インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり歯車がズレたまま、この2年間を無駄にしたなぁと感じる選手の筆頭が彼↓


ジエゴ君。
本名ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ・・・ヴォルフスブルク所属のジエゴです。


最初に味噌がついた、いや付きかけたのが2008-2009シーズン。
当時ブレーメン(ドイツ)にいた彼は、この年、五輪参加の影響でパフォーマンスを落とし、前半戦をほとんど働けないまま終えます。

しかもドイツでも有名な女性タレント――それもあまり評判のよくない――とのスキャンダルが発覚したりと、ピッチ内外でよろしくない印象を残しました。
チームはCLでさして厳しくないグループから敗退してしまうなど(ちなみにインテルはそんなグループ内でも2位通過。なんというご縁(^_^;))、まさに踏んだり蹴ったりでした。

しかし後半戦は一念発起、EL躍進の原動力となっただけでなくリーグ戦でも大活躍。
巻き返しの切り札として存分に活躍しました。


で、迎えた2009-2010シーズン。
イタリアの名門、前回もご紹介したユヴェントスに移籍してきたわけですが・・・

最初の数試合を除いて、これが見事なまでに機能しない(´Д⊂ヽ

その才能に疑いの余地はないのですが・・・

そもそも彼のスタイルがユヴェントスの陣容に合致しているとは言い難かったこと、カルチョへの適合に苦しんだこと、クラブそのものの混乱に巻き込まれてともう散々です。

結局移籍金、2450万€分の価値をまったく示すことができないまま、白黒さんはヴォルフスブルクへ売却を決意。
またぞろドイツへ出戻ることになります。
前任、後任の指揮官たちが口を揃えて「残すべき」と言ってるのに、フロントが強行に売却に踏み切った背景には、他の選手の移籍金捻出のためだけでなく、本人の素行・グルッポ内での確執があったと睨んでいますが・・・真相はわかりません。


こうして迎えた今シーズン、2010-2011はもう言わずもがなorz

そもそも移籍が決まった第一印象が、

お世辞にもヴォルフスブルクのスタイルに合ってる選手とは言い難いなぁ・・・

しかもこの急転直下で加入が決まって、マクラーレン(当時の指揮官。後に成績不振により解任)どうするんだろ?
今からジエゴ・システム創り上げるのは至難の業ぞ(-_-;)


と思っていた結果が・・・ご存知の通りのチーム大低迷でしてorz

で、マガトが復帰してからは予想通りと言うか、チームの1stチョイスではなくなっていきます。

【BEFORE】
ジエゴ:「降格したとしても残留する(キリッ)」
  ⇓
【AFTER】
ジエゴ、1年でヴォルフスを離れる?
ジエゴはやはり移籍へ


・・・・・・

はぁ~・・・(溜め息)orz


・・・夏にもし某即売会の申し込み受かったら、また一冊したためる予定なんですが・・・
その時のラインナップに、ムンタリさんやクアレスマと並んで、ジエゴも取り上げるべきかなぁ(´・ω・`)?

と考えてしまいます。
そのぐらい、才能の浪費をやってしまってる選手です。
本当にやるべきことをすべてちゃんとやっていれば、もっと遙かに大きなクラブでも活躍できるタレントは持っているのにorz


とりあえず、今回は雑感につきざっくばらんに言うと。

・まず行くクラブを選びなさい
お金も大事だけど、それ以上に行って自分が活躍できそうな陣容、マネジメントをやってるクラブを見極めなさい。

・それからグルッポの結束をもっと大事にしなさい
あなたは周りからお膳立てされればされるほど輝くタイプなんだから、そのためにピッチ内外で尽力しないと駄目です。
特にエゴイストが集まる、メガクラブになればなるほど・・・ね。

・でもってもうちょっと節制しなさい。いや本当にorz
元々フィジカルが強靭とは言い難いんだから・・・そこはもう少し、コンディション向上&維持のために頑張るべきですよ?

