インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回
から引き続いて、ムンタリのトップ下起用についてです。

注意事項(2)このシステムで発生する、メリットとデメリットを抑えておく

・長所

最大の特徴は、

・相手チームの中盤、底に位置する司令塔に対し、極めてプレッシャーをかけやすい

という点にあります。

4-4-2などの布陣で、中央に展開力のあるMF(例:X・アロンソやアンドレア・ピルロのようなタイプ)を置いているチームに、楽にゲームを作らせない布陣というわけですね。
自分たちのフットボールを追及するよりも、相手のフットボールを妨害することを主目的とする場合、一考の余地があるシステム・・・と言うことができるでしょう。

特にムンタリの場合、味方と連動して相手を挟みこむようにプレスをかけるといった、戦術的な動きは苦手としています。

その点この布陣の場合は、特定選手のマーキング以外にも、

「赤い悪魔に学ぶ守備のメカニズム」

の項で解説した「時間稼ぎ屋」や「逃し屋」を任せることで、持ち前の運動量を十分に生かせる可能性があると考えました。

彼の強みをなるべく生かせるよう、弱点をなるべく隠せるよう、こうしたタスクを割り当てるわけです。
守備力だけに関して言えば、確実にスナイデルのそれを上回ります。


・短所

明あれば暗あり。
というわけで・・・当然この布陣にも、メリットとデメリットが共存しています。

結論から言うと、

・崩しのクオリティが大幅に低下するということと、

・ピッチを広く使いにくくなってしまうということ


は、大きなマイナスポイントです。

どういうことか、順に見ていきましょう。

ムンタリは確かにショートパスのセンス、中・長距離の質の高いフィード能力を有していますが、
反面、それは周囲と連動した形(誰かの補佐がある、もしくはムンタリが補佐に回る)で行われることを前提としたもの。

メッシやCロナウドのように、単独で局面を打開できる力を有しているわけではありません。
守備戦術が非常に高度に発達している、カルチョという舞台ならば尚更です。

よって、例えば4-3-1-2でトップ下に入る場合、
ポゼッションを継続するためにはインサイドハーフのどちらか一人以上がムンタリの補佐に回らなければならず・・・

元々中央の人口密度が高いこのシステムにおいて、なおさらサイドに大きく開いた展開、ピッチを広く使う攻撃がやり難くなってしまうのです。


ポーツマス時代は、特にその攻撃性能の高さを周囲に見せつけたムンタリ。
カルチョでもその再現を願うファンは多く、もちろん筆者もその道を模索する一人である。
ただしそのためには、プレミア時代とまったく同じというわけにはいかない。
チームそのものとムンタリ自身が、カルチョの流儀に合わせた動きを磨く必要がある。


昨季から3トップの一角が大きくサイドに開いて(特にミリートが開き、エトーやパンデフが中に切れ込んでくるパターンが多かったように思えます)、
中央のスペースをこじ開ける戦術を多用してきたインテルだけに、この点は少なからずマイナスとなる可能性を持っています。


また、彼は本来プレーメーカーではなく、攻撃的なインサイドハーフ・・・イタリアで言うところの
"インクルソーレ"
が適正ポジション(白面的スカウティングによれば、ですが)。

トップ下で守備の意識の高い動きを要求すれば、そうでなくてもプレーのバリエーションで劣るのに、
崩しのクオリティはスナイデルとは比べるべくもないレベルにまで低下するでしょう。

ただ、これはある意味当然のこと・・・

何せ相手は、今年のバロンドール有力候補の一人です。
太刀打ちしようたって無理ですよ!(笑)


まあ、ここに挙げたデメリットはムンタリの性質による過失ではなく、
そもそもシステム自体が持つ、構造的な特徴と言えるもの。

後はそれが、インテルというチームの強みどれだけ削いでしまうか?

または、新たな強みをどれだけ生み出すことができるか?

問題となるのはこの点であって、ムンタリ自身の資質が原因となるような目立ったデメリットがないことは、
このシステムの長所と言えるのではないでしょうか。


続き→まとめへ。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
   ↑  ↑
※ 日本ブログ村のランキングに参加しています。
記事が面白ければ、1クリックいただけるととても嬉しいです

1番のモチベーションアップに繋がりますので・・・

いつもご支援くださる皆さん、本当にありがとうございます~
すっごく感謝してますですよー


【2010/11/06 00:00】 | ムンタリ神
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。