーグ時代から舌戦を繰り広げたベニテス監督について、

彼が私よりうまくやることは確実にない

と話していた。それと比べ、レオナルド監督の就任には納得しているようだ。

カリスマ指揮官の後押しは、新たな冒険に向かうレオナルド監督にとって大きな門出祝いと言えるだろう。


記者が全部語ってくれましたが・・・
実際問題その通りと思います。

ぶっちゃけラファに関するモウのコメントは、どう考えても嫌がらせなものばかり。
インテルが被る間接的な被害も、お構いなしの内容でしたから(汗)

その問題はもう、この際置いておくとして・・・
モウリーニョとレオナルドの仲が、モウのフットボール界での立ち位置を考えた場合、極めて良好な関係にあることは間違いありません。

例えば昨シーズン、マリオ・バロテッリを含む若年世代の問題にモウが言及した際、その内容に即座に理解の意を示したのは他ならぬレオナルドでした。
ちなみにこの一件に関しては、その当時ユヴェントスの監督だったチーロ・フェラーラも二人の見解に同調しています。ラニエリやスパレッティと違って、この二人への直接的な批判をモウがしていないという点は、非常に興味深いものです。
(蛇足ですが、自分の大好きなガスペリーニ(前ジェノア監督)にも、モウは惜しみない賞賛を与えています。
あれは嬉しかったなぁ・・・w)


勿論、インテリスタの中にも様々な派閥・・・マンチョ派やアンチモウリーニョな人たち、少数ですが親ラファ派な方などもいるわけですから、
全員が全員、このコメントを好意的に受け取ってくれるわけではありません。

とは言え、客観的に見てもモウのコメントにはレオナルドの成功を真摯に願う気持ちと、今なお抱いているであろうインテルへの深い愛情に満ち溢れていました。

大多数のインテリスタは、極めて好意的にこの発言を受け取るでしょう。
それだけでも、レオナルド新監督にとっては嬉しい贈り物だったと思います。

サポーターの支持を得られない監督は、どれほど努力しようと認められない・・・特にカルチョはそういう土地柄ですから。

※背景には、元ミランのスターがインテルで指揮を執るという、非常に困難なチャレンジの道を選択したレオナルドに対し、その勇気に敬意を表する意味合いも当然あったと思います。

難しい挑戦に我から手をあげることは、言うまでもなくモウの大好物ですしね(笑)



実はこのコメントは、モウリーニョ本人にとっても非常にポジティブな効果をもたらすものだ。

ここのところモウのインタビューは非常に神経質な内容に終始しており、相手に対し緊張感を強いるものばかりだった。
翻って今回発せられたコメントは、ジョゼ・モウリーニョという人物がある場合には非常に思慮深く、情深い一面を持っていることを知らしめるもの。
特にスペインにおいて、効果的に機能するであろうことは間違いない。

良くも悪くも、つくづくたいした役者と感じさせる男である。



ともかく、サイは投げられました。

言うまでもなく、自分は全力でレオナルド・・・今後はレオ様、で略した方がよさそうですね
この新監督を全力で応援し支えます。モウに言われるまでもありませんw

まずは明日の出展の成功を祈りつつ、レオ様とインテルの今後の成功を祈りつつ・・・


・・・とりあえず、今晩はしっかり休んで明日に備えるようっと(笑)
結果は明晩、または大晦日にでも必ずご報告を。


体は疲れきっておりますが、気力は120%で行って参ります!!


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ人気ブログランキングへ
   ↑  ↑ 
一人でも多くの方に読んでいただけるよう、各種ランキングに参加しています。
1クリック応援いただけると、とても嬉しいです

応援くださっている皆さま、本当に感謝してます。いつもありがとうございます

※フットボール関連の相互リンクは、常時歓迎♪受付中です。
拍手ボタンからでも、その旨お伝えいただければ、なるべく早めに対応ば致しますので。。。

【2010/12/29 21:44】 | 出版
トラックバック(0) |

こんにちは♪
きゃぷ10
ついにこのときが来たのですね!
是非とも頑張ってきてください!
応援してますよ☆

No title
junchang
今頃はビッグサイトで売れまくりでしょうか!
本当にお疲れ様でした。

ファンバステン氏は結構思いついたことを言っちゃうKYな方ですので、あまり深く考えた末での発言ではないと思いますよ^^
ミランでもサッキ氏に対してそうでしたし、オランダ代表監督時代もかのヨハン・クライフ様とやりあう寸前までいった経験がおありです^^。

でも個人的にはファンバステン氏に賛成な気がします。
オーナーサイドとの軋轢があったにせよ、僕はやってしまった感がぬぐいきれません・・・・。

No title
じゅんや
本、完成ですね。お疲れ様でした。
見たいなぁ。。。

No title
バウワウ
本の完成、おめでとうございます。
そして、明日の出展の成功をお祈りしています。

あ、レオ様とインテルの今後の成功も…v-290

こんばんは☆
JUNxxx
本の制作の目処がついたようですね^^
お疲れさまでした♪
今年一年、どうもありがとうございました♪
よいお年を☆

返信遅れてしまって申し訳ございません
白面
コメントありがとうございます。
ようやくお返事できる時間を取ることができました。

>きゃぷ10さん

頑張りました!頑張れました!
反省点もいっぱいありましたが、得るものも多い濃密な時間だったと思います!!

