インテルやカルチョに関する話題多め
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは速報から。インテル、無事カリアリ戦をエトーさんのゴールで乗り切りました。

カリアリ 0 - 1 インテル

正直、内容的には下も下。

結果だけが付いてきた試合の典型といったところですが、それでこそ王者・・・とも言えるので、
この苦しい台所事情の中、アウェイで勝ち点3を獲得してくれたことは、とにかく評価したいと思います。


・・・他方。この試合では、今シーズンのインテルが抱える問題の数々が、
これまで以上に顕在化して、眼前に突きつけられた印象を受けました。


そのひとつが、他ならぬムンタリ問題です。


前回、ムンタリの特性を素人目ながら考察していきましたが、

特徴その⑤:指揮官との信頼関係が必要不可欠

な点については、宿題として詳細な解説を見合わせました。

そんなわけで今回は、ムンタリとインテルの新指揮官、ラファエル・ベニテスとの相性について、
前任者であるジョゼ・モウリーニョの場合と比較しつつ、少し考えてみることにしましょう。


(1)モウの場合

もはや言わずとも知れている通り、モウリーニョという人はこと選手・スタッフなどの身内に対しては、
複雑な事情や理由をもったいつけて語るのではなく、選手に自分の感じているありのままを打ち明けるタイプ。

ある意味では極端なほどに、ストレートで、オープンな関係を望む指揮官です。

加えて、押しも押されぬ強烈なカリスマ性を持っていた。
絶対のリーダーであり、彼に歯向かうことは、そのままチーム内に居場所を失うということと同義だったのです。

一方で相手の納得がいかない部分に関しては真摯に説明し、問題を解決するための努力を惜しまない人物でもあった・・・
というのが、ここでのポイントとなります。

良いものは良い。悪いものは悪い。

褒めるも叱るも自由自在。飴と鞭の使い分けが、極めて巧みな人物であったことは、疑いようがありません。


これはムンタリにとって、理想的な相手だったように思えます。

明確な上下関係と、単純明快な人間関係のルール。
理屈以上に、存在感で他人を惹きつける強烈なカリスマ。

ムンタリは安心して、モウに命じられたままのプレー実現を目指して、全力で日々を駆け抜けるだけでよかったからです。


ムンタリは求められたタスクを、モウの望むレベルで遂行できるレベルの選手ではなかった。他方、普段から懸命に練習に取り組み、必死にチーム原則を遵守しようとする姿勢だけは、しっかりとモウにも伝わっていた。モウの方もムンタリに対しては、相応の信頼と出番を与えることで応えていたように思える

複雑な要求には頭を悩ませ、実際命じられたタスクのすべてを遂行することができなかったため、バックアッパーに降格されてしまったものの・・・

ムンタリ自身が納得のいく理由で、モウはそういう選択を取っていたことがわかるのです。
彼の態度からも、それは一目瞭然でした。


(2)ラファの場合

翻ってラファは、モウとかけ離れたパーソナリティの持ち主です。

温厚で静謐、対話を重んじる一方、自分にも他人にも厳しい性質で、なかなか選手のことを褒めようとはしてくれない。
自分自身を最も厳しい立場に置き、ストイックな仕事に打ち込むことで、
選手自身にもそれを要求する、そういうタイプの指揮官・・・というのが、ここまで自分が抱いてきた彼の印象でした。

自分の方から選手に話しかける機会が、少ないことも特徴の一つと言えるでしょう。

選手の方からオフィスのドアをノックされれば、そのつど対話に応じるだけの社交性がある一方で、
彼の方から選手たちに、「さあ来い!」、と自らはっぱをかけ、目を光らせてくれるタイプの指揮官ではないということです。


だからこそ、彼がリヴァプールの指揮官だった時代、同チームにおいて確固たる地位を築けていたのは、わかりやすいほど優等生タイプに限られました。

ライアン・バベルのように、若く自信に溢れたお調子者タイプのプレイヤーや、
アルベルト・リエラのように、誇りと自尊心に溢れ、自らのパーソナリティを判断の優先事項に置くタイプとは、どうにも反りが合わなかった。

