インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とか言ってる側から、早速トットナムな話題です。

今季カンピオナート、インテルの初戦が今晩これからなのに・・・このblog、ほんまにインテル真面目に応援する気あるんか(;´Д`)?
・・・まあいいか、そっちは見てみないとどうにも何も言えないし(笑)

先週末、下馬評の評価では圧倒的に優位に立っていたはずのスパーズがウィガンに敗れました。
(試合に関する詳細情報や、両者の因縁などについてはこちらで詳しくまとめられています↓)
トットナムvsウィガン

チームを応援する者としては、確かに苦々しい敗戦ではありましたが・・・
まさにこれこそが、二足草鞋の難しさということ。
その難しさを体感できる所までチームがやってきた、それを喜ぶべきと前向きに提言しつつ、少しシビアなことを口にしていきたいと思います。

言うまでもなく欧州チャンピオンズリーグ(以下CL)は、本当に特別なコンペティションです。

とにかく、圧倒的にプレッシャーがきつい。
タレントが足りない、ビッグネームがいないと言われているチームですら、各国の王者かそれに準ずる強豪チーム。

王者・・・ですよ(;´Д`)?

ちょっとでも隙を見せれば、一瞬で美味しい所を持って行く。
そういうしたたかさを持ち合わせた連中"しか"いない、そういう特殊なコンペティション。
それが自分の持つCLのイメージです。

例えば、昨シーズンのインテルを思い返してみれば、その厳しさは一目瞭然でしょう。

予選からバルセロナは勿論、位置付け的には明らかに格下のディナモ・キエフ、ルビン・カザン相手に、ぎりぎりもぎりぎりの状態でようやく勝ち点をあげての予選突破。特にディナモ・キエフ相手の二試合目、後半ロスタイムに逆転弾を放ってのあの勝ち点3がなければ、予選で姿を消していたはずです。

曲りなりにも、この年のCL王者に輝いたチームが・・・ですよ?
この一事だけでもこのコンペティションの厳しさ、その一端が窺い知れます。

決勝トーナメントに入ってからは、更に別の側面が浮き彫りになりました。
カンピオナートでの大苦戦がそれです。

チェルシー戦、CSKAモスクワ戦・・・
CLでは破竹の快進撃を続けているかに見えるインテルでしたが、一方でリーグ戦ではちょうどこの前後の試合で、ことごとく勝ち点を失っているんです。

2月の三連続引き分けしかり、3月のカターニャ、ローマ戦での敗戦しかり。ヴィオラ(フィオレンティーナ)戦でのジュリオの信じられないミスによる引き分け、なんてこともありました。

これこそCLとリーグ戦を、二足草鞋で戦うことの意味。

その難しさに他なりません。

リーグ戦の終盤、熾烈な順位争いとも、国内のカップ戦とも違う。
まったく異質のコンペティションであるCLを戦いながら、かつ"リーグ戦仕様""カップ戦仕様"といった戦い方の切り替えを要求される中で結果を出すことは・・・どれほどの強豪チームであっても、常勝軍団に属するエリート中のエリートであっても、


『人間である以上』


は限界のあることと思います。

それが個人スポーツならまだしも、11人対11人で行われるサッカーというスポーツでは・・・どうやっても

"選手一人ひとりの、確かな集中力の継続"

は不可能なんですね。
その意味は、全てのスパーズサポーターの皆さんに・・・今一度考えてみて欲しいのです。

その上で、応援する側にいる自分達にできるベストの選択肢はなんなのか・・・?
それを考えることこそが、サポーターの喜びであり、責務じゃないかな~と自分などは考えるのですよ。

選手と監督にベストの結果を要求する以上、自分達もまたベストであろうとしなければならない。それは当然の理と思うわけです。

【2010/08/31 00:19】 | 他国リーグや各種協会・組織なこと
トラックバック(0) |

No title
ゆーや
ブログ開設おめでとうございます♪トッテナム・ホットスパーファンブログThe Great Escape管理人のゆーやです。
CLとリーグの二足の草鞋に関する考察、興味深く読ませていただき、とても面白かったです。
セリエAでもヨーロッパでも確固たる地位を築き、現在では名実ともに世界一のクラブであるインテルであっても、
二足の草鞋というのは相当に厳しいものなのですね。感覚的に解っていても、実際に経験していないスパーズファン
としては、色々と考えさせられるなぁ・・・と。やはり、ここら辺は実際に経験しているファンの意見は重みがありますね。

