インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イングランド代表新監督はホジソンに決定

ルイ・ホジソンが、イングランド代表監督に内定した。
大本命と見られていた、ハリー・レドナップ(現トットナム)へのオファーは"見送られた"形である。

見送られた、という表現を用いたのは、これまでFAがレドナップへの興味を隠さなかったこと、ホジソンが目に見えて本命ではない選択=誰もが納得できる人選ではないこと、+α……といったところか。
ホジソンのファンですら驚きを隠さない、急転直下の人事だった。

それにしても何故イングランドフットボール協会は、レドナップへのオファーを回避したのか?
理由は大きく2つ考えられる。

ひとつは、このほど行われたレドナップに対する裁判の問題。
※→ハリー・レドナップ 脱税疑惑裁判で無罪判決
無罪判決を勝ち取ったにしろ、そも「裁判の対象となった」だけで、人々の心にある種の苔が張り付き、眼鏡に色が加わるのは道理である。過去幾度となく、重要な大会直前のスキャンダルで自滅を繰り返してきたイングランド代表にとって、これは見過ごせない瑕疵だ。

また、トットナム側の抵抗と、それに伴うオファーの引き上げ。
レドナップの下でここ数年のサイクルを築き上げてきたスパーズが、そうやすやすと彼の引き抜きを許すはずはない。副次的に、FAがレドナップ自身に支払うサラリーも、それなりの額に引き上げなければならなくなる。カペッロに極めて高額な給金を支払い続け、財布の中身が幾分以上にさびしくなっていたFAにとっては、看過できない問題だろう。

結局こうして今回は話が流れたわけだが、この件で最も損害を被ったのはスパーズで間違いない。

事実、レドナップの周辺で代表監督就任が、あたかも既定事項であるかのような報道が繰り返された年明け以降、チームはずるずると調子を落とし、優勝争いからも脱落してしまった。
加えて、スリーライオンズの指揮官候補という最高級のお膳立てが整った以上、今度契約延長交渉時にレドナップへ支払うサラリーの大幅な高騰は避けられない。延長を打診=複数年オファーが決定的な状況だけに、少なくない支出を余儀なくされることとなる。

最も頭が痛いのは、そうまでしてなお、レドナップ引き抜きの可能性が消えるわけではないということだ。

カペッロ就任時にイングランド代表、ないし国全体に広がった、

代表指揮官は、母国の出身者でなければならない

という風潮を考えれば――
仮にホジソンがEURO2012、グループリーグで敗退でもすれば、瞬く間にメディアの批判は対岸まで燃やし尽くす大火事となり、すぐさま後任探しに着手せざるを得なくなる。
そうなった時に、再びハリー・レドナップの名が取り沙汰されるのは必至だろう。


この際最も困るのは、宙ぶらりんの状態でチームが揺さぶられ続けることに他ならない。

仮にレドナップがスパーズと契約を延長しても、代表監督の話題が出る度にチームの周辺が騒がしくなるのでは、結局オファーを“受けざるを得ない”空気が出来上がる。
そして結論が完璧に出るまで――断るにしろ、受け入れるにしろ――延々とこの種の話題は続くのだ。
クラブ関係者、スパーズサポーターはたまったものではない。

ホジソンの招聘は、最悪の場合

レドナップを2014年ワールドカップ前に、イングランド代表監督の座まで引きずり出す

ための足がかりに、結果的になってしまいかねない危うい人選と言える。
カリスマ性、実績、何をとってもホジソンが最適任者でないことは明らかだからだ。

回り道をした末に、結局スパーズが得られるものは損失だけでは、あまりにもやり切れない。


結局、ホジソンが代表監督として成功を収めてくれるか、あるいはレドナップのスパーズでの仕事に終止符が打たれる以外に、今後もスパーズはこの問題に頭を悩まされることになる。


これまで以上にイングランド代表の動向、注意深く見守っていきたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ 
   ↑  ↑ 
1日1クリックいただけますと嬉しいです。よろしくお願いします。

【2012/05/01 23:53】 | 他国リーグや各種協会・組織なこと
トラックバック(0) |


junchang
イングランドは特に代表監督には清廉潔白を求めますからね~^^(なにしろ紳士の国ですから^^)

エリクソンから始まった国外の監督招聘は結局失敗しちゃった感強いですからね~

イングランドはプレミアリーグをもっと大胆に改革でもしない限りは代表が何かの大会で優勝することは無いでしょう・・・・

Re: タイトルなし
白面
同感です。
加えて国際大会間近に、スキャンダルですべてぶち壊しにする悪癖もなんとかすべきですw

あれはもう、国内外のどこぞのスパイが、タイミング見計らって妨害工作してるとしか思えないレベル……
スパイ大作戦なお国柄なだけありますね(^_^;)

育成方法含めて、まだまだ英国の課題は山積してるように感じられます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
イングランドは特に代表監督には清廉潔白を求めますからね~^^(なにしろ紳士の国ですから^^)

エリクソンから始まった国外の監督招聘は結局失敗しちゃった感強いですからね~

イングランドはプレミアリーグをもっと大胆に改革でもしない限りは代表が何かの大会で優勝することは無いでしょう・・・・
2012/05/02(Wed) 00:12 | URL  | junchang #-[ 編集]
Re: タイトルなし
同感です。
加えて国際大会間近に、スキャンダルですべてぶち壊しにする悪癖もなんとかすべきですw

あれはもう、国内外のどこぞのスパイが、タイミング見計らって妨害工作してるとしか思えないレベル……
スパイ大作戦なお国柄なだけありますね(^_^;)

育成方法含めて、まだまだ英国の課題は山積してるように感じられます。
2012/05/06(Sun) 01:49 | URL  | 白面 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。