ヨッシ・ベナユンとの関係がこじれてしまった際も、それを自ら修復しようと、手を差し出すようなことはなかったのではないか・・・と言われています。
無論、すべてを鵜呑みにはできませんが、信憑性という点では、それなりに納得のいく話です。


これはムンタリにとって、非常に厄介なタイプの指揮官と言えます。
モウの後任としてやってきたのだから尚更です。


まずムンタリの場合、叱られること自体は問題ではないと思います。
これは過去、幾人もの指揮官との間でそうしたこともあったはずです。

一方で、プライドは高いため、良いプレーに対しては相応のリスペクトがなされないと、果たしてこのプレーでいいのか・・・?
と自分自身がわからなくなり、迷いや怒りといったネガティブな感情を抱え込んでしまう傾向が見て取れます。


あくまでこれまでの統計と、自分の中の漠然としたイメージに過ぎないのですが・・・

ムンタリという選手は、

「叱咤される分には構わないが、無視やスルーは厳禁。

叱った以上は、相応のフォローや指導を必要とする」

タイプに思えるのです。
愛に飢えたタイプの(苦笑)プレイヤーと言えます。

ラファはこれまでも触れてきた通り、選手がどれだけ良いプレーを、チームが素晴らしいパフォーマンスを見せても、表立ってはそれを口に出して褒めません。
決してそのプレーに満足せず、より質の高いプレーを目指して日々努力して欲しい、と願うタイプの指揮官です。

一方、ムンタリとしては、せめて方向性がこれで合っているのか?
自分に足りないものは何で、次にどういった能力を磨けば、自分の力が認めてもらえるのか?

そうした疑問の答えを、一つひとつ丁寧に指揮官から提示されなければ、日々の練習にも迷いが生じてしまう・・・
そうしたタイプに見えるわけですね。

当然、理由もわからずベンチ入りすらさせてもらえない状況ともなれば、怒りを覚えることは必至。

ユヴェントス戦の問題は、必ずしもムンタリだけの問題ではありません。

彼のパーソナリティを理解しきれず、取り扱いを誤ったラファの問題でもあると感じるのです。

(3)今後ラファに求めていきたいもの

ムンタリを理解するための参考として、ポーツマス時代の監督であったレドナップについても、ここで少し触れておきましょう。

彼は、モウのようなカリスマ性は持ち合わせていなかったものの、非常に誠実で面倒見がよく、いぶし銀の老人の知恵を感じさせてくれる名将です。
また、各ポジションの選手に対して、非常に明確な役割を与え、チームをシンプルに機能させる名人でもあります。

自分は彼が、歴代で最もムンタリの能力をうまく引き出していた監督として、惜しみない賛辞を送りたいです。

また、彼らの間にこういった背景があるからこそ、たびたびスパーズ移籍の話が、持ち上がっては消えていくのだと思います。
実際問題、結構可能性は高まってきていると見ていますが・・・

さて、どうなるのでしょうかね?


では、今回のまとめに入ります。

結論から言うと、今のままでは遠からず、ラファとムンタリの関係が破たんしてしまう公算は大です。


今日の試合を観戦していても、明らかにムンタリは不平不満を抱えてプレイしている。

ポジションの問題だけでなく、何よりも新たな指揮官の中で、
自分の扱い・序列が極めて軽んじられていることを、明確に察知しているからでしょう。


先程も申し上げました通り、どんなポジションで使うにしろ、どういう扱いでムンタリを計算するにしろ・・・
ラファはもっと、ムンタリの特性に合った付き合い方を考えなければなりません。


それは、監督と選手以前に、まず人と人としての付き合いです。


この点は、ラファにもう一度考えてもらいたい。

自分のやり方はこうだから・・・と、仕事のスタンスを崩さないのは勝手です。
ですが、インテルを規律ある集団として維持し、造反者や不満者を出してチームに波風を立てたくなければ、
根っこの部分はともかく、一定以上に選手一人ひとりの個性にあった接し方というのも、同時に考えなくてはならないテーマと言えます。


