インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は昨晩のうちに、完成に漕ぎ着けてしまう予定だったのですが・・・
MARCAのせいで思わぬ足止めを食らってしまいましたので、今晩に回させていただきました(苦笑)

その2から続きます。
今回で、トップ下編は終了です。

●総評

この起用法は、以下のような条件下で発動させる”意義”が発生します。

・スナイデルが出場停止、もしくは負傷により、試合に出場できない場合

・相手チームの中盤(中でもボランチ)に、自由にプレーさせてはいけない司令塔がおり、その選手にプレッシャーをかけ続ける必要がある場合

・インサイドハーフ(イタリアで言うところのインクルソーレ)など、味方中盤の選手が優れた中・長距離パスの能力を有していること

です。

まず、スナイデルが顕在の場合、この布陣を試す余地はありません。
スナイデル自身の守備力が、インテルに来てから著しく向上したことに加え、彼自身のプライドの問題もあります。

4-3-2-1のツリー型(変則的な4-5-1)にし、トップ下にスナイデルとムンタリを並べる手もなくはありませんが、
これはおよそ現実的とは言い難い選択肢と言えます。

お互いのスペースを食い合うばかりでなく、シャドーストライカーとしての性質がそれほど強くない2人だけに(スナイデルはミドルキャノンこそあれ、本職はプレーメーカー。ムンタリはムンタリ。笑)、攻撃が停滞してしまう可能性が極めて高い。

しかも、1トップな上にウィング、サイドハーフを配置しないとなれば、
少なくともエトーとミリート・・・どちらか1人の起用を諦めなければならなくなります。
ナンセンス極まりない話ですね。論外です

つまりムンタリのトップ下起用は、あくまでもスナイデルのバックアッパー止まり。

局地戦闘用の布陣であること、この点はご了承ください。


次に、ムンタリがプレッシャーをかけ続けるというコンセプトは、相手チームが中盤からの組み立てを重視する場合・・・

特に4-4-2や4-1-3-2(1アンカー)の相手の攻撃を停滞させるのに、非常に有効なやり方です。

例えば昨々シーズン、ファンデ・ラモス政権時のRマドリーは、中盤の底に守備ができる展開力の高いボランチ(ガゴなど)を置き、もう1人にボール奪取能力の高いインコントリスタ(ラッサラ・ディアッラ)を配置するのが定番のチームでした。

両翼のロッベンやマルセロ、前線のラウールやイグアインにいい形でボールが渡ることを阻止する=チャンスを作らせないためには、
パスの出し手となる中盤の底に位置する選手にプレッシャーをかけ続ける必要があります。

こうした役割こそ、運動量といい、肉弾戦時のアドバンテージといい、まさにムンタリにとっては適役(カードを頂戴しない範囲で頼むよ?という条件はつきますが)です。


そこで、筆者は夢想したわけです(笑)

「2008年の11月、パレルモ戦でも、まさに同じような状況が発生していたのでは・・・?」

と・・・

当時パレルモの司令塔だった、ファビオ・リベラーニを抑えこむのに、
ムンタリ以上の適役は、あの時のインテルには存在していなかったはず。

それを考えると、実につじつまの合う話なのですね。
返す返すも、直接の確認が取れないことが残念極まりありません。


他方、守備に意識を割くということは、その分だけオフェンス時のオフザボールの動きが悪くなり、オフェンスに関する集中力が削がれるということ。

ただでさえスナイデルに比べ、幾分以上に崩しのクオリティで劣るムンタリです。
キープ力も決して高いわけではないため、無理に彼を経由してのフィニッシュを狙うことは得策ではありません。
ダイナミズムを生かそうにも、極端にスペースを埋める傾向の強いカルチョでは、この武器を活用することは非常に困難ですし・・・


そこで、ムンタリの後ろに構える3人の構成が重要となるのです。

今のインテルであればスタンコビッチ、モッタ、サネッティ、カンビアッソ、マリガのうちの3人ということになると思いますが、
彼らがムンタリとは別の攻撃起点となる必要があります。

具体的に言うと、左右のインクルソーレ、つまりモッタやスタンコビッチが、どれだけの頻度でボールに絡み、前線にパスを供給できるのか?

もしくはカンビアッソが中・長距離から、直接裏のスペースにパスを放り込み、そこにエトー、ミリートらを走りこませるか・・・?