古人(いや、ジョゼのことなんだけどw)曰く、

サネッティやフィーゴ、クレスポの半分の努力をするだけでも超一流になれる

、あなたはそういうタレントです。
明らかに今は努力不足が眼に見えてます。体重いもの。

・最後に・・・
理不尽なことがあっても、プレーのクオリティ以前にまず、プロとして最低限やるべきことは守りなさい

こんなこと

はね・・・
例え誇りを傷つけられたとしても、やってしまったらあなた自身の評価も、築き上げてきた財産も、何もかもぶち壊しにしてしまう行為ですよ?

わがままな子供とやってることは変わりません。
そんな理不尽な振る舞いをしている間は、どれだけ他のことを頑張っても超ワールドクラスにはなれないもんです。


ふう・・・

このままブラジルへ帰国して、トップフォームを取り戻したとしても、結局欧州で成功できない限り、本物の超一流とは認められない――

ダレッサンドロ辺りと同じ道を行くのか・・・?
ジエゴよ?

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑ 
なかなか更新できなくて申し訳ございません。
でも、この先しばらくは改善もないと思われますorz
時間・・・時間さえあればヽ(`Д´;)ノ 

こんな状態で恐縮ではございますが、それぞれ1クリックしていただけると、せめて継続のエネルギーになりますので・・・
どうか、よろしくお願いします。

【2011/05/19 22:10】 | その他特定選手に関すること
トラックバック(0) |

ブレーメン。
エリトナン
ジエゴ選手は、ブレーメンだったのだ!

ということは、エジルと一緒だったのだ!(゚◇゚ノ)ノオオゥ
同じピッチに立っていたのですね。

一流の才能を持っているのに、それを発揮できないとは、
いろんなことわざが思い浮かぶのですが。。。

才能にあった活躍をお願いしたいです。
もったいないもん!o(`・д・´)oガンバレー !!

ふふふ・・・
岩氏
全くもって同感w

才能と個性が見事に共存できてない選手の代表格ですなジエゴは。


こういう癖のある選手は先ずはチーム選びからですね。王様なら王様らしく王様として扱ってくれるチームに行かんと。

一時のブレーメン時代のクオリティ見せたら、誰だってジエゴの才能に酔いしれてしまいますからのぉ。ホホホ・・・


少なくともマガト配下じゃ無理ですなw

No title
junchang
ブラジルらしい選手ってことなんですかね・・・・奔放なところとか、押さえが利かない所とか^^
ブラジル人はやっぱりリオのカーニバルが気になるとか^^

ブレーメンでは変えの効かない選手だったのに増長してしまいましたかね・・・・残念!

コメントごちになります
白面
>エリトナンさん

と言うより、文字通りジエゴの背中を見て育ったのがエジルです。
ジエゴの後釜、穴を埋めるのに最適なプレーメーカーの才能を探し続けたブレーメンが発掘した、ジエゴ以上の才能がエジルだった――と考えるとわかりやすいですねw

かたや天下のRマドリードで主力に、かたや流浪の民に・・・(´・ω・`)

好きな選手なので一念発起して欲しいところでございます。

>岩氏さん

本人がまず、自分がいかにクセの強い選手かを自覚しないと(-_-;)
で、その上で自分を最も生かせる環境を探す、っていう生き方しないと活躍できない典型みたいなタイプなのですよ(´・ω・`)

同じミスをしてるのは、例えば浦和に移籍した高原。
もっと陣容を見て、自分に居場所があるのか、自分が活躍できそうな条件が揃ってるかを考えてチームは選びましょう・・・って。
勿体無いことこの上なかったですばい、高原の凋落っぷりはorz

>junchangさん

南米系の選手には、結構な数がいますからね・・・環境の変化に適合できずに苦しむタイプが。
ダレッサンドロ然り、ケイリソン然り・・・
ジエゴは彼らほどではないにせよ、欧州の超第一線でやっていくには何かが足りない、そんなタイプと思います。

