インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トットナム・ホットスパーズ 3-1 インテル・ミラノ

いやぁ・・・完敗も完敗でした。
スパーズの出来が良すぎたのもさることながら、故障者続出の影響もあってインテルが機能しないのなんのw

しかも注目のムンタリまで負傷と、よくまあここまで悲惨な結果になるなぁと苦笑いするばかりです。
本格的に中盤どうするんだろう・・・いよいよ不安を通り越して、笑っちゃうしかないような事態になっているわけですが


とりあえず見ていて思ったことは、


ここで言った通りのこと

・あまりにもけが人が多すぎるという情状酌量の余地はあるが、流石にベイル対策はもう少ししっかりスカウティングして考慮して欲しかった。
今絶好調のベイルに対し、裏にあれだけスペースを与えてしまえば、相応の犠牲を払うことは必至なわけで・・・;;

・一応情状酌量の詳細を説明しておくと、中盤の駒不足の影響でインテルのオプションの中では、トットナムに対してはもっとも噛みあわせのよい4-3-1-2が使えなかったのは痛い。

戦術的な動きはまだまだ足りておらず、今の状態の悪いマイコン一人で裏に膨大なスペースを抱えた状態でベイルと対峙させなくてはならなかったことは酷。

強力なウィンガーを抱えるチーム相手に、守備が機能しないとこうなってしまうというお手本のような試合にorz

・次がジュゼッペ・メアッツァのトゥェンテ戦でよかったと思わなければ。
相手にしてもこちらにしても後がない一戦をホームで迎えられる幸運を神に感謝すべき。ここで万一しくじるようならそもそも決勝Tへ進出する資格はない

・この敗戦は起こるべくして起こった。監督も選手も一刻も早く頭を切り替えて、カンピオナートの次の試合に集中すべき

特に途中出場でほろ苦CLデビューになったヌワンコと、すっかり調子を落としているマイコンへのケアは必須。
フィジカル、メンタル共に状態がすこぶるよくないマイコンには、個人面談で悩み相談や意見聴取といった手を差し伸べるべきかと


ぐらいです。

こういう敗戦の後、モウの場合はショック療法でチームを立ち直らせるのが常套手段だったわけですが・・・

さて、ベニテスその人はどういう手に出るのか?

週末のブレシア戦に期待します。
ここでチームに正しいモチベーションを与えられていないようであれば、それはそのまま一流監督ではないという証になってしまうでしょう。

フットボールの根底にあるものは人間です。人の心を動かせない人物は、最後まで本当の意味での勝者にはなれません。


敗戦からのリカバー能力ほど、監督の手腕が試されるシチュエーションはなし・・・

逆境も逆境だけに楽しみですw


にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑
※ 日本ブログ村のランキングに参加中です。
1クリックによるご協力を、何卒・・・よろしくお願い致します。

いつもご支援くださる皆さん、本当にありがとうございます。


【2010/11/03 07:44】 | インテルなこと
トラックバック(0) |

No title
じゅんや
おはようございます。
今期はスクデッドに注力して欲しいなとおもいますょ。
ミリートが復活してきましたし、徐々に良くなっていくんじゃないでしょうかw


No title
黒猫
完敗でしたね!

ただ、今回は相手が素晴らしかった気もします。
こうなると勢いを止めるにはなかなか難しいですよね。

まあ実力だけで勝敗が決まらないのが
サッカーの良さでもあるのですが。。。

ようやく帰宅でけたorz
白面
>じゅんやさん

そうですね~・・・CLも確かに全力で戦って欲しいとは思いますが、一方で現状では如何せん、連覇が現実的でないのは事実。

まずは最低限の結果を出しつつ、最高形を完成させるための足がかり・下準備をラファには進めておいて欲しいです。
少なくとも、自分は待てる方と思いますので(苦笑)

ミリートはなかなかの動きをしてましたよー。昨季ほどの運動量と切れ味はまだ戻っていませんが、怪我を再発さえしなければ、今後必ずチームを助けてくれるものと思います!

>黒猫さん

ええ、本当に・・・清々しくなるほどの完敗でしたv-356

自分が悔しかった以上に、きっと選手たちも、監督スタッフも悔しかったと思います。
だからこそ、それを次に繋げて欲しいのです。

トットナムもプレミアでは一番の贔屓チームですので、これが継続できないと駄目なんですよね・・・
いい時はいいが駄目な時は駄目では、一発屋の域を出ないチームに終わってしまいます。
プレミアでもぜひ、この勢いを維持して欲しいです!


インテルには、ラファには、カルチョ的なよさをもっと前面に出しつつ、なおかつよそに対抗できるような戦い方を、今後は模索して欲しいと思っています。
結果だけを求めて焦るのではなく、若手を育成するサイクルなんかも増幅していかないといけない時期にきてますからね・・・ある程度の忍耐は必要ですが、その点だけは自信ありです(笑)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
おはようございます。
今期はスクデッドに注力して欲しいなとおもいますょ。
ミリートが復活してきましたし、徐々に良くなっていくんじゃないでしょうかw
2010/11/03(Wed) 10:05 | URL  | じゅんや #-[ 編集]
No title
完敗でしたね!

ただ、今回は相手が素晴らしかった気もします。
こうなると勢いを止めるにはなかなか難しいですよね。

まあ実力だけで勝敗が決まらないのが
サッカーの良さでもあるのですが。。。
2010/11/03(Wed) 14:29 | URL  | 黒猫 #-[ 編集]
ようやく帰宅でけたorz
>じゅんやさん

そうですね~・・・CLも確かに全力で戦って欲しいとは思いますが、一方で現状では如何せん、連覇が現実的でないのは事実。

まずは最低限の結果を出しつつ、最高形を完成させるための足がかり・下準備をラファには進めておいて欲しいです。
少なくとも、自分は待てる方と思いますので(苦笑)

ミリートはなかなかの動きをしてましたよー。昨季ほどの運動量と切れ味はまだ戻っていませんが、怪我を再発さえしなければ、今後必ずチームを助けてくれるものと思います!

>黒猫さん

ええ、本当に・・・清々しくなるほどの完敗でしたv-356

自分が悔しかった以上に、きっと選手たちも、監督スタッフも悔しかったと思います。
だからこそ、それを次に繋げて欲しいのです。

トットナムもプレミアでは一番の贔屓チームですので、これが継続できないと駄目なんですよね・・・
いい時はいいが駄目な時は駄目では、一発屋の域を出ないチームに終わってしまいます。
プレミアでもぜひ、この勢いを維持して欲しいです!


インテルには、ラファには、カルチョ的なよさをもっと前面に出しつつ、なおかつよそに対抗できるような戦い方を、今後は模索して欲しいと思っています。
結果だけを求めて焦るのではなく、若手を育成するサイクルなんかも増幅していかないといけない時期にきてますからね・・・ある程度の忍耐は必要ですが、その点だけは自信ありです(笑)
2010/11/03(Wed) 23:53 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。