インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと思いました。
これ、「指揮官の今後」じゃなくて「フロントの動き」寸評になってる気が・・・(;´・ω・)

だが私は謝らない(`・ω・´;)
・・・いや、正確には謝ることぐらいはできるのですがorz

どちらにせよ今までみたく内容添削・精査してる暇がないんですもの(´Д⊂ヽ


さて白黒さん・・・ユヴェントスですが、一番判断が難しいクラブかと思います。
どちらに進むにも一長一短、メリットとデメリットがちょうど同じぐらい存在してると感じるからです。


デルネーリ個人の仕事について言えば、及第点の仕事はしていると思います。
けが人続出や負のサイクルにはまって、後半戦大失速で苦しんだものの、前半戦の戦いぶりは十分評価できるものでした。

あれだけ新しいメンバーが入ってきている中でチームを機能させるのは難しい。
にも関わらず、アクイラーニやクラシッチ、クアリアレッラを機能させ(個人技に頼るだけでも、その後のリスクマネジメントを行う形で一定以上機能させているとは言えると思うのです)・・・少なくとも昨季のビアンコネロにはなかった、規律と基盤を作ろうと励んでいたことは伝わってきました。

ただ、グッドな仕事をしてはいましたが、ベターorベストではなかった。そう結論付けられると思います。

逆境に陥った際、力尽くでも前進できるだけのものを生み出せる指揮官ではなかった。
今のチームにはデフォルトではそういう力がなく、それを後付で

植えつける

ことはできなかった、と言えると思います。
少なくとも、この一年の間はです。

彼を続投させる場合のメリットはまず、チームに「継続性」が発生することでしょう。

試行錯誤、理解に時間をかけなければならなかった今季と異なり、来季は最初から選手たちは皆、デルネーリのやりたいことを理解できている。
後はその完成度を高めていくだけの時間、余裕、戦力をチームに+αでどれだけ加えていけるか、という部分にテーマは集約されます。

一方デメリットは、「デルネーリの弱点・不安もそのまま残ってしまう」という所でしょうか。

改善するかもしれませんし、しないかもしれない。
その疑心暗鬼がフロントを、そして現場を、デルネーリ本人をも苦しめています。

同じシーズンを繰り返すのだけは御免だ――

そう感じたチームが、突如として混乱に陥る可能性はかなりある。
そのリスクと闘いながら、彼らは前に進んでいかなければなりません。


翻って、指揮官を解任、交代させてみた場合はどうでしょうか?

メリットは、“当たり”を引けば大々的に強くなれるチャンスがあること。
それこそマッツァーリと出会ったナポリ、レヤの手で再生したラツィオのようにです。

一方でデメリットは、当たり前のように今より悪くなる可能性があること。
そして、そこに継続性がまるで生まれないことです。


無視できないのは、前任のザッケローニと異なり、グルッポの選手たちから

デルネーリへの反発が見られないこと

。勿論チーム全体の中の何人か、冷遇組にはあるのでしょうが、それにしても基本的に結束しようとする姿勢は見える。

そうなると、チームにとって今年もまた監督が交代するということが、単なる“ショック”にしかならず、“ショック療法”にはなり得ないのです。

落として上げる。
上げて落とす。

物事を好転、あるいは暗転させる場合の基本中の基本、兵法の道理にそぐわない決定になるということです。

この場合、よほど後任の指揮官が完璧な人材でないとなりません。
付け焼刃で適当な人選を行えば、そのツケは来季もビアンコネロを蝕むこと請け合いなのです。



ちなみに自分なら、条件付きですがデルネーリ続投を基本に考えます。
彼のマネジメントの中で、うまくいった部分は来季もそのまま生かしてもらう。

一方で、うまくいかなかった部分の原因究明。
これをフロントと現場が二人三脚で、クラブ一丸となって話し合うべきです。

傍目から見ていて・・・ここ数年間のビアンコネロ。

勝者

になるには、決定的に全員に足りない部分がありました。
誰かではなく全員です。
一人ひとり、必ず誰かしら問題点がありました。

そこを例えばフロントが自分の責任回避のためにおざなりにし、
例えば指揮官が勇気を持って決断を下すことができなかったばかりに、
例えば選手たちが他人任せで各個に奮起できなかったりした。


その結果、ビアンコネロの今がある。


ここの反省と修正なくして、今後の発展はあり得ない。
場当たり的に指揮官の首をすげ替えて、フロントへの批判のスケープゴートにしている限り・・・
それこそ、2年前にラニエリを切って生贄にした時のように。

何度でも、何度でも同じ悪夢は繰り返される。
そんな気がしております。

どちらの道を選択するにしても、ね。。。。



・・・まぁ、インテリスタに心配させる筋合いでもないとは思うのですが。

自分はインテリスタである一方、純粋にカルチョの未来を憂う者でもありますので・・・
インテリスタ全体の中では少数ではあると思いますが、やはりユヴェントスにも最低限の強さは持ち得て欲しいのです。