僕もスパーズは今季相当に苦しむと予想してます。そのうえで、CLとリーグ戦のどちらにプライオリティーを置くのか、
実際に戦う選手・コーチ陣はもちろん、見守る我々ファンも選択しなければならない時期が必ず来ると考えています。
僕がスパーズに常々求めてるのはスパーズが真の強豪としてヨーロッパでビッグクラブと伍していくこと。
そうなる為に、大事なのは毎年CLに出場し続ける事だと思うんですよね。財政的にも、主力を維持する為にも。
1年だけの成功でまたリーグで中位に逆戻りでは目先の喜びはあっても、長期的に考えれば全く意味が無い。
だからこそ、あくまで重心はリーグ戦に置くべきと考えています。仮にCLで運よく勝ち進めたのだとしても・・・。
そういう考えを持っているので、なおさらリーグ戦でふがいない戦いを見せることに憤りを感じてしまうんですよね。
リーグ戦で確固たる地位を築いていないからこそ、今季は大事。是が非でも再び4位以内を達成する必要がある。
CLで早期敗退したってそんなに痛手は無い。むしろ来季逃す事の方が大きなデメリットを生みますからね。

同じクラブのファンであっても意見は様々で、全ての面で一致を見る事は難しいし、そうある必要も無いのですが、
トッテナムが今以上に成長し、本当の強さを身につけるには何が大切か・・・という視点は常に持つのが望ましいとは
思っています。それこそ白面さんが最後の一行に託した思いですね。この気持ちはとても大切と僕も思います^^

ちょっと長くなっちゃったんで、この辺で。白面さんの想いが伝わって来て、とてもいいブログじゃないですか!
ただ一点、ケチをつけるとすれば僕のブログを買いかぶり過ぎなところぐらいで(笑)いや、嬉しいんですけど。
これからもブログ更新頑張ってくださいね。「マイペース」これ大事です。僕も3年近くやってるんですが、
結構更新するのってしんどいものなんですよ(笑)なので肩に力を入れ過ぎないのが長く続ける秘訣です^^ 
また暇をみつけてお邪魔します。僕のブログにもまたおこしくださいな。熱く、スパーズについて語りましょう!


No title
白面
記念すべき初コメで、スペシャルな方からスペシャルな至言をいただきました。
ありがとうございます!w

セリエAの場合は、とにかく他のリーグに比べて下位チームがしぶとく、手強く・・・徹底してスペースを消してリトリートしてくれるものですから(苦笑)
一概に比べることはできないとも思いますが、仰る通りどのコンペティションに重きを置き、戦っていくのか悩(楽しみ?)まなくてはならない時にでも、ほんの少しでも参考になればと思ってしたためてみました。

自分も、まずはリーグ戦に集中することが大切というご意見には大賛成です。
これは現在、スパーズの置かれている状況から考えても妥当な見解と思います。

イタリアと違い、UEFAランキングの関係上4枠(シード3、プレーオフ1)が保証されている現在のプレミアでは、国際舞台でスパーズが無理をしなくても、ほぼ確実に他のチームが結果を残してくれる。
ずるいしこすい考え方ではありますが(;´Д`)、ある面でこれは真実と思っています。

その点イタリアとドイツは、UEFAランキングの3位と4位・・・つまり4枠か3枠かを巡り、現在しのぎを削りまくっている状態。
出場チームは国内リーグ戦で多少停滞してでも、国際舞台で結果を残さなければ、容赦なくメディアから叩かれる状況にあるわけです。 サンプドリアが、早速躓いてしまったわけですが・・・

相手は言わずと知れたブレーメン。しかも、2ndレグのロスタイム間近まで敗退寸前の状況からこれですから・・・
これが経験の力かと;;

スパーズはまだまだ地固めの状態にあるチームで、リーグ優勝を本気で狙いにいけるまでには、恐らくもう3~10年はかかると思います。
今は自分達の身の丈にあった戦い方をし、尚且つ安定した結果を残してさらなる経験を積むこと、それこそが最終的には大きな成功を掴むための近道と自分も思うのです。

まあ・・・こうした贅沢な、本当に贅沢な悩みは、
"強豪チーム"
サポならではの特権です。
苦しみつつ、悩みつつも楽しんでいきましょう!w


blog継続、更新の心得は、本当にありがたく頂戴致します。
The Great Escapeさんに触発されて作ったようなサイトなので(マジですよ!w)、冗談抜きに嬉しかったです。

何分自力でのサイト作成・更新が初めてどころか、xmlはおろかhtmlすらちゃんとわかっていないような状態から初めております(苦笑)
この季節は個人的に余裕のある時期なので、今のうちに内容の肉付けや方針の明確化を図りつつ、その先は気楽にやっていければと思います。

もちろんそちらには、時間の許す限り今後もお邪魔しますよ!w
是非によろしくお願いしま~す( ´∀`)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
ブログ開設おめでとうございます♪トッテナム・ホットスパーファンブログThe Great Escape管理人のゆーやです。
CLとリーグの二足の草鞋に関する考察、興味深く読ませていただき、とても面白かったです。
セリエAでもヨーロッパでも確固たる地位を築き、現在では名実ともに世界一のクラブであるインテルであっても、
二足の草鞋というのは相当に厳しいものなのですね。感覚的に解っていても、実際に経験していないスパーズファン
としては、色々と考えさせられるなぁ・・・と。やはり、ここら辺は実際に経験しているファンの意見は重みがありますね。