人としての誠意は、プロの監督とフットボーラーであっても、欠かせてはならないもの。その意味でモウは『究極の人たらし』であり、ラファはこの点に関しては、いささか以上にモウに劣っている感は否めない


少なくとも、モウが選手たちに示したコミュニケーションと仕事のルールは明解でした。

だからこそ彼は、これまで率いてきた多くのチームで、それまで大黒柱として活躍してきたような選手を控えに回し、冷遇しても、
彼らから理不尽な攻撃を受けたり、恨み節を吐かれるような事態にほとんど陥らなかったのです。


ラファのやり方であっていい。
正直に言えば、どうしてもムンタリと相性が合わないのであれば、最悪彼がインテルを離れることになってしまっても、自分は仕方がないことと納得するよう努めますよ。

でも、それはあくまで、ラファ自身がやるべきことをやりきっていた場合に限ってのこと。

内部事情はわからないとは言え、少なくとも今のチームの状態と各種メディアの反応を見る限りでは、自分はそれを認めることはできなさそうです。

まあ・・・言いかえればこの問題は、ラファにとって試金石となるもの。

監督としての手腕以前に、まず彼の「人間としての力」が試されている、そういう局面でもあるような気がするのは自分だけでしょうか?


注意深く見守っていきたいところです。

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑
※ 日本ブログ村のランキングに参加中です。
1クリックいただけると、自分のモチベーションアップに繋がります!




【2010/10/17 21:56】 | ムンタリ神
トラックバック(0) |

No title
Birkin
前にも書いたとおり、ベニテスはやっぱりムンタリさんを使いこなせてないような感じがありますね。


2年前くらいまでは若手の新人も少なく、スタメンでもプレーしていたムンタリさんにとっては最近みたいにスーパーサブ的存在は耐え難いことなのではないでしょうか。しかも、全盛期真っ盛りだというのに自分を差し置いて自分より若い選手をスタメンにする...正直複雑な思いだと思います。それで結構精神的にも応えてる、そんな感じがあります。

去年の2分の退場もその焦りが裏目に出たのかもしれませんよね。それで、今回もその焦りや複雑な思いのせいで半分やけになって造反したんだと思います。

このことはムンタリさんにも謝ってほしいですが、監督にも選手に対するどういう態度を変えたらいいのかをよくよく考えてほしいです。

あう、あわないはありますからね。変える必要のない選手にはむしろ変えないほうがいいと思いますが...

逆風吹き止まず
白面
>Birkinさん

ラファにとってムンタリは、人間的な相性の問題があったり、戦術的に有用な選手ではないのかもしれません。

ですが、その一方で欠かしてはならない取り組みもありますよね。
それを怠ると、また以前レッズで抱えていたような問題が、インテルでも起こってしまうだろう・・・と心配しているのです。

ムンタリも、本来なら26歳、最も脂の乗りきった年齢ですからね~・・・
焦る気持ちも苛立つ気持ちも、我がことのようにわかるだけに、自分としてもすごく見てて苦しいんですよ;;

次回はもう少し突っ込んで、戦術的にどう彼の特性を生かせばいいのかを考えてみたいと思ってます。


コメントを閉じる▲
前回、現在ムンタリを取り巻く状況が、極めて芳しくないことをお話ししました。

今回は、そんなムンタリの現状を打破すべく・・・
では、今後いったい何に取り組んでいけばよいのか?

それを考えていくために、まずは彼の特性について、掘り下げて見ていこうと思います。

<ムンタリの特性とその理解>

さて・・・そんなわけで始めましょう。

筆者は、ムンタリの能力を十全に発揮させるために、以下の点に注意すべきと思います。

①難解なタスクを要求しない

よい意味で直観や本能に優れる選手である一方、戦術的インテリジェンスに難があり(舞台がセリエAでなければ、問題ないレベルと思うのですが・・・)、

一人で二役も、三役もこなさせるような起用法は向かない・・・彼は、そういう選手かと思います。

役割が明確な、例えばこういう時は攻めてよし! こうした場合は護ってよし!

