インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これなら寝応援にしておくべきだったか……
とまでは言いませんが、なんともインテルな試合に。

インテル1-1カリアリ

攻めるには攻めるんですが、リッキーのドタバタした動きに象徴されるように、慌てた拙攻繰り返してバテたところを、運悪くPKももらって失点。
その後2014年、チーム内得点王のロランドさんの一発で同点に追いついたものの、結局ドローで試合を終えています。



結論から言うと、緩急がつけられる選手が現在ベスメンにいないだいたい攻撃が一本調子に決めきれない

を繰り返しております。
連携はまだまだ未成熟でも、ここでエルナネスがいると違ってくるな、って要素ですね。

リッキーはエルナネス加入で焦る気持ちは十分にわかるんですが、ここでぐっとこらえて自分の役割、チームに求められてる動きを再確認して欲しい。

リッキー・アルバレスのベストが求められてるんじゃない。
インテルの3センターの一角としてのベターが求められてる訳です故……

若さを感じますね。
同時に、若い子の手綱を握って、気持ちよくプレーさせてやる才覚には乏しいマッツァーリの弱点も。働き盛りの20台後半~ベテランを重用しがちなのも、ここらへんの…よく言えば自律性を選手に求める影響があるように感じます。

後半終了前20分は、3センターの守備要員クズマノビッチ→切り裂き担当ボッタ投入というハイリスクな交代で果敢に攻めに出るも、ポストにシュートが弾かれる不運もあって決めきれず。
エルナネス=ラッキーボーイの存在の大きさを、随所に感じさせられる展開でした。


ま、過渡期の試合はこんなものです。
エルナネスの必要不可欠さが再確認できた、&いざって時に誰が役に立つか力を出しきれないか、ハッキリした試合だったとも言えます。
一応収穫も少ないながらありましたしね。

特に長友のクロスボールの質向上→ワンタッチヒッターの素質十分なイカルディとの連携のよさは、ローマ戦に向けてよい状態にあると言えます。
ミリートが好むグラウンダー気味で入ってくる、的確にスペース突くようなパスは不得手の長友ですが、クロスボールのポイントは実に守りづらい。後半幾度と無くカリアリの最終ラインをきりきりまいさせていたのは頼もしかったです。



次戦のローマ戦は、スタメンの顔ぶれが楽しみですね。
当落線上のミリート、リッキー、ジョナタンは?
見事なうっかり累積で、次節めでたく出場停止になった(……何しとんねん_| ̄|○)『聖域』左CBのフアンさんの代役は、さて……

生暖かく見守りましょう。

<了>

【2014/02/24 01:03】 | インテルなこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。