インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい、タイトルの通りです。

すっかり出るのが遅れて、既に忘れ去った方も多いのではないかという『長友志2』。
実は、1ヶ月以上前に電子書籍化は済んでいたということが発覚しました。
とりあえず画像クリックで電子書籍販売のページに飛びます。


…………まず言わせてください。

長らくお待たせしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

何件も問い合わせをいただいていたのに。何人もの方が話題のネタに挙げていただいていたのに。
今はとにかく悔しいというか、遣る瀬無いというか……感情に振り回されております。

何故こんなことが起こったのかと言いますと、委託先の販売形態の問題とAppleらの怠慢、自分の不注意が重なりあった結果だったりします。
以下がその内訳です。

①1月、焦れた白面が「いつになったら開始するんですか…?」と委託先を問い詰める。委託先、「後はAppleからの確認サインだけだからもう少し待て」と言う。

②2月前半。まだ始まらない。白面イライラ。問い合わせるも委託先まだと言う。

③2月中盤。まるで始まらない。いよいよ業を煮やした白面、委託先にストレートに文句を言う。委託先それでもまだという。
曰く「Appleの審査が全然進んでいない。自分たちにはあっちの事情はわからないから、出るのが遅れてるんだ。どうしようもない」と伝えてくる。

④2月後半。いい加減にしろと、とうとう白面爆発
委託先、慌てて謝罪しつつ、ようやく詳細について調査報告し出す。その結果

実は電子書籍化は1月中に済んでいて、サイト専用アプリで観られないだけで、通常の購入は可能な状態になっていた

ことが発覚。
報告が遅れたのは、

Appleの審査が通った時点で、作者側の作品管理画面のステータスが「販売中」になり、メールが届くシステムになっていたため

という説明がなされる。

…………悔しいです。
こんなくだらない理由で、一ヶ月以上も発表が遅れ、読者の皆様やゲストライターの方々ほか、たくさんの人に迷惑をかけてしまったこと然り。
一番いい時期に、世に作品を公開できなかったこと然り。
一度でも作者用ではなく、読者用販売フォームに入って、「長友」の二文字を検索にかけてみていれば、こんなことにはなっていなかったこと然り――です。

せめて二度と自分のような思いをするサークルさんが出てこないよう、現在も委託先とはやり取りを続けています。

今後もこちらのサイトに委託するかどうかは、その結果を見てからということにしたいです。
あまりにも多くのストレスと、実質的な損害を受け過ぎました……

よりによって長友の負傷欠場が最低でも1ヶ月以上という、非常に心が苦しくなるタイミングで、残念な形での報告となってしまいましたが、とにかく電子書籍の販売は正式に開始致しました。

今後ともサークル『きつねの処』共々、長友佑都をよろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑ 
1日1クリックいただけますと、管理人のやる気スイッチに火が灯ります。
何卒ご協力、よろしくお願いします。

【2013/03/02 07:13】 | 出版
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。