インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎フロンターレ → 敗
トットナム・ホットスパーズ → 敗
レアル・マドリード → 分
インテル・ミラノ → 敗

・・・うん。
昨日今日は、というか先週はそういう週だったようです。

特に後半47分、ロスタイムに失点で負けたインテルは辛い(T T)
6時起床時に経過見て、後半45分の時点で0-0になってたんですよ。意識が朦朧としてたんでそのまま寝て、2時間ほど経ってから起きてみれば・・・
フラグ立てちゃいました。すみませんきっと自分のせいですorz

へこんだ~

しかも相手がローマとくればダメージ倍増・・・
試合を直接見れていないのでなんとも言えませんが、毎回やられているヴチニッチのゴールっていうのも気になります。


・・・まあ、先程割り切りは完了しましたが。ネガティブなことは、延々と引きずってもメリット少ないですしw
モウ曰く

「少女のようにいつまでもメソメソしているんじゃない」

です(笑)

さっさと切り替えて、ついでに今後の課題でも探して修正する方が大切ですよね。サッカー以外のことでもここは同じw
失敗は成功の友――さくっと今日から再始動しよっと。


それにしても・・・こういう時、Twitterあるといいなぁと思います。
今までノータッチだったけど、ここらで始めてみるのもいいかもしれません。

使い方と勝手がわからず、今まで敬遠していたんですが・・・こういう時に使うものでいいんかな?

【2010/09/26 09:14】 | インテルなこと
トラックバック(0) |

No title
Birkin
こんにちわ!

インテルやらかしちゃいましたね...


「少女のようにいつまでもメソメソしているんじゃない」
モウってモウリーニョのことですよね。モウリーニョならいいそう...

ローマに負けたとはいえ、まだインテルは単独首位ですから大丈夫ですよ。キエーヴォとブレシアが危険ですが...

No title
白面
>Birkinさん
いらっしゃいー!
わざわざコメントありがとうございます。こんな寂れたblogにw

確かに

「一番大事な試合の一つでやっちまったー!orz」

感はありますが、一方でどこか昨シーズンに比べて覇気が感じられない選手たちが、頭のネジを巻き直すにはいい機会と思っています。

ムンタリの出番も増えてきつつあることは、数少ない収穫です(笑)
モウ時代に比べて、ラファは個々の選手にそれぞれ独自の役割を求める傾向が強い分、頭が混乱しなくて済むんじゃないかな・・・?と思っていたり。
ムンタリの個性は、やることがより明確になっていた方が生きる気がするんです。
以前プレミアで大活躍できていた理由の一端がそれじゃないかな、と自分は思うのですよ。

はい、モウリーニョの名言シリーズのうちの一つです(笑)

彼がまだポルトガル国内、スーペルリーガで指揮を取ってた頃だったかな・・・
あることがきっかけで選手に雷を落としたモウが、次の日意気消沈しておそるおそる練習場にやって来た選手たちに

「いつまで下を向いているんだ?ちょっと怒られたぐらいで、少女のようにしょげているんじゃないw」

・・・なんて風に言ったことがあるそうです。
彼流の叱咤ですね(^ー^)

まだまだカンピオナートはこれから。
敗戦の原因はしっかり分析・修正して、次の試合に頭を切り替えてくれれば他に言うことはありません。

それにミランやローマ、ユヴェントスが強くないセリエAは面白くない。
インテルを含めてこの4チームが最後までスクデットを争い、しのぎを削ってくれるぐらいにならないと、なかなかイタリアサッカーが国際的な競争力を取り戻してくれませんから(`・ω・´)

対インテルだけ頑張らずに、ちゃんと他チーム相手にも働きなよ・・・?

それだけは今回やってくれた、ローマには言っておきたいですけどねw

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちわ!

インテルやらかしちゃいましたね...


「少女のようにいつまでもメソメソしているんじゃない」
モウってモウリーニョのことですよね。モウリーニョならいいそう...

ローマに負けたとはいえ、まだインテルは単独首位ですから大丈夫ですよ。キエーヴォとブレシアが危険ですが...
2010/09/26(Sun) 11:24 | URL  | Birkin #-[ 編集]
No title
>Birkinさん
いらっしゃいー!
わざわざコメントありがとうございます。こんな寂れたblogにw

確かに

「一番大事な試合の一つでやっちまったー!orz」

感はありますが、一方でどこか昨シーズンに比べて覇気が感じられない選手たちが、頭のネジを巻き直すにはいい機会と思っています。

ムンタリの出番も増えてきつつあることは、数少ない収穫です(笑)
モウ時代に比べて、ラファは個々の選手にそれぞれ独自の役割を求める傾向が強い分、頭が混乱しなくて済むんじゃないかな・・・?と思っていたり。
ムンタリの個性は、やることがより明確になっていた方が生きる気がするんです。
以前プレミアで大活躍できていた理由の一端がそれじゃないかな、と自分は思うのですよ。

はい、モウリーニョの名言シリーズのうちの一つです(笑)

彼がまだポルトガル国内、スーペルリーガで指揮を取ってた頃だったかな・・・
あることがきっかけで選手に雷を落としたモウが、次の日意気消沈しておそるおそる練習場にやって来た選手たちに

「いつまで下を向いているんだ?ちょっと怒られたぐらいで、少女のようにしょげているんじゃないw」

・・・なんて風に言ったことがあるそうです。
彼流の叱咤ですね(^ー^)

まだまだカンピオナートはこれから。
敗戦の原因はしっかり分析・修正して、次の試合に頭を切り替えてくれれば他に言うことはありません。

それにミランやローマ、ユヴェントスが強くないセリエAは面白くない。
インテルを含めてこの4チームが最後までスクデットを争い、しのぎを削ってくれるぐらいにならないと、なかなかイタリアサッカーが国際的な競争力を取り戻してくれませんから(`・ω・´)

対インテルだけ頑張らずに、ちゃんと他チーム相手にも働きなよ・・・?

それだけは今回やってくれた、ローマには言っておきたいですけどねw
2010/09/26(Sun) 17:51 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/28(Tue) 19:53 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。