インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 誠に残念な結果になってしまった大宮戦。後半だけの視聴だったが、
ああ、これは……
と感じたことが複数あった。

 まず初期采配。久々の先発となった福森は、コンディション的には十分な状態にあっただろうに、それが後半開始から交代である。
 前半を直接確認ができていないため、確信を持って断言はできないが、おそらく懲罰的な意味合いを含んだ交代だったのだろう。選手自身に猛省を促したいことは勿論だが、そんな状態の選手をピッチに送り出してしまい、貴重な交代枠の一つを潰してしまったことは、紛れも無く指揮官の瑕疵だ。
 
 逆転に成功した後の悪夢のような展開についても触れておこう。まず選手については、Twitterでも述べたが、足が止まっていること。そして恐怖に飲まれてしまうことが原因としてある。

 前者については、試合運びの下手さ――不用意な失点の多さが一因として挙げられる。
 順を追って説明しよう。以前に下の手記↓
vs神戸戦、引っかかった2点。
でも述べた通り、前から追い切れずに相手にスペースを与え、そこを突かれるシーンはこの試合でも目についた。今もって前線と後衛の適切なバランスを、チームは見つけられていない。

 失点が増えれば、その分相手は守備の枚数を増やし、結果として川崎は攻め手の工夫を強いられる。リスクを負ったプレーも多くなり、脳にかかるストレスから、集中力は摩耗していく。身体的にもそれは同様で、足回り……いわゆるショート・スプリントを繰り返すためのスタミナを、早い時間から消耗してしまうことになる。

 大久保が逆転弾を決めたあの時点で、川崎の選手たちの消耗は著しいものがあった。あれだけ前後左右に動きまわり、相手のカウンター時に走って戻り、その上で反撃を弾き返せるほど、今の川崎イレブンはコンディションが万全ではない。
 似たような失点を繰り返している点については、早急に修正案を立てる必要に迫られている。
 
 後者については、筆者にも経験があるが……例えば今の川崎のように、試合終了間際の失点が続くと、また同じ事が起きないか?と、怯懦の念に囚われて、正常な判断が困難になる。
 無論、選手たちが必死でプレーしていることはわかる。だが、必死である一方で、常に状況を第三者の視点で見ながらリスク・マネジメントが行えるような冷静さが、フットボーラーには必要不可欠だ(高校サッカーなどはそれがないために、一度崩れた後の立て続けの失点が多くなる)。

 今の川崎の選手たちは、自信を失っている。開幕戦のツケ払い、というだけではない。繰り返し述べている通り、相手クラブのスカウティング、つまり川崎への対策・研究が進み、昨季のようなフットボールを展開できなくなっているせいもあるだろう。ACLによる遠征・連戦の消耗という、未知の経験に対するストレスもあるだろう。そういった急激な環境の変化・影響が重なりあい、思考速度と精度が落ちていることに関係するものだ。
 
 自信が揺らげばミスは増える。思い切りある決断ができなくなり、リスクの精査が難しくなる。

誰かがなんとかしてくれれば……自分の所にボールが来なければ

――プロフットボーラーとは言え、人間である。判断の隙間に、そうした思考が入り込むことは責められない。
 だが、それを飼い慣らし、より強い感情で滅殺してこそのプロ。

来るなら来い。絶対に抜かせてたまるか

……そんな感情がこちらにも伝わってくるような熱気ある選手が、今の川崎にはあまりにも少ない(良くも悪くも、感情の発露が下手=優等生タイプが多い)。

 蛇足になるやもしれないが……スタメンの平均年齢が着々と下がっている=修羅場の経験不足であるここ数シーズンを考えれば、致し方ない面もあるだろう。だが大島や小林などは、ここで奮起して一皮剥けられるようでなければ、クラブレベルでは『良選手』になれても、その殻を破り切れずに終わってしまう。例えば海外の競争力あるリーグに戦場を移すであるとか、それこそ日本代表に選ばれることは、ますます難しくなってしまう。

