インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日の大宮戦(ナビスコカップ予選)で、ふと気付いたことがある。

平日観戦は、これはこれで不思議な味があるということだ。 

水曜日の晩、等々力競技場。人もまばらな一番安い自由席の一つに、18:45頃に座った。
後から来ても試合全体が見やすい席に、ゆうゆうと座れる。
土日じゃ考えられない。席詰め隊(※川崎フロンターレが、試合開始前にすべての観客が座れるよう行なっている、空席整理スタッフのこと)も実に暇そうだ。

土日と違うのは、席の状況だけじゃない。
スタジアムの雰囲気が、なんともゆるっぽいのである。

これがまた悪くない。
普段の勝利のため、全力で応援!……な雰囲気も、勿論サッカーの醍醐味ではあるのだが、やれ観客の一人が

中沢ー!行けー!!決めろー!!!

と、セットプレーの度に大きな声を出していたり。
齢50になろうかなるまいか、といった感じの男性2人組が、

関さんの頃はねぇ……

だとか、

20年前に、ヴェルディが川崎からいなくなって、別のチームしか残ってないなんて自分に言っても信じないだろうww

など、20周年のノスタルジーに浸りながら、ビール片手に談笑する。
そのくせ、試合の勝負どころではグラウンドに熱い視線を送り、プレーに一喜一憂する辺りが流石なのだが。


なんというか、平日のナビスコは、純粋に観戦を楽しめやすいのかもしれない。

応援に夢中になり過ぎない。
つまみ片手、ビール片手で楽しんでいい。
友達、恋人、家族と談笑しながらでいい。

平日の晩、明日も仕事や学校がある中、毎日よりちょっと特別な夜の楽しみ方。

気を張りすぎては、休みまで保たない。
でも、せっかくスタジアムまで来たからには、精一杯楽しまなければ損ではないか。

カップ戦の予選や1~2回戦の類は、TVで観ても

なんだおい、リーグ戦よりメンバー落としてる上に、なんかチグハグで微妙だぞ……たらたら走ってんじゃねーよ

的なストレスを感じる方も、少なくないのではないだろうか。
しかし、現地で見ればわかる。

それは違う。
一人ひとりをじっくり追ってみれば、頑張ってる選手は本当に一生懸命走っているし、ボールをロストすればすぐに相手にプレスをかけるし、チャンスを活かそうと必死にやっている。

勿論たらたらしたプレーを見せる輩もいるが、平日観戦こそ周囲に気を遣わず、容赦無いブーイングを浴びせるチャンスである。

大きな声をあげてもいい。
独断と偏見で語り合ってもいい。

大集団に、周りに、ある意味

クラブを応援すること
スタジアムと一体化すること

を多かれ少なかれ強要される、大観衆の試合とは、まったく別の味わいがある。
自分なりの楽しみを、思う存分好き勝手にやれる。
そういう魅力があるのだ。

カウンターに3~4組しか座れないくせに、いつも空席があって、そのくせ出てくる料理は悪くない……
そんなちょいと小癪な飲み屋に、どこか近しい楽しみがある。


特にサッカーを普段見ない人、スタジアム観戦の敷居が高くてなかなか踏み切れないでいる人……
そういう人を誘うなら、平日観戦を楽しまない手はないな。

そんなことを感じた一夜だった。


※ちなみに試合そのものは、川崎側は勝てば予選突破の芽が残る状況なだけに、それなりにモチベーションを感じた。
パトリックや杉山ら、準主力組が精力的な動きを見せていたのがまた嬉しい。

大宮側は、もはやナビスコに主力投入の価値なしと、スロベニア代表2トップも封印してのサブメンモード。
しかし、普段試合に出られない彼らがまた、なんとかチャンスをものにしようと頑張るのだ。川崎に2点を取られて、後半は内容で上回りながらも決定機を決めきれず、無念に敗退した大宮だったが、スポーツの喜びは十分に感じさせてくれるプレーだった。
感謝の念と大きな拍手を贈りたい。