僕もスパーズは今季相当に苦しむと予想してます。そのうえで、CLとリーグ戦のどちらにプライオリティーを置くのか、
実際に戦う選手・コーチ陣はもちろん、見守る我々ファンも選択しなければならない時期が必ず来ると考えています。
僕がスパーズに常々求めてるのはスパーズが真の強豪としてヨーロッパでビッグクラブと伍していくこと。
そうなる為に、大事なのは毎年CLに出場し続ける事だと思うんですよね。財政的にも、主力を維持する為にも。
1年だけの成功でまたリーグで中位に逆戻りでは目先の喜びはあっても、長期的に考えれば全く意味が無い。
だからこそ、あくまで重心はリーグ戦に置くべきと考えています。仮にCLで運よく勝ち進めたのだとしても・・・。
そういう考えを持っているので、なおさらリーグ戦でふがいない戦いを見せることに憤りを感じてしまうんですよね。
リーグ戦で確固たる地位を築いていないからこそ、今季は大事。是が非でも再び4位以内を達成する必要がある。
CLで早期敗退したってそんなに痛手は無い。むしろ来季逃す事の方が大きなデメリットを生みますからね。

同じクラブのファンであっても意見は様々で、全ての面で一致を見る事は難しいし、そうある必要も無いのですが、
トッテナムが今以上に成長し、本当の強さを身につけるには何が大切か・・・という視点は常に持つのが望ましいとは
思っています。それこそ白面さんが最後の一行に託した思いですね。この気持ちはとても大切と僕も思います^^

ちょっと長くなっちゃったんで、この辺で。白面さんの想いが伝わって来て、とてもいいブログじゃないですか!
ただ一点、ケチをつけるとすれば僕のブログを買いかぶり過ぎなところぐらいで(笑)いや、嬉しいんですけど。
これからもブログ更新頑張ってくださいね。「マイペース」これ大事です。僕も3年近くやってるんですが、
結構更新するのってしんどいものなんですよ(笑)なので肩に力を入れ過ぎないのが長く続ける秘訣です^^ 
また暇をみつけてお邪魔します。僕のブログにもまたおこしくださいな。熱く、スパーズについて語りましょう!
2010/08/31(Tue) 23:56 | URL  | ゆーや #-[ 編集]
No title
記念すべき初コメで、スペシャルな方からスペシャルな至言をいただきました。
ありがとうございます!w

セリエAの場合は、とにかく他のリーグに比べて下位チームがしぶとく、手強く・・・徹底してスペースを消してリトリートしてくれるものですから(苦笑)
一概に比べることはできないとも思いますが、仰る通りどのコンペティションに重きを置き、戦っていくのか悩(楽しみ?)まなくてはならない時にでも、ほんの少しでも参考になればと思ってしたためてみました。

自分も、まずはリーグ戦に集中することが大切というご意見には大賛成です。
これは現在、スパーズの置かれている状況から考えても妥当な見解と思います。

イタリアと違い、UEFAランキングの関係上4枠(シード3、プレーオフ1)が保証されている現在のプレミアでは、国際舞台でスパーズが無理をしなくても、ほぼ確実に他のチームが結果を残してくれる。
ずるいしこすい考え方ではありますが(;´Д`)、ある面でこれは真実と思っています。

その点イタリアとドイツは、UEFAランキングの3位と4位・・・つまり4枠か3枠かを巡り、現在しのぎを削りまくっている状態。
出場チームは国内リーグ戦で多少停滞してでも、国際舞台で結果を残さなければ、容赦なくメディアから叩かれる状況にあるわけです。 サンプドリアが、早速躓いてしまったわけですが・・・

相手は言わずと知れたブレーメン。しかも、2ndレグのロスタイム間近まで敗退寸前の状況からこれですから・・・
これが経験の力かと;;

スパーズはまだまだ地固めの状態にあるチームで、リーグ優勝を本気で狙いにいけるまでには、恐らくもう3~10年はかかると思います。
今は自分達の身の丈にあった戦い方をし、尚且つ安定した結果を残してさらなる経験を積むこと、それこそが最終的には大きな成功を掴むための近道と自分も思うのです。

まあ・・・こうした贅沢な、本当に贅沢な悩みは、
"強豪チーム"
サポならではの特権です。
苦しみつつ、悩みつつも楽しんでいきましょう!w


blog継続、更新の心得は、本当にありがたく頂戴致します。
The Great Escapeさんに触発されて作ったようなサイトなので(マジですよ!w)、冗談抜きに嬉しかったです。

何分自力でのサイト作成・更新が初めてどころか、xmlはおろかhtmlすらちゃんとわかっていないような状態から初めております(苦笑)
この季節は個人的に余裕のある時期なので、今のうちに内容の肉付けや方針の明確化を図りつつ、その先は気楽にやっていければと思います。

もちろんそちらには、時間の許す限り今後もお邪魔しますよ!w
是非によろしくお願いしま~す( ´∀`)
2010/09/01(Wed) 22:40 | URL  | 白面 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。