・・・という具合に、タスクがはっきりわかるポジションに配置することで、彼自身も気持ち良くプレーできる環境が整うはずです。


②運動量ないし体力を、最大限に発揮できるポジションへ

彼の最大の武器の一つとして、こと走りまわり、相手とぶつかるだけなら、世界水準のスタミナ・体力を有しているという点が挙げられます。

つまり①と関連付けて言うと、

「運動量>>体力>>判断力」

が優先順位で求められる、そういうタスクを与えよということです。


これはムンタリを取り巻く問題の中でも、緊急性の高いミッションと言えます。

と言うのも、が取っている布陣、4-2-1-3ないし4-2-3-1は、中盤の底に位置する2人にかかる負担が非常に大きく、常時デリケートな判断を要求される難しいポジションとなっているからです。

ムンタリが現在のところ、このポジションのバックアッパーとして起用されていることは、動かしようのない現実。

となると、彼の長所よりも、短所の方が際立つ結果になってしまう。まさに悪循環なのです。

急ぎ対策を講じる必要があるでしょう。


③パスセンスや中距離砲、クロッサーとしての能力を活用せよ

②に比べると、世間的にあまり知られているわけではありませんが・・・

実は彼の長短のパスセンスはなかなかのもので、しかも水準以上のミドルキャノンも備えている。

更に、特にポーツマス時代は、良質のクロスを何本も放り込んでいた実績もあるのです。

貴重なレフティーのクロッサーとして、活用法を考慮する価値は十分にあると言えるでしょう。
起用法に関しては、若干工夫が必要になりそうではありますが。。。

④微妙な判断が要求されるポジション、リスクを背負うタスクは極力負わせない

これは①とも関連付けて言えることですが・・・
ムンタリという選手は、良く言えば思い切りがよく、悪く言えば不用意なプレー、いわゆる

“ポカ”

をやらかしてしまうタイプです。

特に攻撃の場面よりも、守備の場面でこれは顕著な傾向と言えます。
激しすぎる当たりや、レイトチャージでカードを頂戴することも多く、その果敢な飛び込みは、いまだにプレミアの水が抜けきっていないような印象を受けます。

他方、すべての問題が彼にあるわけではありません。

なにせカルチョは、微細な駆け引きと、疑惑の判定のお国柄。

本来ならそこまで悪質ではないはずのプレーが、時にフリーキックやPKとされ、カード提示→数的不利の温床となる。

一方で、本来なら見過ごされてはならないはずのプレーが見過ごされるどころか、時にシュミレーションにされてしまう場合すらあるほどです。

こうしたカルチョ特有の、微妙なプレーの匙加減、繊細さは、ムンタリの特性を悪い方に発揮させて余りあるもの。
看過できない傾向と言えるでしょう。

特にゴール際周辺など、ファウルやミスによって、相手にチャンスを与えてはならないエリアからは、
なるべく遠ざけておいた方がよいかと思います。

ゴール前30m付近よりも、もっと前のスペースで相手を追い回したりさせる分には、水準以上の体力とボール奪取能力を持っているのですから・・・

素直に、それを生かしてあげられるシステムを模索する方が賢明と言えるのではないでしょうか。


人の特徴とは、時に長所であり、時に短所になる。ムンタリの特徴が、フットボーラーとして彼が機能する場合、何が長所となって何が短所となるのか。その見極めが勝負を分ける


⑤指揮官との信頼関係が必要不可欠!

