インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我らがモラ様が、実にわかりやすく意思表示をしてくれました。

神は言っている、

3-4-3にこだわるのをやめて、よりカルチョのスタンダードに逆らわないシステムにしなさい

と。



メルカートの動きと、モラ様のここ最近の発言が端的に語っています。


・赤字解消に向けてコストカットなう


これはともかくとして、


・目に見えてカットインタイプのサイドアタッカーが不足なのに、まるで獲得しようとしない&既存戦力の中では適性が高いはずのパンデフを放出
アルバレスは元々中盤が本職、動きを見る限りどう考えてもFWじゃない



・エトーの後釜に据えたのが、よりにもよって典型的な2トップ仕様のフォルラン(32)。ちょっと待て、3トップにしようと思ったらCFが3人もいるんだが・・・?
しかも全員レギュラークラスなんだが・・・



・スナイデル残留。兎にも角にもどうやっても、ガスペリーニの既存システムには合致しない選手を囲い込み


・「パッツィーニはできる子、使うべき」みたいな発言を早速しでかす


などなど・・・
結局指揮官に与えられた、最適解の駒はサラテぐらい。
ポーリは即戦力というより今後への先行投資&博打の意味合いが強く、ジョナタン、アルバレスと、他の獲得選手も何かと博打だらけという・・・w


正直、今のモラ様はだいぶ以前のモラ様に戻ったのかな、という気がしています(苦笑)


昨年オフ、モウリーニョ退陣のショックで茫然自失の間に、ブランカが取りまとめたベニテス就任
このパッカくん似の知将を鼻から信用せず、新鮮力を一切与えず解任。
その後自分好みの選手をレオナルドに与えて2位まで持ち直したことで、すっかり謎の自信を回復

させたと、まぁだいたいそういう状態かと思います。

FFPの縛りさえなければ、より自分の好みに則したオフを満喫していたことでしょう(苦笑)


ガスペリーニは難しい舵取りを迫られることになりました。
Qolyさんのコラムでも書きましたが、

純正3-4-3を貫くのか?

新生3-4-3、あるいは他のシステムにシフトチェンジするのか?

ひとつ注目していきたいところです。




とりあえず、今シーズンのインテルを現時点で形容するとすれば、


鬼が出るか蛇が出るか


。これ以上の言葉はありますまいw

愉しみです。

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑ 
日々の励みになります。
何故かというとこのランキング、一人でも多くの方に読んでもらえるきっかけになるからでして――

1日1クリック、いただけますと幸いです。

【2011/09/02 23:58】 | インテルなこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。