 技術的によいプレーができるだけでは十分ではない。
 +αがあれば更に上を目指せる選手たちだけに、この逆境を是非、力に変えて欲しいものではある。


 閑話休題。
 上記の問題に対し、一つの答えになると筆者が感じているのが、稲本潤一の存在だ。

 開幕戦の雑感↓
vs貴州雑感
でも触れたことだが、パウリーニョのプレースピードの早さが、チームの足回りの消耗を早くする一端になっている感は否めない。元々スペース攻略の巧みな中村憲剛が、必要に応じてどんどんチームメイトを走らせ、更には自身も前に出る分、他の選手の消耗は早くなる。
 上記手記でも、だからこそ稲本との併用を提唱したのだが……風間の考えは、おそらく違うのだろう。

 パウリーニョもアップテンポにパス交換と上下運動を繰り返せば、チーム全体が速度重視になり、得点と失点の両方が増えていく……というリスクを背負う。大宮戦はそれが、目に見えてわかりやすい形で出てしまった訳だ。

 誤解なきよう言っておきたいのは、パウリーニョを責めている訳でも、彼自身のプレーに問題があると言っている訳でもないということだ。
 必要なのはプレースピードをコントロールすること、スタミナ配分のために7分、6分の力でプレーする時間帯を作ること、要所のリスク管理――必要に応じてカードも辞さずに相手のプレーを潰せる選手がいるというだけのこと。いずれはパウリーニョや大島らがそうした能力を身に付けてくれる可能性はおおいにあるが、今の時点でそこまで期待するのは酷である。

 それだけに、稲本潤一の存在、経験の持つ意味は大きい。



 筆者は稲本のプレーを、度々『あざとい』と評する。これは心からの褒め言葉だ。
 憎らしいまでの落ち着きと、何よりもプレーに緩急をつけるセンスが、川崎の所属選手の中ではずば抜けている。リスク管理も秀逸で、危険な位置でファウルに及ぶことが少ない反面、必要と見れば中盤の浅い位置ではカードをもらうプレーも辞さない。まさに上記の条件を満たす選手なのだ。
 ファウルを犯しつつも、審判に質問をしていくことで時間を稼ぎ、味方が帰陣する時間を稼ぐ……などのプレーは、まさに
あざとい
以外のなにものでもないだろう。流石に欧州各国でプレーし、常に一定以上の評価を勝ち取り続けてきた男である。プレーの一つひとつに、抜群の説得力と必然性を感じさせるのだ。

 無論、加齢による衰え、特にスタミナや怪我のリスク増といった問題はある。長時間ピッチに立たせ続けるのは、果たしてマイナスに働く部分も多い。広島戦でも、それは随所に感じられた。
 だが、今日の試合の逆転後のように、時間を上手に使い、浮足立つ味方に落ち着きを与えるという意味では、彼以上の適任者はいなかった。風間のベンチワークミスだが、今更それを言っても仕方がない。
 他方、不運という言葉だけでは片付けられない、『不思議なき負け』の対策として、クローザーとしての稲本潤一には大きな可能性を感じる。筆者以外にも、彼の投入を望んだサポーターは少なくなかったのではないだろうか。

 チームの不振時こそ、新機軸開拓のチャンスでもある。
 暗中模索の時は今しばらく続くだろうが、この窮地に「我こそは」と怪気炎をあげられる選手が出てくれば、この苦痛は確実に、後々の成功へと繋がっていく。

 目先の結果だけを追い求めても、2011シーズンのように後にドツボに嵌るだけである。
 意思ある失敗は認める。だからこそ、改善へ選手・スタッフら、一人ひとりが強い意思を見せてくれることに期待している。

<了>

※ブログ村へ戻る→にほんブログ村~川崎F~


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
   ↑  ↑ 
1読後クリックで、該当テーマの更新頻度が上がる……かも。

【2014/03/15 23:20】 | 川崎フロンターレなこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。