過去、ハリー・レドナップやジョゼ・モウリーニョとは良好な関係を保っていた一方・・・

代表監督であるミロヴァン・ラィエヴァツなどとはどうにも反りが合わず、ワールドカップなどの国際舞台においては、持てる力を十分に発揮しきれないでいたのがムンタリです。

アフリカ人選手には、ままある傾向なのですが――

彼らは、よくも悪くも明確な人間関係を望むケースが非常に多いです。

つまり、監督へのリスペクト・もしくは信頼関係に欠けてしまうと、自らのコントロールを失ってしまう側面がある。
これは、ムンタリにも当てはまる特徴と言えます。


これはある意味、彼の特性の中でも、最も難しい問題かもしれません。


筆者は特に、個人個人の好き嫌いや相性、人間関係、人としての性質を重視する視点でチームを見るようにしています。

自分の目に照らし合わせてみると、ラファエル・ベニテスとサリー・ムンタリの関係は、あまりよくない相性関係を持っているように映るからです。

この点については、次回・・・少し特別に取り上げて、考察してみることにします。


本日は長くなりすぎてしまったのでここまでになりますが・・・最後に一言。

全国のムンタリスタの皆さん、決して諦めてはなりません。

まだまだカルチョに、インテルに、ムンタリの居場所&出番はありますよ!!


にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
   ↑  ↑
※ 日本ブログ村のランキングに参加中です。
1クリックいただけると、自分のモチベーションアップに繋がります!



【2010/10/14 23:18】 | ムンタリ神
トラックバック(0) |

No title
Birkin
ムンタリさんをゴール付近においとくとちょっとひやひやさせられますからねw

やっぱりウィニングフォ....なんでもないです


早く監督と関係修復してほしいですね~。でないとほんとに諦めないといけない結果に・・・。
ガーナ代表ではムンタリさんは謝罪したけど、今回はどうなんでしょ....
 


たしかに、監督のちょっとした改革と配慮でまた変わると思います...ムンタリさんにも伸びる要素がたくさんあると思いますし。

No title
白面
>Birkinさん

自分の場合、人生観と職業柄の関係上、特にそう思うのですが・・・

とにかく、選手としての個性を大事にすること。うまく生かしてあげること。

これが、一番大切なことと思います。


ぶっちゃけ次戦は、嫌でも出番がきますので(デキとムンタリさん以外、ほぼ全員負傷っていったい・・・orz)、

ここで一発いい仕事ができれば、今後に向けて絶対プラスになると思います!


そのためにも、今はなんとか・・・

内心複雑でもなんでも、まずは頭を下げて出番を得るんだ!><;

コメントを閉じる▲


OTZ


インテル入団以来、一部ファンの間でカルト的な人気を誇り、多くのムンタリスタを生んできたスター選手、

サリー・ムンタリ。

彼の身に今、かつてないほどの逆風が吹いています。


事の発端は、イタリアダービー時に起こった一件。

造反のムンタリがプレミア復帰か


インテルMFサリー・ムンタリは3日のユヴェントス戦で、ベンチメンバーから外れたことに立腹し、スタンド観戦せずに帰宅してしまった。
これを受け、出場機会が減っている同選手が移籍するのではないかとの噂が強まっている。(上記記事より抜粋)


以後、あることないこと・・・
各紙、各メディアで、ムンタリ神は一躍脚光を浴びることになっております。

ムンタリ放出でベイル獲得へ?

インテルが元イタリア代表に関心か

ムンタリがインテルと決別か「僕の居場所はピッチだ」

などなど・・・まあ取り上げればきりがありません。

ムンタリ神本人は移籍希望発言を否定していますが、ぶっちゃけ一度吹いてしまった風を本人の言葉だけで止めることはいかんせん難しく、今後も虚々実々の移籍報道が、タブロイド紙を賑わわせ続けることでしょう。


と、ここまでがあらすじ。

当サイトではそんな、一部インテリスタだけでなく、
他チームのサポーターの心も鷲掴みにして離さない、ムンタリというプレイヤーについて真面目に考えていくことにします。