リトリート志向の強い、守備的な(多くは中堅以下)チームには前述の方法が、
最終ラインをある程度高い位置まで押し上げてくるチームには、後述の方法が、特に有効となるでしょう。

これにムンタリを経由するパターンの3つが、この布陣における主な攻撃手段となります。


またかとお叱りを受けてしまうかもしれないが、この布陣に限らず、重要なのはいかにムンタリの長所を生かし、短所を隠すか。これに尽きる。
その意味では、なかなか有意義なアイデアに仕上がったと思う。
クオリティの保証はできないが、可能性を感じさせるオプションと言えるのではないだろうか。


○まとめ

全般的に、少なくともサイドアタッカーとして起用するよりは、現実性の高いオプションとなりました。

それでも「あくまでオプションどまり」な点は、やや寂しくもありますが・・・そこはそれ。

ほんの少しでもムンタリの可能性を広げることができたと、今回はこれだけでもよしとします(苦笑)


なお、全ての布陣に言えることですが・・・

当コラムのアイデアは、全てムンタリを中心に据えつつも、
彼以外のインテルの所属選手の特性もまた、考慮しつつ練っているものです。


無理にムンタリの長所を生かすよりも、他の選手を組み合わせて他の選手の長所を生かす方がよい場合、
アイデアとしては使い物にならなくなってしまいます。

それだけに、自分としても色々とない知恵を絞りつつ(苦笑)、日々ノートを相手に悪戦苦闘しているわけですw

以前綱渡りの状況は続きますが、なんとか一刻も早く怪我を治し、
この驚異的な人手不足の状態を生かして、監督の信頼を勝ち取って欲しいと思います。

自分たちムンタリスタは、首を長くして待っていますからね!w


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
   ↑  ↑
※ 日本ブログ村のランキングに参加しています。
記事が面白ければ1クリックいただけるととても嬉しいです

1番のモチベーションアップに繋がりますので・・・

いつもご支援くださる皆さん、本当にありがとうございます~
すっごく感謝してますですよー


【2010/11/06 22:24】 | ムンタリ神
トラックバック(0) |

No title
Birkin
なんかこう、白面さんのムンタリさんに関する記事を読んでると、自分が情けなくなってきます...
ムンタリスタと自負しててもムンタリさんに関する記事結構少ないし...


それより、よくこんな良記事かけますね!ちょっと尊敬しちゃいます。


ムンタリさんはなんといっても運動量がありますからね。攻撃敵ポジションに配置しても結構守備しそうです。僕もウィニングフォワ...しつこくてすいません。でもやっぱり見てみたい。ベニテスさん、思いついてくれるといいのですがw

No title
junchang
応援ありがとうございます!民放放送局でのサッカー番組の立ち上げを期待したいです!

白面さんは実際サッカーの試合って週に何試合くらい観戦されているのですか?

記事の内容を拝見させていただくと、非常に綿密な分析をされているようですので、間違いなく1試合通しで観戦されてますよね!

私はワールドカップの時に感じたのですが、体力がオッつかなくなってきておりまして、何試合か途中で沈没していた有様です^^

今後も色々と現状をご教授くださいね!



とんでもございません!
白面
>Birkinさん

Birkinさんとお会いすることがなければ、自分はムンタリの記事を、こんなに書く気にはとてもなれませんでしたよ!

「ああ、ムンタリさんを応援してるのは自分だけじゃないんだ。
わざわざblogのトップに据えてまで、応援してくれてる人がいるんだなぁ・・・」

と・・・それに感動して、自分も少しでも盛り立てよう!
って頑張れているわけですからw

スナイデルにアクシデントが発生した今だけに、怪我で欠場中というのは痛いですね;
っていうか本当に大丈夫かインテル・・・
10年に一度の危機的状況にあるような気がします。もはや乾いた笑いしか出てきません(汗)


それから、もうひとつ。。。

実は次回は、ムンタリをサイドはサイドでも純正のウィンガーではなく、ウィングハーフで起用した場合にはどうなるか?
を考えている最中だったりします。

投稿までにはちょっと時間が空いてしまうかもしれませんが、しっかり現実味はあるポジションに思えますので・・・
完成の暁には、是非Birkinさんにも評価していただきたいです。

いつもコメや応援、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いしま~すv-363

>junchangさん
白面
おこんばんは~。コメありがとうございます!

先のお話につきましては、近日中にもリンク先の皆様のサイトをご紹介させていただこうと思っていたところなので・・・その際にも触れさせていただくつもりです。
一人でも多くの人が送れば、少しでも可能性が高まりますものね!

試合数ですか・・・
正式に数えたことはないのですが、多分一週間辺り3~4試合程度と思います(Jリーグを観戦しに行く週は少し減ってしまいます。(笑)。

しかもblogの記事を書いている最中などにも見ていたりしているので、結構いい加減ですよ♪
ただ、気に入った試合は2回、3回と見直すことはありますです。

モウリーニョはもちろん、ジェノアのガスペリーニや現チェルシーのアンチェロッティ、マンUのファーガソン辺りは好んで勉強させてもらってるかな・・・?

フットボールの質そのものより、それを作るメカニズムやマネジメントに興味がある、ちょっと変な子ですが(汗)、
今後もどうかよろしくお願いいたします~。

すごい
通りすがり
日本にこんなにムンタリを詳しく研究してるサイトがあるとは思いもよりませんでしたww
素晴らしいです。

ベニテスにもここをしっかり読んでほしいと思います!
ムンタリの使い方がわかってないんじゃないかなあの監督.....