※※業務連絡※※

久々にQoly.jpさんにコラム送りました。

「インテルの現在地を確認する、12の質問」 vol.1 ~3



ちょっとした同人誌一冊分のボリュームはゆうにあります。

うん、リハビリがてら書いたはずなのに足がつりかねない文章量/ ,' 3  `ヽーっ
でも結局その方がしっくりくる不思議。

よろしければご賞味ください。


にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑ 
1日1クリックいただけますと、管理人のやる気スイッチに火が灯ります。
何卒ご協力、よろしくお願いします。

【2013/05/17 22:51】 | 川崎フロンターレなこと
トラックバック(0) |

中沢行けと叫んだ男より
kazu
初めまして。
「中沢ー!行けー!!決めろー!!!」
と叫んでいたのは私です。
いまいちの守備力の彼がフロンターレで長くプレーするには得点力を見せつけるしかないと思ってセットプレーの時は中沢に注目してしまいます。

確かに平日は雰囲気がいつもと違い自分のスタイルで観戦できて楽しいです。慇懃無礼な華族の存在感が相対的に低いですから。
それになにより2-0の完勝だったのがうれしかったです。

フロンターレ関連のエントリーをこれからも楽しみに待っています。


Re: 中沢行けと叫んだ男より
白面
まさかご拝読いただけるとは光栄のいたり……
いや、あの日は楽しませていただきました。なんとも気分よく帰宅したものです(笑)

守備力というより、要求とシステムに戸惑っている印象を受けます。
ガンバ大阪時代は、あの宮本恒靖を押しのけてレギュラーを張っていたほどの男です。ピタリとハマれば一仕事できると思いますが、まだそれには早いのかなと。

一度川崎はどうですか?と、直接話を交わしてみたい選手の一人ですねー。
ジェシがどうなるかがわからない分もあって、彼には期待してます。

> 初めまして。
> 「中沢ー!行けー!!決めろー!!!」
> と叫んでいたのは私です。
> いまいちの守備力の彼がフロンターレで長くプレーするには得点力を見せつけるしかないと思ってセットプレーの時は中沢に注目してしまいます。
>
> 確かに平日は雰囲気がいつもと違い自分のスタイルで観戦できて楽しいです。慇懃無礼な華族の存在感が相対的に低いですから。
> それになにより2-0の完勝だったのがうれしかったです。
>
> フロンターレ関連のエントリーをこれからも楽しみに待っています。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
中沢行けと叫んだ男より
初めまして。
「中沢ー!行けー!!決めろー!!!」
と叫んでいたのは私です。
いまいちの守備力の彼がフロンターレで長くプレーするには得点力を見せつけるしかないと思ってセットプレーの時は中沢に注目してしまいます。

確かに平日は雰囲気がいつもと違い自分のスタイルで観戦できて楽しいです。慇懃無礼な華族の存在感が相対的に低いですから。
それになにより2-0の完勝だったのがうれしかったです。

フロンターレ関連のエントリーをこれからも楽しみに待っています。
2013/07/27(Sat) 06:39 | URL  | kazu #-[ 編集]
Re: 中沢行けと叫んだ男より
まさかご拝読いただけるとは光栄のいたり……
いや、あの日は楽しませていただきました。なんとも気分よく帰宅したものです(笑)

守備力というより、要求とシステムに戸惑っている印象を受けます。
ガンバ大阪時代は、あの宮本恒靖を押しのけてレギュラーを張っていたほどの男です。ピタリとハマれば一仕事できると思いますが、まだそれには早いのかなと。

一度川崎はどうですか?と、直接話を交わしてみたい選手の一人ですねー。
ジェシがどうなるかがわからない分もあって、彼には期待してます。

> 初めまして。
> 「中沢ー!行けー!!決めろー!!!」
> と叫んでいたのは私です。
> いまいちの守備力の彼がフロンターレで長くプレーするには得点力を見せつけるしかないと思ってセットプレーの時は中沢に注目してしまいます。
>
> 確かに平日は雰囲気がいつもと違い自分のスタイルで観戦できて楽しいです。慇懃無礼な華族の存在感が相対的に低いですから。
> それになにより2-0の完勝だったのがうれしかったです。
>
> フロンターレ関連のエントリーをこれからも楽しみに待っています。
2013/07/28(Sun) 19:37 | URL  | 白面 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。