インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にタクティカルなコラムの更新となります。

今回からは、『攻撃』に関する持論を紹介していきたいと思います。


およそプロと呼べるレベルで戦っているチームであれば、すべての集団に守備の約束事があることは、ここまで解説してきた通りです。
詳しくはこちらをご参照ください。→  テクニカルなこと

中には、ほんの10年ぐらい前のバルセロナのように、

「GKの前に、DFを数人置いておけばそれで十分」

と、戦術的な守備練習を一切やっていなかったチーム(実話です。フランク・ライカールトが招聘されるまで、バルセロナでは厳密な守備戦術をチームに設けることをしていませんでした)も存在しますが・・・
今日では欧州のトップレベル、例えばCLに1チームないし2チームを送り込んでくるようなチームであれば、必ず戦術的な決まりごとを設けています。


攻撃に関しても、それは同じこと。

まずは、攻撃というテーマにおける体系について、白面式読解術に基づいて解説していこうと思います。


なお、フットボール関連雑誌や、幾人もの有識者の皆さまとは、幾分以上に異なる解釈も多いですが・・・
そこはそれ。
素人目の知ったかぶり、と大目に見ていただければ幸いです(笑)


○得点手段の主な体系

・集団の連動した動きを重視し、コンビネーションで崩す場合

主としてボールポゼッション、あるいはダイナミズムを重視し、個人の能力よりも集団による連携によって、相手ゴールをこじ開けることを目指します。

まず、ポゼッション部門の代表的なチームとしては、
スペインのバルセロナ、プレミアリーグのアーセナルなどが挙げられるでしょう。
俗に言う、

「見ている者を楽しませる」

ことができるチームです。

華麗なパスワークと流れるような選手の動きで、相手の守備網を引き裂いてゴールを奪う彼らのスタイルは、
究極的には、相手のDFラインを完全に“切り裂いて”の得点を理想形とする場合が多いです。

そのため、創意工夫とアイデアに溢れた戦術構成になることが多く、
よほど極端な趣味趣向を持つ人を除き、多くのフットボールファンに(客観的に見れば)美しいものとして認知されています。


一方、ダイナミズム部門の代表的なチームとしては昨季までのインテルや、プレミアのトットナムなどもこの傾向が強いチームです。
・・・そうです。お察しの通り、自分の大好物であります(苦笑)。

前者に比べ、ポゼッションに趣を置いて試合の主導権を握ることにはこだわりませんが、
一端いい形でボールを手に入れた後は、各ポジションに配置された選手たちが一斉に攻撃のタスクを遂行し始めます。

特筆すべきはその連動性の高さで、ある意味ではポゼッション以上に組織が整備されていなければ、十分に機能させることができません。

あの手この手を駆使し、DFラインの裏、前、ないし横にスペースを作りだし、
蟻の一穴を作り出すや否や、強力な推進力を持った動きでゴールを“強奪”します。


ポゼッションとダイナミズム、どちらの場合も定義づけとして、

『オフザボールの動きの多用と、特定のフィニッシャーに依存しない攻撃を可能とする』

ことを、自分としてはひとつの基準にしています。

バルセロナのメッシ、アーセナルのアルシャビン、インテルのミリートやエトー、トットナムのレノンやクラウチと・・・
確かにどのチームも何かしら突出した能力を持つ選手を有してはいますが、決して彼ら個人の能力に依存するのではなく、こうした選手も

「あくまでチームを組織として機能させるため」

に使われている点がポイントです。

フィニッシャーよりも、むしろトップ下やボランチに位置する主力が欠場した場合にクオリティが下がるのは、
得点に到るアプローチにおいて、

“相手の守備を崩すこと、もしくは一点を穿つこと”

に主軸を置き、その始動をこうした選手に任せているからに他なりません。



インテルのスナイデルと、バルセロナのシャビ。それぞれ与えられたタスクも個性も異なるが、チームにおける重要性という点では共通している。彼らこそ、チームの「心臓」であり、「脳」である。

なお、ダイナミズム重視のサンプルで挙げた2チームも、いわゆる格下と言われる中小チームとの対戦では、ポゼッション重視のスタイルに切り替えて戦う場合が多く見受けられます。

ポゼッションとダイナミズム、どちらに重きを置いた場合でも、
“集団で崩す”
という共通理念がチームに根付いているため、相手に合わせてスタイルを変更しての戦いが可能となるのです。

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑
※ 日本ブログ村のランキングに参加中です。
よろしければ、クリックをお願いします。1番のモチベーションアップに繋がりますので・・・

いつもご支援くださる皆さん、本当にありがとうございます。


【2010/10/27 22:04】 | タクティカル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。