>通りすがりさん
白面
ご訪問とコメントありがとうございます。

なんとなく思いつきで始めたはずのことが、気が付けばムンタリにクアレスマに・・・とあれよあれよと続くことになっていました(苦笑)

監督×個人はフィーリングの問題もありますので、少なくとも相性がよい相手とは言い難いのが二人の関係。
ベニテスもムンタリの価値を再考してくれればよいなとは思いますが、さてどうなることやら・・・

冬のメルカートの動向にも注目していきたいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
なんかこう、白面さんのムンタリさんに関する記事を読んでると、自分が情けなくなってきます...
ムンタリスタと自負しててもムンタリさんに関する記事結構少ないし...


それより、よくこんな良記事かけますね!ちょっと尊敬しちゃいます。


ムンタリさんはなんといっても運動量がありますからね。攻撃敵ポジションに配置しても結構守備しそうです。僕もウィニングフォワ...しつこくてすいません。でもやっぱり見てみたい。ベニテスさん、思いついてくれるといいのですがw
2010/11/07(Sun) 09:02 | URL  | Birkin #-[ 編集]
No title
応援ありがとうございます!民放放送局でのサッカー番組の立ち上げを期待したいです!

白面さんは実際サッカーの試合って週に何試合くらい観戦されているのですか?

記事の内容を拝見させていただくと、非常に綿密な分析をされているようですので、間違いなく1試合通しで観戦されてますよね!

私はワールドカップの時に感じたのですが、体力がオッつかなくなってきておりまして、何試合か途中で沈没していた有様です^^

今後も色々と現状をご教授くださいね!

2010/11/07(Sun) 18:21 | URL  | junchang #-[ 編集]
とんでもございません!
>Birkinさん

Birkinさんとお会いすることがなければ、自分はムンタリの記事を、こんなに書く気にはとてもなれませんでしたよ!

「ああ、ムンタリさんを応援してるのは自分だけじゃないんだ。
わざわざblogのトップに据えてまで、応援してくれてる人がいるんだなぁ・・・」

と・・・それに感動して、自分も少しでも盛り立てよう!
って頑張れているわけですからw

スナイデルにアクシデントが発生した今だけに、怪我で欠場中というのは痛いですね;
っていうか本当に大丈夫かインテル・・・
10年に一度の危機的状況にあるような気がします。もはや乾いた笑いしか出てきません(汗)


それから、もうひとつ。。。

実は次回は、ムンタリをサイドはサイドでも純正のウィンガーではなく、ウィングハーフで起用した場合にはどうなるか?
を考えている最中だったりします。

投稿までにはちょっと時間が空いてしまうかもしれませんが、しっかり現実味はあるポジションに思えますので・・・
完成の暁には、是非Birkinさんにも評価していただきたいです。

いつもコメや応援、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いしま~すv-363
2010/11/07(Sun) 18:29 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
>junchangさん
おこんばんは~。コメありがとうございます!

先のお話につきましては、近日中にもリンク先の皆様のサイトをご紹介させていただこうと思っていたところなので・・・その際にも触れさせていただくつもりです。
一人でも多くの人が送れば、少しでも可能性が高まりますものね!

試合数ですか・・・
正式に数えたことはないのですが、多分一週間辺り3~4試合程度と思います(Jリーグを観戦しに行く週は少し減ってしまいます。(笑)。

しかもblogの記事を書いている最中などにも見ていたりしているので、結構いい加減ですよ♪
ただ、気に入った試合は2回、3回と見直すことはありますです。

モウリーニョはもちろん、ジェノアのガスペリーニや現チェルシーのアンチェロッティ、マンUのファーガソン辺りは好んで勉強させてもらってるかな・・・?

フットボールの質そのものより、それを作るメカニズムやマネジメントに興味がある、ちょっと変な子ですが(汗)、
今後もどうかよろしくお願いいたします~。
2010/11/07(Sun) 19:11 | URL  | 白面 #-[ 編集]
すごい
日本にこんなにムンタリを詳しく研究してるサイトがあるとは思いもよりませんでしたww
素晴らしいです。

ベニテスにもここをしっかり読んでほしいと思います!
ムンタリの使い方がわかってないんじゃないかなあの監督.....
2010/12/19(Sun) 00:00 | URL  | 通りすがり #NkOZRVVI[ 編集]
>通りすがりさん
ご訪問とコメントありがとうございます。

なんとなく思いつきで始めたはずのことが、気が付けばムンタリにクアレスマに・・・とあれよあれよと続くことになっていました(苦笑)

監督×個人はフィーリングの問題もありますので、少なくとも相性がよい相手とは言い難いのが二人の関係。
ベニテスもムンタリの価値を再考してくれればよいなとは思いますが、さてどうなることやら・・・

冬のメルカートの動向にも注目していきたいです。
2010/12/19(Sun) 08:49 | URL  | 白面 #kMr7ovrQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。