インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル 0 - 1 トラブゾンスポル

とりあえず雑感だけでも。


・ガスプの3トップ(or1トップ+ウイング)好きはやはり筋金入りだった
・若手好きも本物だった
・4バックにするだけしたが肝心のトップ下(スナ)の能力を最大限発揮できるシステムじゃないので余計にひどくなった
・観客少なすぎ
・審判、ホームゲームなのに厳しすぎ(スタンドあれだけ少なきゃそうなるよな・・・)
・決定的3回決めきれなきゃこうもなう



こんなとこでしょうか。


とりあえずひどいです。本格的に悲惨ですw
前回の方が攻撃の機能性だけはまだ保たれてましたが、今回はそれすら・・・


CLの常として、アウェーゴールが恐くても相手にかかるプレッシャーの強烈なホームゲームでアグレッシブにいかなければ、何かにつけて手痛い結果が出がちになる・・・という傾向があります。

今回ガスペリーニが犯してしまった過ちはまさにそれ。
この試合こそグイグイ押し込んでやるべきで、前戦のパレルモ戦はアウェーゲームなことを念頭に置いて戦うのが上策でした。

そこを見誤ったつけ払いは高くついた、という印象ですね・・・


とりあえず、即時ミーティングの招集と話し合いは徹底して行う必要があります。
選手は


この監督じゃダメだ・・・


と本気で疑ってかかり始めている。
昨季もそうでしたが、何かにつけ謙虚さを失いがちなインテルだけに、この点は即時修正が必要です。

戦術以上に戦略が破綻しかかってる今、ガスプは一端自分の得意分野の戦術的なアプローチを考える以上に、まず人間vs人間のことを考えなければなりません。


フットボールはメンタルスポーツ。
選手に

ああ、考え方の違いはあるかもしれないが、こいつは悪い男ではないんだ

と思わせない限り、またぞろ選手の“ボイコット”が起こること請け合いですよ!


ローマ戦は急遽、どこかの店ででも確実に観戦すべきかと考え始めています。
この試合の内容と終え方次第で、確実にガスペリーニの首が飛ぶでしょう。

<了>

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑ 
日々の励みになります。
何故かというとこのランキング、一人でも多くの方に読んでもらえるきっかけになるからでして――

1日1クリック、いただけますと幸いです。

【2011/09/15 06:50】 | インテルなこと
トラックバック(0) |

No title
ガッピル
ハイライト観て勝手に2トップに戻したと勘違いしてたんですが3トップだったんですか?4-3-3でやったのかな。
ミリートの決定機はもったいなかったですね。あとスナイデルが再三いい位置のFKを外してましたのも気になります。メンタル的に良い状態じゃないんですかね。

ビッククラブはある程度選手に発言力がありますからなかなか難しいですね。
特に大胆な路線変更する時は。それ相応の理由がないと選手も納得しないでしょうし。

No title
白面
>ガッピルさん

自分の見立てだと3トップでスナ、サラテ、パッツィーニに見えたんですが(スナが左に流れる局面が多すぎただけかもしれませんが(-_-;))・・・
どちらにせよまるで咬み合ってませんでした!w

詳しくは次回コラムご覧ください(´・ω:;.:...
まったくつかれ果てていますorz

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
ハイライト観て勝手に2トップに戻したと勘違いしてたんですが3トップだったんですか?4-3-3でやったのかな。
ミリートの決定機はもったいなかったですね。あとスナイデルが再三いい位置のFKを外してましたのも気になります。メンタル的に良い状態じゃないんですかね。

ビッククラブはある程度選手に発言力がありますからなかなか難しいですね。
特に大胆な路線変更する時は。それ相応の理由がないと選手も納得しないでしょうし。
2011/09/15(Thu) 23:36 | URL  | ガッピル #-[ 編集]
No title
>ガッピルさん

自分の見立てだと3トップでスナ、サラテ、パッツィーニに見えたんですが(スナが左に流れる局面が多すぎただけかもしれませんが(-_-;))・・・
どちらにせよまるで咬み合ってませんでした!w

詳しくは次回コラムご覧ください(´・ω:;.:...
まったくつかれ果てていますorz
2011/09/17(Sat) 11:40 | URL  | 白面 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。