インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2試合目にして昨年の覇者、広島との激突。
こちらの連携が不十分な時期に当たるのは不運ですが、その意味での条件は相手も同じ。今更言っても始まりません。

個人的な注目点は3点。

ひとつは前回申し上げた問題点の修正。特に、ペナルティエリア内への侵入経路の確保は重要命題です。
システム上、神戸よりはサイドのスペースを突きやすい相手ではあります。大久保、レナト、小林の3人の初期配置と、動かし方にも注目したいところ。


次いで、選手交代策……つまり指揮官のベンチワーク対決。

広島の森保監督は、日本人には珍しい速攻型。気になる点、打つべき手と感じた交代を躊躇うことなく実行するのが流儀です。
前半のうちでも修正点があれば即座に手を打ち、経験不足の若手を、大舞台のピッチにスパッと送り出し……Jリーグの現役監督の中でも、度胸の大きさは指折りではないでしょうか。

対する風間は、ピッチ内の修正力重視型。打つ手は非常に遅く、後手後手に回りやすい反面、ギリギリまで状況を見定めて動く分、反動もあって影響が大きくなりやすい。ツボにはまった時の効能には、見るべきものがあります。
昨年は特に指揮官の敷くメソッドについて、ベンチメンバーも理解を深めてきた影響か、何度か交代の妙で試合を動かしています。見ていて納得のいく手が増えてきたのは、自分だけではないと思いますが……



さて。上手を取るのはどちらか。
初期計画も重要ですが、明日はそれ以上にその時その時の変化、状況への対応力が重要になると見ます。


最後に、相手のメンバー構成……特に川崎と相性抜群、過去幾度と無く辛酸を舐めさせられた、ミキッチの状態は気になります。
昨季は加齢の影響もあってか、負傷がちでキレを落としていたミキッチではありますが、それでも昨年、広島を等々力に迎えた一戦では、登里とのマッチアップで幾度と無く縦突破からチャンスを作り出していました。



仮にミキッチが出場せずとも、元々サイド経由からの攻撃パターンが豊富な広島です。登里自身が独力で対策を講じるのに任せるか、風間から何かしら具体的な策が提示されたのか。しっかり確認しておきたいところです。


今季ここまでのチーム状態を確認するには、これ以上ない絶好のテストとも言える試合。
おおいに愉しみましょう。

<了>

※ブログ村へ戻る→にほんブログ村~川崎F~


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
   ↑  ↑ 
1読後クリックで、該当テーマの更新頻度が上がる……かも。

【2014/03/07 21:30】 | 川崎フロンターレなこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。