応援ありがとうございました~!

>junchangさん

さすが聖マルコ・・・
常人とはちょっと違うところがあるようです。
だがそれがいい(笑)自分は彼のキャラクター、なんか嫌いになれないのですよw

それが本来のカルチョの感覚、ファンの感覚と思うのです。
実際インテル関連サイトの方、まあ翻訳ソフト込みなので本当のところはわかりませんが・・・
やっぱり批判的なファンも多いですから;

それでもあえてこの道を選んだことを、その決意のほどを自分は今後見定めていきたいと思っています。
結果という名の証明をもって。

>じゅんやさん

最新記事の方に、それについて少し・・・
よろしければご覧ください。
クリアしなければならない問題はいくつかありますが、体力回復次第取り掛かりたいと思いますので!

>バウワウさん

ありがとうございます。
同人誌でもブログでも、自分の表現を読んでいただけるというのはなんとも感慨深いものがございましたw

レオ様はオススメですよ~あれでいて情熱的なのがまたw
かっこいいです!とにかくハンサムです!(笑)

>JUNxxxさん

おかげさまでなんとかやり抜くことができました。
その節は毎日のようにご訪問、応援いただきまして本当にありがとうございます。

来年もよろしくお願い致します~!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは♪
ついにこのときが来たのですね!
是非とも頑張ってきてください!
応援してますよ☆
2010/12/30(Thu) 11:21 | URL  | きゃぷ10 #-[ 編集]
No title
今頃はビッグサイトで売れまくりでしょうか!
本当にお疲れ様でした。

ファンバステン氏は結構思いついたことを言っちゃうKYな方ですので、あまり深く考えた末での発言ではないと思いますよ^^
ミランでもサッキ氏に対してそうでしたし、オランダ代表監督時代もかのヨハン・クライフ様とやりあう寸前までいった経験がおありです^^。

でも個人的にはファンバステン氏に賛成な気がします。
オーナーサイドとの軋轢があったにせよ、僕はやってしまった感がぬぐいきれません・・・・。
2010/12/30(Thu) 15:37 | URL  | junchang #-[ 編集]
No title
本、完成ですね。お疲れ様でした。
見たいなぁ。。。
2010/12/30(Thu) 19:45 | URL  | じゅんや #-[ 編集]
No title
本の完成、おめでとうございます。
そして、明日の出展の成功をお祈りしています。

あ、レオ様とインテルの今後の成功も…v-290
2010/12/30(Thu) 21:59 | URL  | バウワウ #-[ 編集]
こんばんは☆
本の制作の目処がついたようですね^^
お疲れさまでした♪
今年一年、どうもありがとうございました♪
よいお年を☆
2010/12/30(Thu) 23:10 | URL  | JUNxxx #-[ 編集]
返信遅れてしまって申し訳ございません
コメントありがとうございます。
ようやくお返事できる時間を取ることができました。

>きゃぷ10さん

頑張りました!頑張れました!
反省点もいっぱいありましたが、得るものも多い濃密な時間だったと思います!!

応援ありがとうございました~!

>junchangさん

さすが聖マルコ・・・
常人とはちょっと違うところがあるようです。
だがそれがいい(笑)自分は彼のキャラクター、なんか嫌いになれないのですよw

それが本来のカルチョの感覚、ファンの感覚と思うのです。
実際インテル関連サイトの方、まあ翻訳ソフト込みなので本当のところはわかりませんが・・・
やっぱり批判的なファンも多いですから;

それでもあえてこの道を選んだことを、その決意のほどを自分は今後見定めていきたいと思っています。
結果という名の証明をもって。

>じゅんやさん

最新記事の方に、それについて少し・・・
よろしければご覧ください。
クリアしなければならない問題はいくつかありますが、体力回復次第取り掛かりたいと思いますので!

>バウワウさん

ありがとうございます。
同人誌でもブログでも、自分の表現を読んでいただけるというのはなんとも感慨深いものがございましたw

レオ様はオススメですよ~あれでいて情熱的なのがまたw
かっこいいです!とにかくハンサムです!(笑)

>JUNxxxさん

おかげさまでなんとかやり抜くことができました。
その節は毎日のようにご訪問、応援いただきまして本当にありがとうございます。

来年もよろしくお願い致します~!
2010/12/31(Fri) 23:15 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。