インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前のコラムで触れさせてもらった、モウの目指す未来の着地点ですが・・・
今日たまたま目にする機会のあったNumberの最新号で、少し見えた気がします。

「リスクを払って攻める攻撃的なチームを作り上げたいと思っている」
※モウのインタビューより抜粋

大風呂敷を広げるし、過大広告もすれば心理戦も大歓迎、喧嘩の売り買いもお手の物のモウですが・・・
少なくとも過去、チームの目指すビジョンと、自身の理想について変化球を投げるようなコメントを残したことはありませんでした。

この発言もおそらく、本心から発せられたものでしょう。

やはりモウはわかっています。
リーガの特性、優勝するための条件・・・必要な犠牲が何かまで、彼はしっかりと把握している。

これでようやく、これまで抱いていた疑問がかなり解決しました。

○現在行われていることの意味するもの

・リスクを払うことを嫌う、中盤の守備的な構成
「現実に勝ち点を得るための措置」

理想と現実。そのバランスを知り尽くした監督、それがモウリーニョという人です。
自分の目指す理想は別にあっても、今現在の段階で最も勝ち点を効率よく稼ぐのに手っ取り早い手段。それがこの措置なのでしょう。

何よりもまず勝利すること。勝ち点を落とさないこと。

この美学は、例え天下のRマドリーにおける挑戦においても、変わることはないようです。


モウはおそらく、スペインサッカー界に革命を起こそうとしている。プレミア、カルチョで得た経験だけでなく、彼らの美意識や文化の体系をも持ち込んで、敵も味方も含めたスペインサッカー全体を相手に戦っている最中なのではなかろうか

・ネガティブ・トランジションに関する、慎重過ぎるまでの戦術の徹底
将来に向けて必要な布石

リスクを払って攻撃を仕掛けるフットボールスタイルを追求するのであれば。
そのリスク、言い換えれば

「リスク=攻撃に人数を割く→ボールを失った際、少ない人数で可能な限りリスクを軽減、失点を防ぐ術を磨く

ということに繋がるのではないでしょうか?

攻撃のためのコンビネーションの熟成、選手の選考には時間がかかるものです。
特にパスワークとボールキープの効率を上げ、スペースを突くための動きを増大させようと考えれば尚更に。。。

それでも、やると言ったらやろうとする。それがモウという人の哲学でもあります。

なら、今のうちから最もデリケートな部分、つまり
"守備の約束事"
をチームに浸透させようとしている。そう考えるのは強引に過ぎるでしょうか・・・?

この基板がしっかりしていればこそ、選手は

「守備のことを考えると、リスクを犯した後の『こうしたケアが大切』だ」

と理解し、一定の基準の上で攻撃のことを考えることができる。
結局は、それがチームの完成度を高めることにもなり、また攻守のバランスが取れることにも繋がるのではないでしょうか。


結論。
やはり、彼は面白い。

現存するフットボール指導者・監督の中で、間違いなく最も興味深い男の一人です!(笑)

冬のメルカートでの動きを含めて、これからの彼がどう動くのか・・・
まったく、興味が尽きません^ー^

※ 日本ブログ村のランキングに参加中です。
1クリックいただけると、自分のモチベーションアップに繋がります!

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ

【2010/10/01 23:23】 | モウリーニョなこと
トラックバック(0) |

おはようございます♪
きゃぷ10
リスクを払って攻めるときって
意外と失点少ないんですよね!
DFも覚悟して守っているのでいつも以上に
集中できてるんでしょう。

うちの場合これをやると中盤まで
FWの位置まで行ってしまい
ほんとにやばくなりますww

No title
白面
>きゃぷ10さん
こんにちは、になっちゃった(;´Д`)
コメどうもです!

プロサッカーだと、特にはっきり見えますけど・・・
攻撃も守備も、それぞれスタート地点をどこに置くのか、っていうことがすごく大切な気がします。

攻撃はまずここから始まるとか、守備はここからとか・・・

モウリーニョの場合は、前線のFWたちにもボールを奪われてすぐのプレッシングを要求するタイプですね。
Jリーグだと、鹿島なんかそうかな?

自分たちのレベルだと、とてもそれだけの運動量を維持できませんが^^;

ボールを奪われた時、誰それは中盤のこの位置でプロテクトを、
ボール周辺にいる選手のうちこの人とこの人がプレッシングにいっていたら、残った人はリトリートしにこのラインまですぐ下がる・・・

そんな約束事を決めてプレイしてみるのも、なかなか楽しそうな気がしますv-218

疲れそうですけどね~、体以上に頭が!e-330(笑)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます♪
リスクを払って攻めるときって
意外と失点少ないんですよね!
DFも覚悟して守っているのでいつも以上に
集中できてるんでしょう。

うちの場合これをやると中盤まで
FWの位置まで行ってしまい
ほんとにやばくなりますww
2010/10/02(Sat) 07:50 | URL  | きゃぷ10 #-[ 編集]
No title
>きゃぷ10さん
こんにちは、になっちゃった(;´Д`)
コメどうもです!

プロサッカーだと、特にはっきり見えますけど・・・
攻撃も守備も、それぞれスタート地点をどこに置くのか、っていうことがすごく大切な気がします。

攻撃はまずここから始まるとか、守備はここからとか・・・

モウリーニョの場合は、前線のFWたちにもボールを奪われてすぐのプレッシングを要求するタイプですね。
Jリーグだと、鹿島なんかそうかな?

自分たちのレベルだと、とてもそれだけの運動量を維持できませんが^^;

ボールを奪われた時、誰それは中盤のこの位置でプロテクトを、
ボール周辺にいる選手のうちこの人とこの人がプレッシングにいっていたら、残った人はリトリートしにこのラインまですぐ下がる・・・

そんな約束事を決めてプレイしてみるのも、なかなか楽しそうな気がしますv-218

疲れそうですけどね~、体以上に頭が!e-330(笑)
2010/10/02(Sat) 15:35 | URL  | 白面 #x7j9YsWM[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。