勿論、せいぜいがCL出場権を確保しにくる、程度の強さに留まってくれるのがベストですけどね(苦笑)
また優勝争いの相手になる、あるいは本命になられたらたまったもんじゃない(-_-;)

今のように、イタリアダービーでだけやる気を出して、それ以外の試合をあっさり落としてしまうような。
そんなプロヴィンチャーレのような白黒さんは、見ていて怒りどころか、一種の憐憫すら感じるものでして。。。

自分はインテリスタとして若いファンです。
まだ強かった頃のユヴェントスを、知らないからこんな感想を抱くのかもしれません。


まあ・・・仮にユヴェンティーノの方がうちに来、現実を知らない、高見の何様意見と思われればそれも結構。
百も承知で書いております(^_^;)

それでも何らかのヒントが得られれば、あるいは何か考えるきっかけ、いっそ
「何この勘違い野郎www」
と嘲笑してストレス解消の対象にでもしていただければ。

一読いただけたご恩返しにはなるかと思い、自分としても本望なのであります。


お隣りの赤黒さんは、この度高らかに再出発を宣言致しました。

さて白黒さんは、如何されるおつもりでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑ 
なかなか更新できなくて申し訳ございません。
でも、この先しばらくは改善もないと思われますorz
時間・・・時間さえあればヽ(`Д´;)ノ 

こんな状態で恐縮ではございますが、それぞれ1クリックしていただけると、せめて継続のエネルギーになりますので・・・
どうか、よろしくお願いします。

【2011/05/15 22:57】 | カルチョなこと
トラックバック(0) |

はじめましt。株式会社リアルスタイルの野口と申します。
野口竜也
サイト管理者  様


はじめてコメントさせていただきます。
株式会社リアルスタイルの野口と申します。


メールの御連絡先を探させていただいたのですが、
見つけられず、やむを得ずこちらにコメントさせて
いただいた次第でございます。


弊社はスポーツ関係のDVD教材を作成し、
指導者又はプレイヤーに向けに
販売をさせていただいている会社です。


会社の詳細です。
⇒ http://www.real-style.co.jp/


今回、メールをさせていただきましたのは、
弊社で販売している教材を是非、


貴社のサイトもしくはメールマガジンで
ご紹介していただければと思った次第でございます。


弊社の教材をご紹介いただき
ご覧いただいた方が成約にいたりますと、


弊社より、成約一件あたりの販売報酬を
お渡しさせていただきたく思います。


販売報酬に関しまして、教材によって
報酬額が異なりますので、弊社のシステムにご登録後、
ご確認していただければと思います。


登録料などは一切かかりません。


もし、ご興味がございましたら、一度下記のメールアドレスに
『アフィリエイト登録の件』として下記のメールアドレスに
御連絡いただきましたら、後日、システム登録の手順を
ご返信させていただきます。

メールアドレス
info@real-style.co.jp


※土、日、祝日は営業しておりませんので、
 営業日にご連絡させていただきます。


ご多忙の中、最後までお目を通していただき
ありがとうございます。


ご不明な点などございましたら、お気軽に
御連絡いただければと思います。


=========================================================
株式会社 Real Style
〒635-0061 奈良県大和高田市礒野東1-10上田ビル5F
TEL: 0745-52-2544  FAX:0745-52-2455
Mail: info@real-style.co.jp
=========================================================

No title
junchang
デルネーリさんはもしかしたら戦略的には限界なのかもと印象を持っていました。
かつてキエーボヴェローナを躍進させた時のようなカリスマ性は未だ健在なのでしょうか?
DFと中盤にてラインにこだわる監督さんでしたから余程の連動が無ければ理想を実現することは難しいのでしょうか。(すいません昔のイメージで語っちゃってます^^)かつて無いほどイタリアきっての名門チームが迷走しちゃっている現状はもう暫く続きそうですね・・・・僕も少々寂しさを感じてしまいます。

Re: No title
白面
そうですね・・・サンプ時代にできていたことが、環境や時間の影響でできなくなっていますね。
チームが不満を抱えていない一方で、完全に掌握してコントロールもできていないというのが個人的な印象です。

このたび新監督にコンテ就任の動きがありますが、コラム内でも書いた通り問題点と解決策の反省・考案を行わない限り、来季もまたどこかで大きく躓いてしまう、という気がしています。

少なくとも2年前、ラニエリ一人のせいにして批判の矛先かわしに指揮官交代に踏み切ったフロントの動きは許し難いw
あれ以降、獲得する選手は当たり外れが大きく、チームも安定感に欠ける戦いを繰り返すようになりましたから。。。

文句なしにビアンコネロが手強くなれるのは、最近ではホームでのイタリアダービーぐらいなものです(苦笑)


名人
いよいよミランではピルロが退団するみたいです…噂ではユベントスが獲得交渉するのではと囁かれていると聞いたことがあります。

可能性としてはどうなのか…
オレは低いと考えてますが。

移籍市場が開かれるのは間もなくです。

Re: タイトルなし
白面
ピルロのユヴェントス行きは非常によく聞く噂ですし、個人的には

「多少のリスクを犯してでも獲れ。彼は絶対的な“本物”だ」

と言い切ります。
ぶっちゃけ手強くなること請け合いですが(苦笑)

