インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ペドロ・レオンの場合

ここまで書けば、もうおわかりかと思います。

そうです。Pレオンは、この大原則を破ってしまったのです。


練習に遅刻した、規律に違反したという話は、一切出てきませんでした。
これはまず、十中八九で、チーム原則を破ったためと考えて間違いないでしょう。

直接問題となった試合や、前後の練習を見ていない(当たり前だけどw)ので、自分の方ではなんとも言えませんが・・・
Pレオンの特性、配置されたポジション、投入された状況を見る限り、恐らくは命令違反・指示無視の類と思われます。

本来、仕掛けてはいけない状況下でドリブル突破を仕掛けたか、自分自身の好きなプレー(言い換えれば『エゴイスティックなプレー』)にこだわり、定められたポジションで、本来果たすべき守備や繋ぎ役のタスクを遂行しなかったのか・・・

詳細はわかりませんが、どんな場合でも共通しているのは

『エゴイスティックなプレー』

という一文。
これが今回の罪状なことは、ほぼ確定事項と言ってよいでしょう。


Pレオンは、中小クラブであるヘタフェで、これまでたった一人でチームを何度も救ってきたような選手。

例えばもし、問題となったのが一部報道にあったようにレバンテ戦にあったのだとしたら、
チームがうまくいかないのを見、

こんなまだるっこしいことをしている場合じゃない。
ルールなんて知るか・・・結果を出せば文句はないんだろう?


という思考に傾いたことは、想像に難くありません。


ですが・・・そういった行動を絶対に許さないのが、ジョゼ・モウリーニョという人物なのです(苦笑)


彼は、選手の身勝手なプレーを何よりも忌み嫌います。

過去にもジョー・コール、フリオ・クルスなどの大物たちが、やはり同じような罰則を受けています。


今回、Pレオンもまた、こうした過ちを犯してしまったというのが、事件の真相でまず間違いありません。


ようはPレオンは、モウが指揮するチームにおける、プレー原則の意味――
その重要性を、まだまだ理解できていなかったということ。

数週間に渡って、ベンチ入りどころか帯同すら許されなかったのは、
ひとつはモウの怒りレベルがかなり高く、執行猶予がつかないほど、Pレオン側に問題があったせい(その場ですぐに謝罪などもしなかったのだと思われます)。

もうひとつは、

「これが私のチームにおいて、秩序を乱した者の末路だ」

という、一種の見せしめの意味も含まれていたはずです。

目的はもちろん、今後二度と、こういったルール違反者が出てこないようにするため。

ともすればチヤホヤされすぎなきらいすらある、エリート集団のエル・ブランコだけに、
今回の処置がかつてないほど特大の衝撃を与えたことは、他の選手たちのその後の言動からも伺い知ることができます(苦笑)


他方、彼は選手のミス、過ちに関しては、極めて寛容なことでも知られている監督です。


Pレオンが今回、何事もなかったかのように帯同を許され、あまつさえ出場時間さえ得ることができたのは、
選手が果たすべき謹慎期間を終え、その間も同選手が真面目に練習に取り組んでいたことを意味しています。

『規律違反は許さない。独りよがりは絶対に許さない。

しかし、過ちは誰でも犯すもの――

自分のしてしまったことの意味を認識し、プロフェッショナルとして日々の活動に取り組んでいれば、必ずチャンスは与えますよ?』

という、明確な意思表示に他なりません。


「規律違反発生!→許さない、絶対にだ→反省期間→チャンスをあげよう」・・・モウの基本姿勢は、一貫してこのプロセスを辿る。アドリアーノやバロテッリのように、それ以外の問題を抱えていた場合は複雑化してくるが、基本的な流れに変わりはない

――これこそは、モウの一貫した対選手用のスタンス。

この飴と鞭の使い分けこそ、彼が『人たらし』として、何人もの選手との間に特別な関係を築き上げることができた理由。
優れたモチベーター、コミュニケーターと称されることになった要因の一つと言えるでしょう。


職場で、部下を預かる立場にある方。

生徒に、何かを教授する立場にある方。

よろしければ、一度試されてみてはいかがでしょうか?
思いもかけず、効果を発揮する場合があるかもしれませんから・・・(笑)


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
   ↑  ↑
※ 日本ブログ村のランキングに参加中です。
最近、少しずつですがポイントが増えてきていて嬉しい限り!
本当に・・・皆さん、いつもありがとうございます。

1クリックいただけると、更なるモチベーションアップに繋がります!

【2010/10/20 00:02】 | モウリーニョなこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。