●プレイスタイル~よく言えばダイナミック、悪く言えば大雑把~

ムンタリ神のスタイルは、白面的の独断と偏見により、ものすごく簡潔にまとめるとこうなります。


①破格の運動量を誇り、心肺機能の高さは世界でも上位に

②パスセンスがあり、崩しはともかく組み立て能力はそこそこに高い

③意外にも(失礼)高品質のクロスを持つ、貴重なレフティー

④強靭なフィジカルを誇るせいか、当りは強烈だがプレイが荒削りで、ファウルをもらいやすい

⑤致命的に戦術インテリジェンスに欠ける

⑥出来、不出来の差が激しく、パフォーマンスが安定しない

⑦見ている人によくも悪くも、
「それでもムンタリなら・・・ムンタリならきっと何かやらかしてくれる・・・」
という期待&不安を抱かせるファンタジーア


・・・といった感じです。
ようは、

確かな実力がある一方で、稀代のネタプレイヤー

ということです。

何せ、彼が大試合でピッチに登場するだけで、敵にも味方にも、一種異様の緊張感が漂います。

インテリスタとしては、また何かとんでもないことをしでかしてくれるんじゃないか・・・という不安を抱く一方、突然ワールドクラスの変態的プレイで観客を興奮のるつぼに叩き込んでくれるかもしれない。

相手サポとしてはその逆で、大ポカをやらかして自分たちのチームに貢献してくれないかとおおいに期待する半面、予想外のタイミングで覚醒してトドメを刺してくれたりするので、まったく気が抜けない。

まさにもろ刃の剣のような選手。
それが、サリー・ムンタリというカリスマプレイヤーの実態です。

ポジションは主に中盤の底、いわゆるインコントリスタやレジスタ、インクルソーレ・・・と言っても分かりにくいか;;
攻撃にも、守備にも使える、中盤の万能カードと思っていただければよろしいかと思います。

・・・と、万能と言えば聞こえがよいものの、ムンタリ神の場合はそう簡単ではありません。
確かにどのポジションにも適正がある一方、どのポジションにも絶対的な適正がないとも言うことができるのです。

特に、⑤の戦術的インテリジェンスの欠如は、多くの識者から指摘される最大の弱点。

これにより、本来ユーティリティプレイヤーとして、布陣によって、チームメイトの構成によって、目まぐるしくその役目を変え、チームに貢献できるはずの彼なのに、

戦術の変化やプレイの取捨選択に適応・判断ができず、戦術至高主義のカルチョにおいては、その弱点を如何なく発揮することになります。

おかげで、昨シーズンからじょじょに出番を減らし始め、今季はとうとう、記事トップのような問題行為をやらかしてしまったと・・・そういうわけです。


今回はここまで。
次回は彼の特徴を考慮し、

「その力を最大限に発揮するために、今何が必要なのか?」

について、本気で考えていこうと思います。 

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
    ↑  ↑
※ 日本ブログ村のランキングに参加中です。
1クリックいただけると、自分のモチベーションアップに繋がります!

【2010/10/11 18:51】 | ムンタリ神
トラックバック(0) |

No title
Birkin
笑ってはいけないとおもいつつ、笑ってしまうとこがw

てゆうかムンタリさんの名前が出た時点で笑ってしまいました。




>確かな実力がある一方で、稀代のネタプレイヤー

確かにそうですねー。どじったと思ったらスーパープレイしますし...

ウィキペディアにもあったように、調子がいいときと悪いときの差が激しく、調子がいいときは超スーパープレイを見せますが、調子が悪いときはピンチのときものんびり歩いていたり、やらかしたりします。

このウィキペディアの‘のんびり‘という表現にもニヤッとしてしまいました
↑あれ、今は書いてない・・・。変わったのかな...





26歳ですからね。まだ将来性はありますし、ここは監督と話し合って解決してほしいですね...

高品質なクロスもあげれるし、ミドルシュートという武器だってあるんだから!

No title
白面
>Birkinさん

ムンタリスタ代表として、今回は本気も本気で頭を捻って、続編を鋭意執筆中であります(笑)

まったくおっしゃる通りで、ようは最大の問題は、彼自身の特性を今の采配では十分に生かしきれていないこと。
まだまだこんな処でくすぶってて選手じゃありませんよ!

近日中に続編をupできればと頑張り中です!!

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。