インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は記事形式ではなく、本当に雑記をひとつ。
普段なら記事にするような内容ではないのですが・・・ちと書き留めておきたくなったのです。


ご存知のとおり、日本代表が見事4度目のアジアカップ優勝を成し遂げました。
風邪でゴホゴホ咳き込みながらも、無理して夜更かしして観戦したかいのあるというか・・・

完全な負け試合を勝利で納めた辺り、以前にはなかった勝ち方です。
ようやく、今まで足りなかった

「敗北を受け入れない、わずかな可能性でも勝利の糸口を見つけ出してもがく」

フットボール観が備わってきているのかな・・・と、心の底から嬉しく感じる優勝でした。


その一方で。

例えば本日、職場でどうしても片付けなければならない案件があったもので自主休出してきたわけですが・・・
その場にいた人間4人にこう話しかけたのです。

白面「昨日の日本代表の試合見ました?
劇的な勝利でしたね!」

Aさん「見ました見ました。
最後のシュートすごかったです!」

Bさん「そうなの?」
Cさん「・・・(黙々と作業中)」


Dさん「へえ~。勝ったんだ

――まあ、観ていたのは自分以外にAさんのみ。
残りの3人はこの大会、ハナから一試合も観ちゃいません・・・ということ。

決勝含めて、一試合もです。


これが日本代表サッカーの、今置かれている厳しい現実。

確かにうちの職場は、率直に言ってフットボールに興味を持っている人が少ないかもしれません。
が、それでも自分を含めてその場にいた5人中、観ているのは2人だけ。
その自分以外のもう一人の人も、普段はまったく見ないところを代表戦かつ決勝戦かつ、土曜日の晩という条件が揃ったので見ただけとのことでした。

まあ・・・ある程度わかっていたことではあったのですが、勝利の余韻が吹っ飛ぶほどに、
頭に冷水をぶっかけられたような気分にはなりましたね(笑)

――出る大会すべてが、一挙一動が注目されるような、例えばフィギアの浅田真央なんかとは違う。
皆が日本の参加するコンペティション一つひとつに注目し、国際試合のたびに少なくとも日本全国の1/3が、半分が声援を送ってくれるぐらいにならないと、なかなか世界と向きあって戦える状況にはなっていきません。


至上命題は、新規ファンの開拓とライトユーザーの拡大。
とりわけ、未成年に当たる若年層女性ファン

これが成らない限り、一時的に盛り上がったりよい成績を残せることがあっても、歩みは継続しないものです。


口で言うのは簡単なものの、さて実際にどうすれば新たにファンを獲得していけるのか・・・?

今更ながらに、真剣に考え始めなくてはいけない時期に来ているのかもしれない・・・
と、今日は痛切に感じました。

前々からあれこれ考える機会はあったのですが、今回ほどそれを実感した経験はありません。
あれだけの死闘の果てに結果を掴んだにも関わらず、なるほど・・・枠外の人達の反応というのは、やはりこんなものなのか――
と、強烈な現実をたたきつけられたせいと思われます(苦笑)


考えるからには、相応の説得力があるものでなくてはならない。
言ってその先知らんがな、は自分のやり方ではありません。

少なくとも読んだ人が、

「それなら確かにやれるだろうし効果もあるのではないか?」

と、納得していただけるような施策を・・・です。


理想や理念は、あくまで目標と行動を取捨選択するための指針。

具体的なアウトプット、具体策を講じることが管理人が自分に課したルールなものですから、ただ夢想してそれで終了、放りっぱなしにしておくわけには参りません(笑)


今日感じたことをこの先、決して忘れないようにするために、
ふと・・・書き留めておきたくなったのです。


にほんブログ村 サッカーブログへ
   ↑  ↑ 
一人でも多くの方に読んでいただけるよう、各種ランキングに参加しています。

それぞれ1クリック応援いただけると、自分のやる気スイッチがONに入ります
(むしろ皆様の支えなしでは、とても更新なんてやっていけません

いつも応援くださっている皆さま、本当に感謝です。ありがとうございます

【2011/01/30 18:43】 | 他国リーグや各種協会・組織なこと
トラックバック(0) |

私の周りも
黒猫
似たような感じですね。
サッカーファンか、前から代表戦くらい見てた人としか話が盛り上がらない感じで
今回のアジア杯から見たという人は数人だけでした。

もちろんその数人が、今後もサッカーを見てくれるかは未知数です。

裾野の拡大は至上命題です。
それはサッカーだけでなく、全てのスポーツにおいてそうであると思いますが
ドイツの変化を見てきた私には、なんだかすごく焦りがあります。(勝手に偉そうなんですが)

そういう意味では私も何か出来ないかなという思いがありますが。。。微々たる力すぎて。

No title
じゅんや
観客動員やファンが増えたほうが良いと思うし、そうならないと選手が食っていけないのもよくわかってるんですけど、ぶっちゃけ見たくない人は見なくても良いし、その時だけ注目する人もいなくていいんじゃないかって私は思います。
なぜなら、自国開催のときにもくらいましたが、ああいう大事なときにチケットが入手できんとか我慢ならんとですw
日韓の時とか、わざわざ韓国まで見に行ったんですよw
日本じゃチケット入手できんから><
そう思う自分が確実にいますねwww

No title
junchang
現実ですね!Jリーグの観客動員が伸び悩んでいるのも継続して魅力を発揮できるコンテンツではない証拠ですね!