ただ、歳そこそこに食ってる点と、ピルロ本人は海外への憧憬もかなり強そうなんですよね。
アトレティコ辺りは何年か、継続して噂も出てましたし(今はないと思いますがw)・・・

EUROの影響で来シーズンの開始が前倒しとは言え、長い長い夏が始まります。
しばらくは様子見に徹する構えですね(^_^;)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめましt。株式会社リアルスタイルの野口と申します。
サイト管理者  様


はじめてコメントさせていただきます。
株式会社リアルスタイルの野口と申します。


メールの御連絡先を探させていただいたのですが、
見つけられず、やむを得ずこちらにコメントさせて
いただいた次第でございます。


弊社はスポーツ関係のDVD教材を作成し、
指導者又はプレイヤーに向けに
販売をさせていただいている会社です。


会社の詳細です。
⇒ http://www.real-style.co.jp/


今回、メールをさせていただきましたのは、
弊社で販売している教材を是非、


貴社のサイトもしくはメールマガジンで
ご紹介していただければと思った次第でございます。


弊社の教材をご紹介いただき
ご覧いただいた方が成約にいたりますと、


弊社より、成約一件あたりの販売報酬を
お渡しさせていただきたく思います。


販売報酬に関しまして、教材によって
報酬額が異なりますので、弊社のシステムにご登録後、
ご確認していただければと思います。


登録料などは一切かかりません。


もし、ご興味がございましたら、一度下記のメールアドレスに
『アフィリエイト登録の件』として下記のメールアドレスに
御連絡いただきましたら、後日、システム登録の手順を
ご返信させていただきます。

メールアドレス
info@real-style.co.jp


※土、日、祝日は営業しておりませんので、
 営業日にご連絡させていただきます。


ご多忙の中、最後までお目を通していただき
ありがとうございます。


ご不明な点などございましたら、お気軽に
御連絡いただければと思います。


=========================================================
株式会社 Real Style
〒635-0061 奈良県大和高田市礒野東1-10上田ビル5F
TEL: 0745-52-2544  FAX:0745-52-2455
Mail: info@real-style.co.jp
=========================================================
2011/05/17(Tue) 14:11 | URL  | 野口竜也 #-[ 編集]
No title
デルネーリさんはもしかしたら戦略的には限界なのかもと印象を持っていました。
かつてキエーボヴェローナを躍進させた時のようなカリスマ性は未だ健在なのでしょうか?
DFと中盤にてラインにこだわる監督さんでしたから余程の連動が無ければ理想を実現することは難しいのでしょうか。(すいません昔のイメージで語っちゃってます^^)かつて無いほどイタリアきっての名門チームが迷走しちゃっている現状はもう暫く続きそうですね・・・・僕も少々寂しさを感じてしまいます。
2011/05/17(Tue) 21:14 | URL  | junchang #-[ 編集]
Re: No title
そうですね・・・サンプ時代にできていたことが、環境や時間の影響でできなくなっていますね。
チームが不満を抱えていない一方で、完全に掌握してコントロールもできていないというのが個人的な印象です。

このたび新監督にコンテ就任の動きがありますが、コラム内でも書いた通り問題点と解決策の反省・考案を行わない限り、来季もまたどこかで大きく躓いてしまう、という気がしています。

少なくとも2年前、ラニエリ一人のせいにして批判の矛先かわしに指揮官交代に踏み切ったフロントの動きは許し難いw
あれ以降、獲得する選手は当たり外れが大きく、チームも安定感に欠ける戦いを繰り返すようになりましたから。。。

文句なしにビアンコネロが手強くなれるのは、最近ではホームでのイタリアダービーぐらいなものです(苦笑)
2011/05/18(Wed) 22:44 | URL  | 白面 #-[ 編集]
いよいよミランではピルロが退団するみたいです…噂ではユベントスが獲得交渉するのではと囁かれていると聞いたことがあります。

可能性としてはどうなのか…
オレは低いと考えてますが。

移籍市場が開かれるのは間もなくです。
2011/05/19(Thu) 18:32 | URL  | 名人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ピルロのユヴェントス行きは非常によく聞く噂ですし、個人的には

「多少のリスクを犯してでも獲れ。彼は絶対的な“本物”だ」

と言い切ります。
ぶっちゃけ手強くなること請け合いですが(苦笑)

ただ、歳そこそこに食ってる点と、ピルロ本人は海外への憧憬もかなり強そうなんですよね。
アトレティコ辺りは何年か、継続して噂も出てましたし(今はないと思いますがw)・・・

EUROの影響で来シーズンの開始が前倒しとは言え、長い長い夏が始まります。
しばらくは様子見に徹する構えですね(^_^;)
2011/05/19(Thu) 22:31 | URL  | 白面 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。