驕っているのか、それとも連携不足なのか、指揮官の使い方が悪いのか・・・
多分そのどれもが、少しずつ重なりあった結果、今のようになっているんだと個人的には解釈しています。

これほどの選手となるとそう安い金額では獲得できないので、手を出せるクラブは限られる。
中東マネーか、あるいはロシアの資源マネーか・・・

どちらにせよ、今夏注目の銘柄のひとつにはなってくるのではないでしょうか。

逆に・・・ほんとうの意味で注目してもらえるのは、今夏が最後のチャンスかもしれない、とも思いますが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ブレーメン。
ジエゴ選手は、ブレーメンだったのだ!

ということは、エジルと一緒だったのだ!(゚◇゚ノ)ノオオゥ
同じピッチに立っていたのですね。

一流の才能を持っているのに、それを発揮できないとは、
いろんなことわざが思い浮かぶのですが。。。

才能にあった活躍をお願いしたいです。
もったいないもん!o(`・д・´)oガンバレー !!
2011/05/20(Fri) 02:10 | URL  | エリトナン #-[ 編集]
ふふふ・・・
全くもって同感w

才能と個性が見事に共存できてない選手の代表格ですなジエゴは。


こういう癖のある選手は先ずはチーム選びからですね。王様なら王様らしく王様として扱ってくれるチームに行かんと。

一時のブレーメン時代のクオリティ見せたら、誰だってジエゴの才能に酔いしれてしまいますからのぉ。ホホホ・・・


少なくともマガト配下じゃ無理ですなw
2011/05/20(Fri) 10:16 | URL  | 岩氏 #-[ 編集]
No title
ブラジルらしい選手ってことなんですかね・・・・奔放なところとか、押さえが利かない所とか^^
ブラジル人はやっぱりリオのカーニバルが気になるとか^^

ブレーメンでは変えの効かない選手だったのに増長してしまいましたかね・・・・残念!
2011/05/20(Fri) 22:46 | URL  | junchang #-[ 編集]
コメントごちになります
>エリトナンさん

と言うより、文字通りジエゴの背中を見て育ったのがエジルです。
ジエゴの後釜、穴を埋めるのに最適なプレーメーカーの才能を探し続けたブレーメンが発掘した、ジエゴ以上の才能がエジルだった――と考えるとわかりやすいですねw

かたや天下のRマドリードで主力に、かたや流浪の民に・・・(´・ω・`)

好きな選手なので一念発起して欲しいところでございます。

>岩氏さん

本人がまず、自分がいかにクセの強い選手かを自覚しないと(-_-;)
で、その上で自分を最も生かせる環境を探す、っていう生き方しないと活躍できない典型みたいなタイプなのですよ(´・ω・`)

同じミスをしてるのは、例えば浦和に移籍した高原。
もっと陣容を見て、自分に居場所があるのか、自分が活躍できそうな条件が揃ってるかを考えてチームは選びましょう・・・って。
勿体無いことこの上なかったですばい、高原の凋落っぷりはorz

>junchangさん

南米系の選手には、結構な数がいますからね・・・環境の変化に適合できずに苦しむタイプが。
ダレッサンドロ然り、ケイリソン然り・・・
ジエゴは彼らほどではないにせよ、欧州の超第一線でやっていくには何かが足りない、そんなタイプと思います。

驕っているのか、それとも連携不足なのか、指揮官の使い方が悪いのか・・・
多分そのどれもが、少しずつ重なりあった結果、今のようになっているんだと個人的には解釈しています。

これほどの選手となるとそう安い金額では獲得できないので、手を出せるクラブは限られる。
中東マネーか、あるいはロシアの資源マネーか・・・

どちらにせよ、今夏注目の銘柄のひとつにはなってくるのではないでしょうか。

逆に・・・ほんとうの意味で注目してもらえるのは、今夏が最後のチャンスかもしれない、とも思いますが。
2011/05/21(Sat) 13:53 | URL  | 白面 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。