一時的に盛り上がってはトーンダウンすることの繰り返しでヨーロッパや南米のように「生活の一部」に昇格することがない限り難しいでしょう!
でもサッカー好きな人間が増えていることも感じています。特にブログをやってからは結構自分と同じ考えを持っている人がいることに気付かせてくれました^^

ただ、サッカーという競技自体少々閉鎖的であるのかなぁとも思っています(中々入っていきずらい?)

こんばんは♪
イチゴッチ
優勝しましたねぇ。
リアルタイムでワーワー言いながら観ていました。
多分ご近所迷惑だったと思います。>v<
ロスタイムのフリーキック(って言うのかな?)の時に
ドーハの悲劇が脳裏をよぎりましたが、勝って良かったですね。

我が家では息子以外、観ていました。
娘は彼氏がサッカーをしていたので、感化されてサッカーファンになったようです。
そんなモンですね。(^^ゞ
息子は5~6歳頃、サッカー教室に通っていたのですが
興味なし・・・そんな感じです。>v<☆

確かに・・・
岩氏
岩氏の周りも、しかも同じサッカーをやっている人すら

『昨日の決勝寝ちゃったよw』

とか、

『あ、昨日決勝だったんだ』

って人います(笑)
普段サッカーやっている人間もこれですから、サッカーを知らない人達は尚更でしょうね。

でも、それはやっぱ日本自体がサッカー後進国ってのが一番なんでしょうね。

日本代表が強くなれば、自然とサッカーに興味を持つ人が増えていく気がしています。

そうなれば、自分らブロガーもやりがいがあるってもんですね。

どもー。
lemistzuck
白面たんの気持ちすごくわかるよ!

何かやらかそうとか考えてんの~(笑)?
同じブロガーとして、手伝えることあるなら乗っかるで~
他にも手伝ってくれそうな人もいそうだしねb



No title
KKGT-R
土曜日は新年会だったのですが、仕事柄、スポーツ好きばかりなので、サッカーの話題で盛り上がり、最後は宴会場をパブリックビューイングにと、酔った勢いで交渉する始末。当然、却下(笑)

サッカーに限らず、全てのスポーツを含む、所謂興行と呼ばれる業界全体で若年層の獲得というのが大変だそうですね。やっぱりゲームですか。ゲームというコンテンツに上回る魅力って何ですかね。取りあえず一度、生スタジアム観戦がいいと思うんですけど。

観客動員はアップして欲しいですね。各チーム努力してますよね。けれどもリーグが努力してないというか。確かにスカパーに対する遠慮は有りますけど、
土曜日の集中開催、早い時間のキックオフ。日曜日のナイターなんて動員を阻害してますもん。 

お詫びと訂正
白面
いや~・・・帰ってきてからびっくりしたのですが(汗)
全員分お返事をしたためている時間がないので、手短に。

自分は何人にも

「何かを強制すること」

はしたくありません。
見たくもない人をひっ捕まえて見せる気は皆無、それどころかその対極にいる生き物ですw

代表戦でもそれは同じ。
むしろ、自分だって普段はあんまり熱心に見ない側に入るわけで(笑)

自分がやりたいことは、単純に

「それまでスポーツにほとんど興味関心なしだったような人達が、どんな形でもフットボールに興味を持ってもらえるようにするためにはどうすればいいのか? を考える」

こと、加えて

「新規層開拓の努力と取り組みは惜しんではいけない」

という点だけなのですね。

後日、改めて詳しいことは書き連ねると思います。
今週は昨日休出してたことでもおわかりの通り、とにかく徹底してスケジュールがあれでそれなので、いつ仕上がるかはわかりませんが(涙)

とりあえず体だけは壊さないよう気をつけて、踏ん張って、粘って戦って頑張ります!!w

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私の周りも
似たような感じですね。
サッカーファンか、前から代表戦くらい見てた人としか話が盛り上がらない感じで
今回のアジア杯から見たという人は数人だけでした。

もちろんその数人が、今後もサッカーを見てくれるかは未知数です。

裾野の拡大は至上命題です。
それはサッカーだけでなく、全てのスポーツにおいてそうであると思いますが
ドイツの変化を見てきた私には、なんだかすごく焦りがあります。(勝手に偉そうなんですが)

そういう意味では私も何か出来ないかなという思いがありますが。。。微々たる力すぎて。
2011/01/30(Sun) 20:12 | URL  | 黒猫 #-[ 編集]
No title
観客動員やファンが増えたほうが良いと思うし、そうならないと選手が食っていけないのもよくわかってるんですけど、ぶっちゃけ見たくない人は見なくても良いし、その時だけ注目する人もいなくていいんじゃないかって私は思います。
なぜなら、自国開催のときにもくらいましたが、ああいう大事なときにチケットが入手できんとか我慢ならんとですw
日韓の時とか、わざわざ韓国まで見に行ったんですよw
日本じゃチケット入手できんから><
そう思う自分が確実にいますねwww
2011/01/30(Sun) 20:18 | URL  | じゅんや #-[ 編集]
No title
現実ですね!Jリーグの観客動員が伸び悩んでいるのも継続して魅力を発揮できるコンテンツではない証拠ですね!

一時的に盛り上がってはトーンダウンすることの繰り返しでヨーロッパや南米のように「生活の一部」に昇格することがない限り難しいでしょう!
でもサッカー好きな人間が増えていることも感じています。特にブログをやってからは結構自分と同じ考えを持っている人がいることに気付かせてくれました^^

ただ、サッカーという競技自体少々閉鎖的であるのかなぁとも思っています(中々入っていきずらい?)
2011/01/30(Sun) 20:40 | URL  | junchang #-[ 編集]
こんばんは♪
優勝しましたねぇ。
リアルタイムでワーワー言いながら観ていました。
多分ご近所迷惑だったと思います。>v<
ロスタイムのフリーキック(って言うのかな?)の時に
ドーハの悲劇が脳裏をよぎりましたが、勝って良かったですね。

我が家では息子以外、観ていました。
娘は彼氏がサッカーをしていたので、感化されてサッカーファンになったようです。
そんなモンですね。(^^ゞ
息子は5~6歳頃、サッカー教室に通っていたのですが
興味なし・・・そんな感じです。>v<☆
2011/01/31(Mon) 00:05 | URL  | イチゴッチ #-[ 編集]
確かに・・・
岩氏の周りも、しかも同じサッカーをやっている人すら

『昨日の決勝寝ちゃったよw』

とか、

『あ、昨日決勝だったんだ』

って人います(笑)
普段サッカーやっている人間もこれですから、サッカーを知らない人達は尚更でしょうね。

でも、それはやっぱ日本自体がサッカー後進国ってのが一番なんでしょうね。

日本代表が強くなれば、自然とサッカーに興味を持つ人が増えていく気がしています。

そうなれば、自分らブロガーもやりがいがあるってもんですね。
2011/01/31(Mon) 00:10 | URL  | 岩氏 #-[ 編集]
どもー。
白面たんの気持ちすごくわかるよ!

何かやらかそうとか考えてんの~(笑)?
同じブロガーとして、手伝えることあるなら乗っかるで~
他にも手伝ってくれそうな人もいそうだしねb

2011/01/31(Mon) 00:42 | URL  | lemistzuck #-[ 編集]
No title
土曜日は新年会だったのですが、仕事柄、スポーツ好きばかりなので、サッカーの話題で盛り上がり、最後は宴会場をパブリックビューイングにと、酔った勢いで交渉する始末。当然、却下(笑)

サッカーに限らず、全てのスポーツを含む、所謂興行と呼ばれる業界全体で若年層の獲得というのが大変だそうですね。やっぱりゲームですか。ゲームというコンテンツに上回る魅力って何ですかね。取りあえず一度、生スタジアム観戦がいいと思うんですけど。

観客動員はアップして欲しいですね。各チーム努力してますよね。けれどもリーグが努力してないというか。確かにスカパーに対する遠慮は有りますけど、
土曜日の集中開催、早い時間のキックオフ。日曜日のナイターなんて動員を阻害してますもん。 
2011/01/31(Mon) 09:59 | URL  | KKGT-R #-[ 編集]
お詫びと訂正
いや~・・・帰ってきてからびっくりしたのですが(汗)
全員分お返事をしたためている時間がないので、手短に。

自分は何人にも

「何かを強制すること」

はしたくありません。
見たくもない人をひっ捕まえて見せる気は皆無、それどころかその対極にいる生き物ですw

代表戦でもそれは同じ。
むしろ、自分だって普段はあんまり熱心に見ない側に入るわけで(笑)

自分がやりたいことは、単純に

「それまでスポーツにほとんど興味関心なしだったような人達が、どんな形でもフットボールに興味を持ってもらえるようにするためにはどうすればいいのか? を考える」

こと、加えて

「新規層開拓の努力と取り組みは惜しんではいけない」

という点だけなのですね。

後日、改めて詳しいことは書き連ねると思います。
今週は昨日休出してたことでもおわかりの通り、とにかく徹底してスケジュールがあれでそれなので、いつ仕上がるかはわかりませんが(涙)

とりあえず体だけは壊さないよう気をつけて、踏ん張って、粘って戦って頑張ります!!w
2011/01/31(Mon) 23:00 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。